<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

増感・・・RolleiFlex3.5E with Planer75mmf3.5

失敗した・・
先日、今年初めてちゃんとしたカメラ(つまりi-Phoneではないカメラ)で写真を撮りに行ったことは書いた。
そのときに持ち出したデジタルカメラはGR-DⅡ
フィルムカメラは愛する二眼レフのローライフレックス3.5Eである。

デジタルは即時性がありすでにこのブログで紹介済みだが、フィルムのほうは本日現像からあがってきたのである。
ラボに出したのが先週月曜日の28日だから軽く一週間強! 正確には9日かかっている。
いくら35mmフィルムではないと言っても時間がかかり過ぎているのは、実は私が写真を撮る時にセットしたフィルムをT-MAX400と勘違いしたからなのだ。

ご存知のようにT-MAX400とはISO感度が400である。
だが実際にセットしたのはT-MAX100だったので、ラボに出すときに+2(つまり2絞り)増感を指示したからその増感に日数がかかっているのである。
c0160387_2153167.jpg
だが増感現像をしたおかげでこの通り・・

デジタルは撮ったその場で確認が出来るからこんな設定間違いをしてもすぐに気が付くし、撮り直し等お手の物である。
と言うか、そもそも露出・シャッター速度などのどちらか一方を設定するにしても圧倒的にオートだからほぼ失敗のしようが無い。

しかし、私には全ての責任を撮り手に負わすが、その写りがすばらしければそれも撮り手の手柄にしてくれるような極めて人間くさいこんなカメラが好きなのである。

今回何の変哲も無い淀川の守口・佐太堤防の佐太水防区終点を示す石柱が絵になっていると感じるのは私だけか(笑
やっぱりフィルムは良い。
デジタルでも同じような絵は得られるが、この絵を得るまでにかれこれ1週間強かかっていることもすばらしい(笑
おまけに増感現像には+増感現像代がかかっているので余計にそう思い込むのである。
次は失敗せずに『早い・安い・上手い』となるよう現像代まで増感しないよう精進するつもりである。

追記:それにしても現像するときに増感をするわけで、余分にコストがかかることは良いとしても時間がかかるのはいささか納得がいかないのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-02-05 21:38 | クラシックカメラ

トラッキー・・FujiXerox XD-530 with FujinonZoom8mm-27mmf3.5

久しぶりに見つけ出した富士ゼロックスのデジタルカメラである。
本体は捨て値に近かったが、いざ使用するためのバッテリーとその充電器を手に入れるのに時間と労力とコストがかかったのに一度写る事を確認したのみでほっておいたのである。

今回昨年の擬似断捨離の際の処分を免れ置いておいたのだが、いよいよ処分対象になるかも知れずその前に少し使用してみようと思ったのである。近距離は液晶画面が無いのでパララックスが確認出来ず難しい。
c0160387_15224020.jpg

いや本来ディスプレイに繋いで使用するのが正規の使用方法なのだが、これ以上のコストをかけるつもりは無い。
そして使用してみて得た画像は、室内で当然ながら光の条件も悪いのもあるが、写りはガタガタ・・

私の最近手に入れたi-phoneのほうが余程綺麗なのがデジタル物の隔世の感を映し出していて哀れである。
まぁしかし、このカメラを手に入れた当時に思っていた通り、ゼロックス唯一の自社ブランドデジタルカメラとしてのイコンとしての飾り物としておいておくことにしよう。
気が向けば一応は使えるようだし・・(笑

もし気が向けば次回は外の自然光の充分あるところで、往年のプロ用と謳っていた実力の片鱗を発揮させたく思うのである。
尚、姉妹機の本家富士フィルム製のDS300は実際写真館で証明写真用カメラとして商用に使用していたのである。(実は実際使われたこのカメラも手に入れているのだから懲りないねぇ・・)
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-02-03 15:20 | 写真

指導?体罰?・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

昨年の大阪桜の宮高校バスケットボール部キャプテンの自殺に端を発してにわかにスポーツ界の体罰問題が大きくクローズアップされている。
この桜高(通称サッコウ)は私の息子がバスケットボールをやっている事もあり、また自宅からほど近くにあり大阪府内でも有数の強豪校である事は前々から知っていた。

さらに私が学生時代野球部でもあったので運動部での指導者による体罰は多かれ少なかれ経験もしている。
ただ、今思い起こしても幸いな事に桜高のキャプテンが受けたであろう体罰やプレッシャーとは比較にならず、今もってある程度の体罰容認の思想に陥りそうなくらいである。

しかしここで誤解が無いようにはっきりしておくが、だからと言って体罰容認では決して無い。
『時代が違う』『指導者との信頼関係に軽重がある』等とも思わない。
人が暴力で受けた傷を笑い話に出来るのは稀であり、それさえも随分と時間を要するのである。

指導と言う名を借りた服従を求める事と、指導者側の感情の発露としているだけと言うのが案外昨今取りざたされる体罰の本質ではないだろうか。
c0160387_971232.jpg
ここは大阪市旭区の大阪工業大学裏手に近い淀川堤防である。
確かこの大阪工大の、あるゼミの卒業試験にはこの堤防を含む学舎周りを制限時間内に走らないといけないと言うのがあると聞いた。
それはそのゼミオーナーの教授の温情か?体罰か?いや伝統か・・

最後に今回の体罰とは趣旨が違うが山本五十六の言葉、『やって見せ、言って聞かせてさせてみせ、褒めてやらねば人は動かじ』
部下後輩の指導に際しての要諦である。
戦時中においても偉大な指導者は体罰を用いなかった事を記しておく。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-02-02 09:29 | 写真