<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

野球・・・GR-DigitaⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

ようやく交流戦2勝である。
push-pullさんの言い方に習えば、我が『半珍キャッツ』におけるセ・パ交流戦戦績である。
近年チーム一のヒットメーカーであるマートン復調の兆しに胸をなでおろすのだが、打線は水物 投手陣の踏ん張りが浮上の鍵を握っている事は間違いが無い。
昔と違い高年棒の選手を揃えている限りは充分楽しませてくれる事を期待している。
c0160387_11374915.jpg
自宅近くの大川河川敷グラウンドである。

私が子供の頃は田舎の事ゆえリトルリーグチームは無く、もっぱら小学生の間は地区子ども会別にソフトボールチームがあったのである。
子ども会主催チームがゆえにその親も一生懸命に応援してくれ、われ等のチームは町内優勝・郡内もいいところまで行ったと思うが今となっては覚えていない。

この写真を見るにおそらく小学生を主体としたリトルリーグチームと思われる。
しばらく見たが強豪と言うにはいささか疑問符が付きそうではある。
しかし、一生懸命プレーするちびっ子は何のかかわりを持たない私でさえも応援したくなるのだから不思議なものだ。

最近サッカー人気に押され、野球少年の姿を以前ほど見なくなって久しいが、こんなところから我が半珍キャッツの将来の救世主が出てくるとしたら・・・
今日のヒーローインタビューです。『昔、大川河川敷で練習してました。』  楽しいだろうなぁ
応援してます。    ガンバレ!少年!!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-26 12:03 | 写真

訃報・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

その知らせは唐突にやってきた。

おそらくクラシックカメラに傾倒している方ならその名を一度や二度は聞いた事があるだろう。
日本で、いや世界的にも著名といってよいカメラコレクターでクラシックカメラ研究者のA野氏が亡くなっていたというのである。
私は現在在籍しているカメラクラブにおいて、同じ会員として一度や二度ではないほどの知遇を得、言葉を交わし氏の口から直接的にいろいろな事を聞き、逆に私の話に『へぇそれは珍しい』等の感想を漏らされたことに喜んだが、今にして思えば氏のリップサービスだったのだろう。
だがその知識の広さに接した事や、氏の膨大なコレクションの中の世界的に珍しいものを拝見できた事はまさに今にして思えば僥倖である。

氏はその人生のほぼ全てといってよい程をクラシックカメラに捧げた人である。
氏がまだお元気なころは、家庭を持たず収集と研究の成果をほぼ月間のカメラコレクターズニュースとして発刊し著名な中古・クラシックカメラ店で購入する事もできた。

それも幾年か前に廃刊として、その寂しい胸中をかのカメラクラブの例会で発表されたのを聞いたのがついこの間の事のように思い出す。
願わくば、氏の純粋なまでの情熱で型作られたそのコレクションが散逸すること無く 博物館のようなところで一括展示でもされる事を願うばかりであるが、その価値のわからぬ金の亡者がよってたかってする話も同時に聞いて暗澹としているのもこれまた事実なのである。
c0160387_23112626.jpg
この一羽のハトを見ていると、クラシックカメラを極めんと一人その大海をいつくしむ眼で見いたであろう氏のまなざしを思い起こしたのである。ここに謹んでご冥福を祈る。

私が持つ数冊のカメラコレクターズニュースは今後も宝物であり続ける事であろう。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-23 23:23 | 近況

キンカン・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

キンカン・金柑
柑橘系の果物だが、この果物ばかりは実を食べるのではなく皮を食べるのである。
なぜならその皮に甘さは宿り、実は酸っぱい事この上ないのだ。
いやいや私が知らぬだけで金柑のシロップ漬け等・・他にも食べ方はあるようなのだが私は風邪予防等でのビタミン補給として皮を食べた事はあるが他はない。

