<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

TPP・・・RolleiMinidigi with 無銘9mmf2.8

いくらか遅きに失した感があるが、ようやくと言うか ついにと言うべきか安倍総理のTPP交渉参加表明である。
ただでさえ自給率の低い食料関係、主に主食の米 他 小麦・乳製品・水産物に対する打撃は必至と考えての農林水産関係の根強い反対がここまで遅らせた要因である。

それは国論を二分すると言っても良いように賛成派の『日本農業の構造改革を実施する良い契機』つまり欧米型の大規模農業への転換と日本産品の品質の高さを元に輸出拡大路線と、現状の減反政策を推し進めたおかげの小規模農業による競争力低下にして海外産品との価格競争を危惧する反対派の意見集約は難しい。
確かに日本国民を形作る日本食から欧米型へ食習慣も大幅に変わってきたおかげでその姿かたちも戦前とは様変わりしている。
おかげで色々な欧米型の疾患も同時に受け入れねばならなくなったのだが。

そんなことを考えると、古くは戦国の合戦でもまずは相手の食糧確保の道を断つ『兵糧攻め』が立派な戦術としてあったので、このまま行けば自給率の低い我が国などは簡単に兵量攻めに屈してしまいそうではある。
c0160387_11304910.jpg
だが、幕末まで続く鎖国政策が日本の近代化を遅らせその後の不平等条約締結となった轍を踏まぬためにも私は参加に賛成である。

この記事を新聞・ニュースで見るにつけ『国益』と言う言葉を聞く機会が増えたが、我々日本人がそろそろオールジャパンで日本の『国益』を考える機会となればそれも有意義であると思うのである。
LCC等、格安航空であっても安全を犠牲にしては受け入れないバランスを持っていれば、一概に安きにばかり流れるとは思われない。
だがそれは新たな格差を生む事になるかもしれないが、貧しい頃に旨い物を腹一杯に食べたくて頑張ったあの頃に立ち戻る好機とポジティブに考えよう。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-16 11:49 | 近況

教養・・・RolleiMinidigi with 無銘9mmf2.8

東京大学が推薦入試を検討
京都大学が教養課程の半分を英語で授業実施
昨年の新入社員によれば、時間の無駄と思えることは
1に朝礼、2に会議

昨日だったか、毎日新聞朝刊に載っていたことだが、本日同じく毎日新聞の夕刊の寸暇コラムに再掲されていた。
確かに我が国最高学府の東京大学ともなれば、入学試験に合格するのは至難の業である。
曰く、暗記力が優れていればそれで良いかというとそう一筋縄ではいかず、従来の知識を応用したひらめきが無いと回答に結びつける道筋が開けない。

とは言え、根底になる事は暗記した知識でもあるので合格の栄冠を勝ち取るにはガリ勉する必要もある。
ただ、中にはガリ勉無縁で合格しましたなんて人がいることも事実であるが、そういった人は一体どういった脳ミソをしてるのか科学の解明が待たれる(笑

以上の事から、指定校ではない一般推薦入試で、画一的なガリ勉タイプであるとか、IQ高く、がり勉無縁と言った学生達とは一味違った学生を集めて学内に多様性を持たせて相互学生のより以上の質向上と多様性に富んだ高度な人材育成成果を求めるのであろう。

方や、東の最高学府が東大とすれば西の最高学府と言ってよい京都大学では、ほぼ1・2年生で履修する『教養科目』の半分を英語での授業とする計画があるらしい。
確か、私の大学一般教養の第一外国語が英語で第二外国語はドイツ語である。

とすれば教養科目の第一外国語はすでに無く、入学までにそれ相当の語学力を有して来いという事である。
まぁ日本の英語学習においてはスピーキングは苦手でも、文章の読み書きの程度は高いと聞く。
それからすると一般教養の授業のある程度は英語であっても理解が出来るのではないかと思う。
ただここで素朴な疑問?
それら授業をする教授連は果たして英語で授業が出来るのか?
もし仮にネイティブの外国人が(これもまた時代錯誤な言い方だが)授業をするとなると、ヒアリングとスピーキングも向上して一石二鳥ではある。
さすが兄弟が、いや京大が考えることにはそつが無い(笑

