<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

かつ〇姐さん・・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

先週の土曜日
かねてより、というのも昨年話には出ていたのだが結局行かず仕舞いだった京都『上七軒ビアガーデン』に行ってきた。
巷にあまたあるビアガーデンとどう違うのか?
ここは京都花街に程近く舞妓・芸妓さんが演舞を披露する上七軒演舞場の中庭で催されるビアガーデンなのである。
必然的に舞妓・芸妓さんが少しの間だけではあるが相手をしてくれるのである。

海外でも日本の代表的な印象である、『富士山・芸者』
まして舞妓さんの艶やかな着物とポックリでの歩く様は、アマチュアカメラマンが被写体にしようとして人の迷惑顧みない振る舞いに顰蹙を買うこと夥しい・・

そんな舞妓・芸妓さんと一時とはいえ身近に話ができるとあっては行ってみたいと思うのも無理からぬ話なのである。
c0160387_2271048.jpg
かつ〇姐さん

彼女は芸妓で、下世話な話年のころは私の半分にも満たない。
それでも京言葉の柔らかな話口調と落ち着きぶりは、芸妓さんと話すのが初めての私のほうが青臭く年齢ではない青二才を実感した次第である。

ちなみに舞妓さんと芸妓さんとの違いは、まず舞妓さんが地毛で髪を結うのに対して芸妓さんは鬘をかぶるために髪が短いことと芸妓さんは三味線や謡ができるそうである。
これは、まだ十代の舞妓さんに教えてもらいました・・

いずれにしても芸者をあげて『お大尽遊び』などとはほんに縁遠い私にしては良い経験となりました(笑
この日は随分酒がすすんだ様な・・
追記:快くブログ登場承諾いただきました・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-31 22:17 | 写真

復活!!・・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar7.5cmf3.5

長かった・・
うかつにも以前の更新がいつだったのか見るのを忘れたが、2週間以上前であることは間違いがない。
急いで確認すると7月16日であることからちょうど2週間である。
昨日デルから待望のPCが届き、今朝ほど設定というのか開梱して接続完了したのである。
その後所用で出かけており今改めて電源を入れて順調に起動し今に至るのであるが、初めてのWindows7は今までのXPとはいささか勝手が違ってソフトのインストールにしても少し戸惑いを覚えるのであった。
c0160387_19134686.jpg
最近私のマイブームである2眼レフのRolleiflexをもって先日あった日本3大祭りの一つ『大阪天神祭り』の船渡御の船が行きかう大川にかかる都島橋の飾りちょうちんである。

実はこの日は宵宮の24日であり、船渡御は翌日の本宮である。
私はこの前日に京都は北野天満宮に写真を撮りに行き、その北野天満宮のとなりにある『上七軒ビアガーデン』に行って舞妓はんと芸妓はんにはさまれてビールを飲んできたのである。
いや、実際ははさまれてもおらず、お酌をしてもらったわけでもないのだが、その際彼女らを写真に収めるべくカメラに入れたフィルムの残り2枚を残していたのである。
いざ撮る段になると夕暮れで光が足らず撮らず仕舞い・・
その残りのフィルムで撮った写真が今回写真である。

まったく写真の説明だけであり、気の利いた話ではないが次回舞妓はん・芸妓はんのビアガーデンの顛末などお聞かせいたしまする・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-30 16:18 | 写真

酷暑・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

まだ7月というのに『酷暑』の文字が躍る今日この頃である。
日中晴天下においては容赦なく体の熱を上昇させ、この汗かきの私等は汗で水分を失うこと甚だしい。
それなら仕事終わりに『生ビール!』がさぞかしおいしいと思いきや、バテバテでビールの酔いがまわってくると気分が高揚するよりも昼間の暑さに緊張していた身体が弛緩して、逆にどっと倒れそうになる。
何もこれは人間に限ってのことではないらしく、我が家の、今私が立ち向かっているこのDELLのパソコンにしても夜は一筋縄では立ち上がらないのである。

電源を入れたにもかかわらず、windows=XPの起動中ですの画面から勝手にシャットダウン・・
再度電源投入すると今度は不正な終了により・・
windowsを通常起動する
前回通常起動した状態で起動する
セーフモードで起動する

