<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

休憩・・・Olympus Pen-S with D-Zuiko3cmf2.8

もうずいぶん昔の事のようである。

私の夏休みである。
家族で岐阜は飛騨高山へ行った事はもう何年も前のことのようだ。
相変わらず外は猛暑のオンパレードで夏が過ぎ去る気配はわずかに日陰のできる角度が変わってきたことと台風の声を聞き始めたことだろうか。
それにしてもゲリラ豪雨の余波のような雨台風の暴力的な降り方が日本各地で傷跡を残して行っているのである。
c0160387_11464568.jpg
で今回旅行のお供に連れ出したオリンパスペンSで撮った飛騨の里散策で疲れた身体を休める休憩所である。

ごらん頂いたように欧米系のカップルである。
今回旅行では危惧していたような大陸系の観光客とはほとんど遭遇しなかった。
世界遺産の白川郷近在でもあるので外国からの観光客は多いが、ほとんどがこの様な欧米系である。
思うに日本独自のわら屋根・それも豪雪に耐える合掌作りの田舎町などは欧米からの目で見ると珍しく、そこに日本的なものを感じるからであろう。
対して大陸は今でもほとんどが農村でもあり、田舎の景色には目もくれず家電製品や昔の日本がそうであったように文明の利器に目が奪われているのであろう。

彼らが自然のありがたさ、穏やかに景色を見やる休憩の精神に気付くのはいつのことだろう。
なんて事を考えていると、独特の甲高いイントネーションで声高に話す彼らの声が最近少し静かになったセミの声に取って代わって聞こえてきそうだ(笑

セミも一服・台風も一服で暑さ和らぎ、ホッと一息といきたいものである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-08-31 11:58 | クラシックカメラ

旅行・・GR DigitalⅡ with GR Lens5.9mmf2.4+GW-1

夏休み
先週が短いながらも私の夏休みであった。
今年の近畿圏の猛暑は東南アジアに相当すると何かで見聞きした。
それから考えるには今年はなんと安上がりに海外旅行気分が満喫できるのかとうそぶきたい所であるが、この酷暑と言ってよい大阪の暑さの前には冗談を言う気力も失せるのであった。

と言うわけではないが、急遽旅行の計画を立て・なんだか我が家の旅行と言うのはいつもいつも急遽であるが・大阪よりは少しは涼しいであろう日本中部高地の岐阜は飛騨高山へ行ってきた。
冬であればそれこそ豪雪地帯でもあり、今は富士山が脚光を浴びる世界文化遺産の一つである白川郷でも有名である。

今回、白川郷は回避して高山ラーメンと飛騨牛とを食し、のんびり温泉と付近散策の旅である。
まぁ高山ラーメンはどうも濃い口しょうゆがベースなのか鰹出汁の濃い色目のスープに細くて強い縮れ麺が特徴である。
私なりの評価では『まぁまぁ』で、うまい!これを食べるために高山まで旅行する価値があるとまではお勧めはしない(笑

飛騨牛は値段なりに旨いのは当然と言えばあまりに当然。
あとは白川郷で有名な合掌造りの民家を移築したテーマパークのようなところや高山市内の旧街道の美観地区を見て周り、ホテルの温泉大浴場を堪能して帰路に付きました。
c0160387_11233651.jpg
今回旅行は旅路を楽しむつもりで大阪駅発『特急ひだ』で行ってきた。
途中でスイッチバックの連結を見たり、今回写真の帰路の車窓から見える夕日を堪能できた事は大変良かったのである。

尚、高山の写真家田中一郎写真館などにまつわる話は後日、機会を見ていたしましょう(笑
しかし、帰阪した大阪駅に降り立った時の熱気と言うのか熱波は、紛れも無く東南アジアを彷彿とさせるもであった。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-08-24 11:30 | 近況