となると、こういった大学教育を受けてきた新入社員が言う事である。
朝礼の無駄・会議の無駄
言われなくてもわかっているが、これは儀式である(笑
いやいや朝礼で大事な事の確認をしているとか、会議で重要事項が決定されていると言うのもわからないではない。
しかし、朝礼では『数字が足りないからもっとしっかりやれ』とか『今週(今日)はこんな事があるから忘れないように・・』ではそう言われても仕方が無い。

またこれは私が若い頃から言われているが、会議の多い会社は業績が良くない。
つまりうまくいかないから知恵を出し合って改善しようと言う意図で会議を開いているからなのだ。
また、得てしてこういった会議体から妙案が生まれる事は少ない。いつも堂々巡りで最後は落としやすい精神論に帰着する。これでは業績改善にはなりはしない。

まぁ私もぐちゃぐちゃと書き連ねてきたが、教養があるとはこういった東大だとか京大だとかではなくまして朝礼や会議が無駄な時間と思っても人間つつましく謙虚にまた素直に物事を受け取る事ができると言う事が一番教養がある人の態度であると思うのである。
c0160387_20242241.jpg
千鳥足で写真を撮るとその絵まで蜃気楼のようである・・

しかし、こういった教養のあるできた人間になるにはおよそ時間が足りないのを実感するのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-13 20:27 | 近況

空・・・SuperSemi-Ikonta with Opton-Tessar75mmf3.5


それも雲ひとつ無いというよりは雲の浮かぶ・いや雲のある空というのは刻々とその表情を変え見飽きない。
現代の何事においても急がされる風潮においてはゆっくり空でも眺めその雲の表情を楽しむ余裕を持つのは至難の業である。
c0160387_21515331.jpg
低く垂れ込めた雲である。
といって、雨・雪をもたらせるような雲でもない。

しかし、この時はずいぶん気温も低く、川沿いでもあるので風が強かったのである。
私は気象予報士でもないので詳しくは判らないが、上空に偏西風でも吹いていて低空に雲を追いやっているのかもしれない。

それにしても、3月は忙しい。
こうした雲を眺める余裕も無く、気ばかり急いて一向に仕事がはかどった気がしないのである。

と言う事で、今日も仕事帰りに飲んで帰って憂さを晴らしたのである。
だから今日も酔っ払ってこのブログを書いている・・よって内容が無いのはご理解頂きたい(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-07 22:01 | 写真

網目・・・SuperSemi-IKonta with OptonTessar75mmf3.5

網目といえば網目キリンを思い起こす。

今回写真は風景を網目で切り取ったものである。
c0160387_2193918.jpg
淀川に架かる長柄橋のバスケットハンドルを支える鉄筋である。
その鉄筋が網目を演出して、なにやら妖艶である。

いや妖艶は別のものを想像している・・神戸S山さん(笑
いかん、今日は酔っぱらって思考が働かない。
皆さんの感覚に任せます(笑

今日はこの辺でよろしく!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-06 21:14 | クラシックカメラ

橋・・・SuperSemi-Ikonta with Opton-Tessar75mmf3.5

橋にもいろいろある。
人や車を通す橋もあれば、電車・汽車を渡すための橋もある。
じゃこれは何だ?
c0160387_2210522.jpg
淀川の新大阪側堤に上がりきるところから、堤にレベルを取って大阪市内北区・古くは大淀区・方面を撮ってみた。

その時右の阪急電車鉄橋と、左のアーチのかかる橋の消失点を先の高層ビル群に求めてみた。
だが、そのアーチのかかる今まさに工事中でもある左の橋の事がよくわからない。
net地図で調べてみるも橋の名前も何も無く、淀川の地図の上に線が一本引かれているだけなのである。

どなたかこの橋はなんと言う橋で、人も車もまして電車も走っていないが何を渡すための橋なのか?ご存知の方はお教えください。
新大阪側の柴島浄水場の上水道を市内に渡す橋かと考えたのだけれども確信が持てず、お願いします。

さて、今日も晩春を思わせる陽気であり、今週末はさらに気温は上昇すると言う。
このところの忙しさで病んできた精神を開放するためにも、カメラを持ってそろそろ出かけても良さそうだ。