ああ、なんと天邪鬼な事だろう・・
昨日今日でキンカンと言えば、それは『金環日食』の事と言わずもがなではあるのに敢えて金柑の話を冒頭に持ってきた(笑
c0160387_22553736.jpg
そうなのだ。
今日は国内で25年ぶり、私の起居する近畿地方ではなんと282年ぶりに我が地球と太陽のちょうど間に月が重なり、それも地球の近くに月が来るため月の影からちょうど輪っかの様に太陽が覗く金環日食が観測できたのである。

時期はあたかも出勤時
とはいえ私はまだ自宅を出る時間ではなく、自宅マンションの東向き廊下に妻と一緒に向かってみるとそこには同じ階のご近所さんが参集して仲良く観測となったのだが・・
ちょうど金環となる少し前から厚い雲が出て見えず・・・残念!

今回写真は昨日・日曜日に久しぶりに近所をぶらついた時に何気に撮った太陽である。
決して日食を撮ろうとしたわけでもないのだが、今日の予兆のための撮り溜めでもあったかのようである。

まぁ今日私は残念ながら自分の肉眼では見る事はできなかったが、私のカメラ仲間といっては叱られそうな先輩が撮影した見事な金環日食を見せて頂いた。
加えて、私の関東地方に住む友人Tも、雲間を縫ってちょうど金環になった時だけはっきり見えたと教えてくれたと同時に夕方には綺麗な夕焼け写真を送ってきてくれたのである。
なんだか日ごろの行いが影響しているとでも言われそうだが、この幾十年・幾百年の時を超える壮大な天体ショーは私に人としての近所付き合いの大切さと、古い友人の温かみのある言葉を思い出させてくれたのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-21 23:20 | 近況

違法・・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

ここは淀川を都島区の毛馬で分かれた旧淀川の起点に近いあたりである。
当ブログでは頻繁に登場する『大川』と言った方がこのブログを読んでいてくれる皆さんには馴染みがあるかもしれない。
c0160387_17523589.jpg
何度か登場しているとは思うがここを停泊場所と定めたヨットである。

あくまでここは河川であって、外洋が近いわけでも湖水が近いところでもない。
しかしこれは紛うこと無きヨットであって、モーターボートや水上スキーでは決してない。
あたりには河川の柵に沿って川砂運搬船が係留されたりしているが、ヨットハーバーがあるわけでもなくこの一艘のみがぽつねんと錨で停泊しているのである。
それにしても、川岸から飛び移れるような距離には無く、近くまでボートか何かで行くか、泳ぐかである(笑
いったいどうやってるんやろなぁ
加えてこの大川をセイリングしているところを見た事も無いが、まさか海に出る時に陸揚げしてトレーラーで牽いてたりして・・

ただ、この正式名・旧淀川は一級河川であって河川法によれば、管轄は国・つまり国土交通省なのである。
硬い事を言いたいわけではないが、違法係留ではないのかいささか気にはなるのである。

追記:よく見りゃ船外機はあるようだが、ここから堂島川・安治川を経て外洋まではいささか距離がある。
    どうも謎である・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-20 18:28 | 写真

子供の日・・GR-Digital Ⅱwith GR-Lens5.9mmf2.4

昨日5月5日は全国的に子供の日である。
以下wikipediaより抜粋

“こどもの日(こどものひ)は、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウイークを構成する日の一つである。”
以上

さらに、ちなみにこちらは全国的な祝祭日では無いが、我々夫婦の結婚記念日でもある(笑

これら構成要素から昨日はゴールデンウィーク最終日前日でもあり、ディナーではなく昼食に結婚記念日コース料理の案内はがきを毎年くれるカジュアルベーカリーレストランで昼食を摂り、そのまま車で自宅からは少し遠い大阪りんくうプレミアムアウトレットへ子供の洋服とバッグを購入に出かけたのである。
c0160387_1922498.jpg
さすがに多数の海外ブランドが入っているせいか建物の作りもどこと無くハワイのアラモアナショッピングセンター風である(笑