走るビジネスマン・・OLYMPUS OM-1 with E-ZUIKO AUTO-T135mmf2.8

じぇじぇじぇ

私は全くと言っていいくらいドラマは見ない。
ほんのたまにみることはあるが、基本的に続きもののドラマを見るほうではない。
なぜなら、どうしても次回が気にもなるしそうなるといきおい毎週そのドラマの始まる時刻を気にもするし、待つ事になる。
いわゆる軽い強迫観念でもって決まった曜日の決まった時間テレビの前に座らせられる事になるのである。

いやなに、昨今は録画と言う便利な機能がテレビにはあり、連ドラ予約をしていれば気にせず飲みにも行けて好きな時に見れるのですとする考えはわからぬでは無い。
タダ、そこまでする? の考えが私にはあるのです。

で、冒頭の『じぇじぇじぇ』とは珍しく(笑)ヒットしている日本国営放送NHK製作の連続テレビ小説『あまちゃん』の主人公のせりふらしい。
らしいとは一度も見たことが無いから推測の域を出ないのである。

珍しく、昨今の漫画を原作とするドラマではなく宮藤 官九郎と言う俳優でもあり作詞家・ミュージシャンでもあると言う多彩な脚本家による脚本であるとの事である。道理でサントラもヒットしているのだ。
c0160387_21515411.jpg
『じぇじぇじぇ』
この日は休日と言うのに、それも日中の猛暑の中をスーツ着て我が人道橋の飛翔橋を颯爽と自転車で走りぬける。

走れ!サラリーマン
いや、走れ!就活生か

このドラマの事は何も知らぬが、今wikipediaで『じぇじぇじぇ』は『じぇ』が『あっ』『えっ』等の感嘆詞でそれを重ねるのはその驚きの度合いをあらわしているそうな・・
又、本文中の『日本国営放送』は『日本放送協会』の間違いでした。わざわざ脚注で訂正する意味を推し量りください(笑
昔のNHKスペシャル等 視聴者には媚びないが、見応えのある本当に良い番組を作っていたんだがなぁ
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-08-07 22:05 | クラシックカメラ

夏・・・OLYMPUS OM-1シルバー with ZUIKO-T135mmf2.8

なんだかんだ言ってもう季節は8月 夏真っ盛り

君はこの短い夏をどうすごす?
短い夏の恋!!
花火のようにぱっと咲いた夏がもう過ぎていく・・

昔から日本の四季の中で、夏は一瞬・短いものと言われているが果たして本当か?
確かに暦の上では短いかも知れぬが、およそ6月からクールビズでこれが9月末まで
本当は10月もクールビズのままで良い感じではあるが・・
そうなると4ヶ月で1年の1/3    短くは無い(笑

なんてことが言いたいわけではなく、先週の日曜日に久しぶりに標題カメラに標題の長焦点レンズ・いわゆる望遠レンズの135mmを付けていつもの大川沿いに写真を撮りに出かけたのである。
この暑い最中にである(笑

いつもは一眼レフではなくレンジファインダーカメラなので、その得意とする広角レンズを付けて出かけることが多いのだが何せOM-1が今の私のマイブームなのでこうなった・・
c0160387_21225962.jpg
夏らしい、望遠レンズを使うからにはその特性を生かした写真を撮るべきではあるが、結局はいつもと同じような・・

だが自画自賛的に言うならば、いつもの砂利運搬船を被写体としながらもその川面との圧縮効果と船体のピントの切れ、川面の反射が夏らしいとするのは言い過ぎか(笑
それに何より廻りが入り込みすぎるのが今回はすっきり意図した感じで写っている。

この写真からは灼熱と言うよりはある夏の日とでも言ってよいようなすがすがしさも感じ取れまいか?
実際、川面を吹き過ぎる風は涼しく感じたのは事実でも、日陰になるものが無い状況では滴る汗がファインダーを濡らすのに気をつけねばならなかったのである。

まぁ皆さんもくれぐれも熱中症にはご用心あれ(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-08-06 21:50 | クラシックカメラ