<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

車窓・・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

ひところ『阪急電車』という小説が映画化されテレビでも取り上げられる事がよくあった。
確か片道15分の奇跡というサブタイトルが付いていた事から、阪急西宮北口駅から宝塚駅までの阪急今津線を舞台としている。
残念ながら映画も見ていないし、原作小説も読んではいない。

じゃなぜ今回の話題に出したのかというと・・・
高校1年生になる息子の夏休み読書感想文の課題図書として挙げられていたからである。
テレビでショートストーリーを見る限り、この小説はラブストーリーだったはずなのだが・・

まぁ世の中ラブストーリ-といえど優れた小説は枚挙にいとまが無いのは事実だが、これは学校が学生に読書に対して興味を持たせるために迎合したように感じるのは私の穿った見方のせいだけならばそれで良し。
c0160387_2221712.jpg
これは阪急京都線車内

私は大学入学と同時にこの阪急京都線を利用するようになり、以来 京都・神戸等へ出かける時や帰省の時など実によく利用した。
今現在は大阪市民となって数十年たつので、もっぱら市営地下鉄の利用ばかりですっかり利用しなくなったのだが先日京都へ行く時久しぶりに利用した。
マルーン色の落ち着いたボディカラーに木目を模した内装に濃いグリーンのビロード調の座席がマッチしている。
今回久しぶりではあるが乗り込むと、慣れ親しんだ感じがあって落ち着ける。

大学時代は同じ下宿の友人が早朝通勤時間帯に通勤特急停車駅で満員電車の運行をスムーズにする乗車補助のバイトをしていたのだ。別名は『ケツ押し』
要するに扉が閉まるように、乗客を電車内に押し込むのである。
それでも毎朝のこととなると、女子高生などに見初められてバレンタインのチョコレートをもらう者もいたとか。

私は電車内で喧嘩を始めたおじさんの仲裁に入って、とばっちりで殴られたことがあるくらいで映画『阪急電車』のような恋愛事には一切遭遇したことは無いのであった・・・残念!
いやバイトはしてあらず、たまたま喧嘩する二人と同じ電車に乗り合わせただけ、念のため・・

蛇足ながらこの『阪急電車』の書評では
”ローカル電車を舞台としたハートフル群像劇映画。”となるらしい。このハートフルが課題図書の要因か?
それにしても、私にとっては決してローカル電車ではなかったんだがなぁ…
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-25 22:46 | デジタルカメラ

あ~夏休み・・FinePix S1-Pro with Kenko19mm-35mmf3.5-4.5

夏休み♪
とくれば、私の年代であればそれは吉田拓郎なのである。

麦藁帽子はもう消えた 田んぼのカエルはもう消えた~
  それでも待ってる 夏休み・・・

しかし、これが
あ~夏休み♪
とくると、夏のグループTUBEなんだなぁ

・・・・
  あ~夏休み
   ちょいと泳ぎ疲れ 胸にcool baby!!

しかし
これらはどうでも良いことで・・・
私の夏休みもいよいよ今日・明日・明後日を残すのみとなってしまった(涙
まだ子供が小さな時は、やれ海だ・プールだ・キャンプだと色々行事ごとも多くあり、息つくヒマなく夏休みは過ぎて行ったものである。
しかし、いざ子供が大きくなってくると今度は、クラブの合宿だ・朝錬だ・友達らと海に行く・等々
今度はこちらをほったらかしで自分等の夏を謳歌しているのである。
いやいやそれは大いに結構なことで、そのことについて何も文句のつけようは無い。

ただ妻に夏休みの宿題で文句を言われなければだが・・

対して私である。
夏は苦手である。
何をするにも『暑い!』
暑いから冷たいビールに手が伸びる・・
そうすると飲みすぎてこれまたのどは渇くは、身体は熱いは・・

写真も撮りに行こうとフィルムも補充して準備万端。
でも出かける勇気が湧かないのである(笑
c0160387_17133728.jpg
そうなると、いきおい自宅駐車場で車を呼び出す間に空を眺めてパチリとするのみ。

今週末から秋雨前線の影響で猛暑は一段落との予報である。
本当に信じて良いのかなぁ
寒の戻りならぬ、猛暑の戻りとはならないように祈ります。

結局、休み間には妻と双方の先祖に手を合わせに行ったのみ。
例年旅行に行くのだが、今回は緊縮財政のため断念!