息子はここぞとばかりにスポーツブランドにアウトドアブランド等々欲しい物の選択に余念が無い。
いつもは洋服をそれほど買い与える事も無く、自分の少ない小遣いから部活の帰りの買い食いを始末したりして買っているのでこの日ばかりは『今日はどうしたん?ええのん?むっちゃラッキー!』と大喜びであった。

これも今年はこのGWに家族で出かける予定も無く、また、こういって素直についてくる息子への褒美である。
散々散在をしたが、私はパンツを一本とスニーカーを一足購入するに収めた。
妻が何も買おうとしないことに盛んに『お母さんは?欲しい物ないの?』と最後まで気遣っていた息子であったが、妻の本音は『一人でじっくり欲しいものを選んで買いたい』らしいのである(笑

そう言えば、ウィークディに妻の外出着を見ることはほとんど無いが、たまの休みに『あれっこんな服持ってたっけ』てな事はよくあるのである(笑 まぁつき合わされないので大歓迎であるが・・

今回の連休は何処に行くでもなく、だらだらした休みであったが、高槻にいる父親が来て一緒に焼肉を食べに行ったりとそれなりにリフレッシュはしたのだが、本日は早くも『サザエさん症候群』の兆候で『寝たくな~い』
追記:寝ると否応なく出勤の朝を迎えるからである(汗
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-06 19:36 | 近況

腕時計・・・TISSOT SEASTAR 手巻き

この連休の前半から痛ましい事故が続いている。
ついこの前には京都の祇園での暴走車による惨劇があり、同じように千葉でも集団登校の小学生の列に車が突っ込み今度は夜行バスでの信じられないような光景を眼にしたのである。

随分前に交通事故死者の増加を現して言う言葉、『交通戦争』というのがあった。
それから車のパッシブセイフティなる技術革新によりクラッシャブルボディなどで死亡事故は随分と減少し、最近では車搭載センサーが危険感知すると自動ブレーキがかかる技術も実用化段階にきているというのにこの短い間にいったいいくらの尊い人命が失われた事だろう・・

所謂、機械がいくら進化してもそれを扱う人間が進化していない事がこれらの事件・事故がなくならない原因なのである。
乱暴な言い方をすれば、サルが道具を使いこなすようになって人間となったと錯覚していたけれども、自動車という産業革命で得た内燃機関もまだ使いこなせていないのに、人間の扱いきれないような原子力に手を染めてこの先一体我が青い地球はどうなってしまうのだろうかと考えざるを得ないのである。

ところで、表題のTISSOTという手巻き式腕時計である。
c0160387_084243.jpg
今年はじめ、戯れにHOLSというこれも手巻き式のシンプルな腕時計を購入した事は以前にこのブログに書いた。

それからたまにnetオークションを覗く様になってこれまた気まぐれで入札して落札したのである。
これは今流行のロービートかどうかは知らないが、多分少し古めの自社キャリバー(機械)では無いかと思っているがETAのキャリバーかも知れない。
ご存知の方はご教授いただきたい。
キャリバーはCal.781と判明、追加で調べてみると1950年代から60年中頃まで使用された自社製の17石
18000振動の手巻き汎用ムーブとの事だ。だからこの時計はおそらく私と同年代と思われるが恐ろしく綺麗である。
また、クッションケースが左手首に心地よくジャストフィットしてくるのである。


何故?自動車事故に古い手巻き式の腕時計が結びつくのか?
いかに古くとも人間の英知が作り出したこんな手巻き式の腕時計でも充分に用の役に立ち、公害にも無縁なら節電にもなりまして人を傷つける事はないのであると無理なこじ付け方をする。

やはりここらで一つ、人の痛みも自分の痛みも判るスローライフに返る契機ではないかと思うのである。
最先端を行く私は、
アナログカメラにアナログ時計・・う~ん、俺ってやっぱり環境と女性にやさしいんだなぁ(笑

追記:TISSOTのブランド名は、ティソ・チソもしくはチソットというがチソットというのは少しご年配の言い方であり、スイス製だが高級というより普及ブランドである。
という事は、財布にもやさしいのである(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-02 00:04 | 腕時計