そうなるとスキャンが出来るようになった120ブローニーのカメラを持って出かけるのが今の私にすればmy boom !
ただ、このmy boomは和製英語なのでネイティブには全く通用しませんからあしからず・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-05 22:36 | 写真

scan・・・Super Semi-Ikonta with Opton-Tessar75mmf3.5

我ながら物を大事にすると言う事が、いかに心までも豊かにしてくれる事かと感じ入った次第である。
何の事かと言うと、先だって当ブログでフィルムスキャナが当PCのOSに対応したドライバが無く使用できないと嘆いた。
その事に友人が彼も古いスキャナのドライバをnetで拾って使用しているとコメントをくれた。
ならば私もと色々探したけれどもどうもそれらしいものは無い。

あきらめかけたその時に、そう言えば以前兄にもらった私のスキャナより新しいが、これも古いスキャナがあることを思い出し確認したところ、今使用しているスキャナと同じEPSON製で透過原稿ユニットも共用できることがわかった。

もう一度検索すると,その機種も当然win7のドライバは無く、それより新しいスキャナのスキャンドライバで使用しているとの記事に遭遇した。
いやぁもっけの幸い、昨日セッティングしてドライバ更新したところ作動OKとなりました。
また少しにしろ以前の機種より新しいのでスキャンの色味なども良好である。
c0160387_1873081.jpg
長柄橋南方面から新大阪方面を眺める。
確かに美しいバスケットハンドル型ニールセンローゼ形式のアーチ橋である。

今回はフィルム型式がわかるように縁を残して取り込んでみた。
もう新しいスキャナを買わねばならないと覚悟をしていただけに古物再利用が出来て本当に良かったのである。

浮いたお金で飲みにも行けると思うと今週末は誠に心豊かに過ごせたのであった(笑
いやいやせっかく使えるようになったからにはどんどん使用する為、フィルムの纏め買いに行くのであった・・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-03 18:17 | クラシックカメラ

三原則・・SuperSemiIKONTA with OptonTessar75mmf3.5

日本には戦後国是とする三原則が2つがある。

一つは『非核三原則』
これは言わずと知れた、世界広しと言えど唯一の被爆国として核攻撃に繋がる核兵器を、もたず、つくらず、もちこませずとした三原則である。
とは言え、日米安保によりアメリカの核の傘に入っていることは疑いようも無く、そのアメリカの対東側(この言い方は今は時代遅れかもしれないが・・)いわゆる軍事バランスを考えたときのアジア拠点の日本に原子力潜水艦の寄港・核ミサイルを装備した空母の寄港を否定する事はもはや有名無実化となっている。

そしてもう一つの三原則は、今世間を賑わせているF35次期主力ステルス戦闘機の製造部品国際調達への日本企業の参加の是非を問う『武器輸出三原則』である。
つまり、武器および武器製造技術、武器への転用可能な物品の輸出をしないとする三原則なのである。
今回緩和措置により部品調達に参加できるようになっているのはずいぶんハードルも下がっている気がしないでもない。

ずいぶん前には、日本製のコンピューター部品が当時の東側と呼ばれる共産主義側に輸出された事があった。
日本の商社が絡んでおり、当時は『ココム違反』とメディアが糾弾していた事があるがCOCOMとは「多数国参加輸出統制委員会」の頭文字であり、実質的には共産主義諸国への軍事技術・戦略物資の輸出規制の事である。
今回の場合は共産圏に対する輸出ではないがそのF35販売予定先にイスラエルが入っている事が問題らしい。詳しくは新聞紙面などに解説は譲るが・・
c0160387_934473.jpg
西側ツァイスのツァイスイコン製スーパーセミイコンタ・西側オプトンテッサーの切れ味も鋭い。

旧の毛馬閘門の開閉をしていた往年のハンドルである。
今は化粧直しをして当該敷地内で展示?されている。
水位調整するための大きな閘門もてこの原理でこんな小さなハンドルで、しかも人力で操作していた事に驚きを禁じえない。

まぁこういったアナログな物は非核三原則にも武器輸出三原則にも抵触しそうに無いが、これほど鋭く写すカメラにレンズは当時光学兵器として制限されていたのである。

今は
『持ち出し・使い・眠らせない』のクラシックカメラ三原則でフィルム消費して動態保存と写りを楽しむ事に専念したい。
追記:今回スキャンも前回に準じる(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-02 09:52 | クラシックカメラ