夏雲や 麦藁帽はどこへやら
         虫の音騒ぐ 朝な夕なに      ・・・by yasu
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-19 17:30 | 写真

夏空・・・FinePix S1-Pro with Kenko 19mm-35mm f3.5-4.5

昨日火曜日に写真仲間で先輩の白髭さんと現在開催中の林忠彦写真展を観覧すべく兵庫は尼崎の総合文化センターに行ってきた。
元々昭和の文豪の数々の飾りのない素顔の写真などは以前から写真集他で事あるごとに眼にはしていたが、中でも私は太宰が行きつけのBAR『ルパン』のスツールに胡坐をかいて座っているオリジナルプリントが見たかったのである。

なのに・・
私から誘っておきながらその日は写真展会場が『休館日』!!

涼しいうちに行きましょうと朝から行っていたので、仕方がないので一献と朝から酒を呑むわけにも行かず・・
本当にすみませんでした、計画性の無さが私の大きな欠点では仕方が無くあきらめて頂くより他はないのだが、私もガックリ自宅へ戻って残暑なんだか真夏真っ盛りとも思える空を仰ぎ見たのがこれである。
c0160387_12263123.jpg

  
      行く夏を 忘れさせまじ 陽(日)の光
                     季節はいずれ 一方通行     ・・・by yasu 
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-17 12:26 | 写真

煎茶・・・FinePix S1-Pro with Kenko 19-35mmf3.5-4.5

冷茶
この季節、やはり冷たいものがほしくなる。
といってもいつもいつもジュースにコーヒーじゃ飽きもくる。
先日飲みさしのアイスコーヒー、それも残り少なくなったものをモノクロで写したこれは美しくも美味そうでもない写真を掲載した。

曲がりなりにも写真を謳うブログとしては誠にお恥ずかしい限りであった・・
c0160387_1402611.jpg
今日のこの飲みものは、兵庫山奥の親戚宅で作っている煎茶を水出しで冷やしたものである。

水は六甲のおいしい水といったようなものではなく、生活あるいは人生という名のスーパーでボトルを有償で買えば後は無料で供給してくれるミネラルウォーターを使用している。
確かに大阪の水道水も随分おいしくなったがここは気分もあって、無料ではあるがミネラルウォーターを使用する。

水は美味いにこした事はないが、なければ水道水を一度沸騰させて冷ませても良い。
その水を、本来であれば茶漉しで水出しコーヒーの要領で数滴ずつ落として出すのもいいだろうが、私は簡単をモットウとするので小分けにする茶漉し用袋に入れて冷茶ボトルの中に水と一緒に掘り込むだけ。
きれいな薄緑になるまでお茶が水になじんだら飲み頃である。

ちょっと上品でさわやかな飲み物で夏を愉しもう・・

追記:一応写真とカメラのブログなので、後ろに今マイブームのRolleiなど配してみたが高価なフードが付い
    ている・・あれっ(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-15 13:50 | 写真

アイス・・・FinePix S1-Pro with Kenko 19mm-35mmf3.4-4.5

盆休み
私は昨日より夏季休暇に入った。
昨今は、企業が一斉に13日から15日まではお盆休みです・・
なんて言うのは流行らないのか、産業のグローバル化がすすんだおかげか社員は交代制で夏季休暇を取得して企業の休業日というものを極力減らす傾向にある。
ただ生産設備だけは一斉休止とするのはその効率を考えてのことに他ならない。

こんな状態だから、帰省ラッシュにしろ以前のような期間の一極集中がいくらかは緩和され十数年前の民族大移動による道路・鉄道の大渋滞はあの頃に比べ穏やかになっていると感じるのは私だけではあるまい。
とはいえ日本の古くからあるお盆の期間に集中する先祖供養にお祭りでは、時期をずらして休むこともままならないのもこれまた事実ではある。

いやいや私は実家がまだ田舎にあった頃は、お盆にあわせて帰省をしていたのだが親もこちらに出てきている今は帰省に墓参りにといずれこの時期を選ぶ必要もないのである。
だがしかし仕事柄、顧客に休暇を告げて現在進行中商談を早めたり納期打ち合わせを遅らせるにしてもお盆休みのキーワードを使用するのが都合が良い。
よって、お盆期間真っ只中の今週が休みなのである。

まさに真夏真っ只中の暑い時期なので休暇を取るのはいいのだが、どこに行っても人が多く紋日料金で高いのには閉口である。
さらに電力会社からの節電要請があっても会社単位の空調から、自宅のパーソナル空間の空調が増えたのでは『なんだかなぁ』

まぁ自宅カフェで冷たいアイスコーヒーでも・・
c0160387_12451661.jpg
飲みさしでほとんど残っちゃいませんが・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-14 12:45 | デジタルカメラ

とうふ・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

暑い!!
24節季の立秋を越えたというのに、それからの猛暑日の連続に体がついていかん!
毎年のことながらこの暑さはいつまで続くのやらと気が重い。
さらに今年は節電・節電・・

焼けるアスファルトとビル照り返しのヒートアイランド現象は収まる気配を見せず、わが体に溜め込んだ熱は発散のしようがない。
クーラー・空調に甘やかされた体はもはや社会システムで排除されたかに思われる自然の涼を感じるところでは我慢が利かなくなってきているのである。
c0160387_744434.jpg
京の赴きある料理屋で、冷奴に湯豆腐など胃にもやさしい日本伝統の食材に食し方で乗り切るしかないか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-11 07:46 | クラシックカメラ

秀吉・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

先日行った京都は北野天満宮
その境内奥には古く天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が、京の町の都市改造のひとつとして築きあげた御土居の一部を見ることが出来る。御土居というのは土塁のことである。
c0160387_22283365.jpg
その御土居の上は自然豊かな遊歩道となっている。

その土塁跡10ヵ所が史跡であり、東は鴨川、西は紙屋川まで、北は鷹峯、南は九条まで総延長24キロにおよぶ高さ5メートル前後、底辺幅10メートル前後、城塞を兼ねた防災施設で、これで洛中、洛外が区別されるようになったとか。
今回行った上京区北野天満宮西側の土堤は原型に近いらしい。

いやぁさすがに京都はどこに行っても歴史を感じずにはいられない。
まして今回持参したこれまた古臭いがそこが逆に新しい二眼レフカメラの大きなファインダーを通すと、そこには大小を手挟んだ侍が見え隠れするような気がするのである。

こうして見ると涼しげではあるが、京の夏はそれほど甘くはなかったのである(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-08 22:38 | クラシックカメラ

ケンコー・・・FinePix S1-Pro with kenko 19mm~35mmf3.5-4.5

性懲りもなく
私はカメラのコレクターではない、と自分では思っている。
なぜなら集めるクラシックカメラは何も名だたる名機名品ではなく、中には少し自慢の物もあるが基本的にはそれで写真を撮る姿が想像できないカメラつまり使わない、いや使えないカメラにまで触手を伸ばしているつもりは無い。
とここで改めてわがガラクタのカメラを見てみると、その台数だけは立派にカメラコレクターで使わないいや使いきれないカメラであふれている(笑
それでも救いは一度もフィルムを通していないカメラは無いと断言できる。
もとい、16mmのミノルタ16はフィルムが無くて写真を撮ったことがなかった・・

そんな私が今度はあまたある一眼レフの中でニコン用のそれもズームレンズを購入してしまったのである。
c0160387_12495488.jpg
kenko名の19mmから35mm広角ズーム

私が惹かれたのはこのレンズが超広角の19mmからである点と、何よりカメラ用品とりわけフィルターメーカーとしてはメジャーなkonko名のマニュアルフォーカスレンズだったのである。
それにデジタル・フィルム両方に使用できると聞けば今回使用した、故障して露出もピントもフルマニュアルのFinePix S-1Proにも好都合。
で、早速自宅の年季の入ったテーブルの上の小銭入れほかシステム手帳など撮ってみたのである。

外でも使用してみたが、超広角特有の湾曲収差も程よく補正されておりこの値段にしては使えるレンズであると思う。
c0160387_1364427.jpg

確かkenkoグループにレンズ専業メーカーのtokinaなどもあるので案外そちらからのOEMかも知れぬが今回は珍しい広角ズームの話であった。
実は購入を決断したのはkenko名だったからではなく、我々が良く行く中古カメラ店には珍しいうら若き乙女に対応されて已む無く良い格好を見せたかった中年親父なのであった・・(爆笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-07 13:07 | デジタルカメラ

女官・・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

北野天満宮
さすがに北野天満宮ともなるとこの宮に使える神職の数も相当数であろうと思われる。
掃き清められた参道に、宮の維持管理だけではなくお祓いやそれにまつわる仕事は山とあるのであろう。
私が訪れた当日はなにやら大袈裟なテレビカメラを抱えた一団がモデルらしき女性の立ち居振る舞いの一挙手一投足に注文をつけながら撮影を敢行していた。
そんな境内使用許可を出し、宮の品位を貶めない撮影であることを確認するのも神職の仕事でもあるのであろう・・
c0160387_7542885.jpg
撮影に気を取られていたが、ふと振り向くと境内石畳を背筋を伸ばしてすっくと歩く女官の姿が眼に入ったのである。

あわてて距離約10mくらいにセットしながら走りより写真を一枚と・・
ああ..残念なり..
彼女の右手は社務所でありそちらに歩は向いた後だったのである。
これぞシャッターチャンスを逃したことに違いない。

件の撮影隊のモデル撮影に気を取られたばかりに絵になる情景を見過ごしたことに反省である。
とっさに声をかけて写真を取らせてほしいとお願いしようかとも思ったが
ただ、声をかけ後姿とはいえもう一度同じ情景を作ろうとしても凛とした空気感までは再現することは不可能であろうと思いとどまったのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-06 08:04 | クラシックカメラ

フレームワーク・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

真四角
正方形・長方形・台形・三角・丸と2次元・つまり平面上に書く図形には色々とある。
それは何も書くだけではなく写真のフォーマットの世界にも当てはまる。
いや台形と三角のフォーマットを私は見たことないが・・
通常は四角の長方形を基本として現代のデジカメのフレームとしても定着している以前の35mmフィルムの3:2の比率が一般的であろう。
それを超える中判・大判には6×6・6×7・6×9、、4×5、、8×10(単位が違っており前者は≒cm、後者はインチ)
それぞれに比率が違って面白い。
c0160387_7473619.jpg
正方形画面はそれ自体縦横の別がなく、トリミング前提と言われているが私には一番しっくり来る画面である。

私は基本的に空間の広がりを表す横長画面よりも奥行きを表すとされる縦長画面が好きだ。
それにもまして縦横の別がない正方形が一番好きで、このように門から外を見るのぞき窓的フレームワークを取ると写真の出来不出来はともかくとして(笑)安心・落ち着きを感じるのである。

こうして見ると、あの暑く汗だくとなった北野天満宮にも一陣の涼風が吹いている様に写し撮れていると思うのは私だけではあるまい・・

ただ惜しむらくはこの私のブログの今のスキンは正方形写真を大きく載せようとすると自動調整して真四角とならないのである(涙
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-08-05 07:39 | クラシックカメラ