最近はどれを選択しても一回では起動せず、気まぐれのように起動するのである。そうそれはあたかも『そろそろ言うこときいてやろうかな』とでも言うように・・
先日見た『I-ロボット』と同様に、どうやら我が家のPCは意思を持ってしまったようである。
c0160387_11444547.jpg
ロボットの3原則ならぬ、PCの1原則『電源投入したらすぐ起動する』
この原則に反する我DELL-Dimensionは悠久の眠りにつけ、後任を本日任命し着任まで2週間ほどかかるとの事である。

それまではいかほどの更新が出来るかわらないが当DELL-Dimensionの底力を拝見するとしよう・・
ここまで数度の危機を乗り越え、まぁ良くがんばってくれたことには改めて敬意を表するので最後まで任務を全うして欲しい。

今回写真は取水口のステンレスの光沢と植物の質感描写の素晴らしい75mmプラナー付きのRolleiflex3.5Eによる。
次回は盛夏の写真をと思うが、自分が暑さに耐えて撮れるかが心配である(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-16 12:01 | クラシックカメラ

海外旅行・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

昨日少し聞きたいことがあって私のカメラ関係の先輩と言える友人に携帯電話で電話をかけた。
いつもと違って少しくぐもった呼び出し音に違和感は覚えたものの数秒待つと、『ハロー?』とか何とか応答が返ってきたのである。
『〇〇さん?』『おう、今そっちは何時?』『午後4時ですよ』『こっちは朝の8時なんだけど・・』
海外旅行中だったのだが、最近の携帯電話の海外ローミングで国際電話をかけてしまったようである。

通話料のことも気になるので、少し近況を聞いて楽しそうな声を聞き無事の旅行を楽しまれることを約して早々に電話を切ったのだが、肝心の聞きたかったことはすっかり忘れた事に気が付いたのはずい分後のことであった。
c0160387_7262343.jpg
これは昨週末の梅雨の明けた、しかし蒸し暑い中ぶらぶら出かけた先のガラス外壁に映った自分を撮ったものである。
このブログでも何度も書くが、なかなかエルスケンのようなセルフポートレートにはならないのが悲しいところである。

私もかの友人のように海外一人旅をすればもっと自分の内面を見つめて不安と期待の入り混じった表情の見ごたえのあるセルフポートレートをものにすることが出来るだろうか?

そう言えば、友人が出かけた国は何処だったか?聞いたのだがこちらが舞い上がってモロッコだったか?何処だったか定かではない(笑
少しく海外へ出かけていないなぁ

追記:先輩である友人の出かけた先は、本日ポルトガルである事を確認した。(笑 うらやましい~
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-13 07:43 | クラシックカメラ

築地塀・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

築地塀(ついじべい)
お大尽・貴族の邸宅の家の周りを囲む、練り土を押し固めて立てた塀の上に屋根をかけたもの
そういえば、大阪市内においても一丁四方の一角を占める程の大邸宅は新しく立て替えていなければほぼ間違いなくこの築地塀に囲まれていることに思い当たる。

身近なところで鴻池辺りで見ることがよくある。
まぁいわゆる大地主や庄屋の出であればこのような築地塀に囲まれた中で生活していたようである。
c0160387_8172728.jpg
ここは大阪市都島にある大阪経済の基礎を築いたと言われる藤田伝三郎男爵の邸宅・今は氏の収集した美術品の美術館・の築地塀である。

いやはやなんとも塀の内部は広大で大樹が幾本も生い茂り、さながら鎮守の森のような風情でひょっとしたら塀の内と外では梅雨明けの灼熱の気温にまさしく温度差を実感するのではないだろうか?
奥に見える日傘の女性が和服であれば、もう少し手前でこの築地塀とのコントラストをお願いしたのであるが・・

追記:昨日もう早梅雨明けしたという。
   子供の頃と違って夏本番が恨めしいこの頃である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-09 08:30 | クラシックカメラ

これなんだ?・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

昨日に比べ今日はじめじめとした梅雨空そのものであった
気温自体は昨日よりも数度も低いのに身体にまとわり付く不快な湿気の容赦ない攻撃に節電意識も何処へやら・・
といってクーラーとして節電の観点から推奨の28度に温度を設定しても今度は寒すぎる
日本の雨季として雨も降ってもらわねば困るのでこればかりは仕方がない。

そんな中にあってこの時期生き生きしだすのが植物である。
梅雨の花としてはアジサイがメジャーだが、これは大阪西天満の大阪弁護士会館の前庭に咲くうす紫の気品ある花である。
c0160387_22231167.jpg
えっモノクロだから色が見えない?
いやいやモノクロだからこそ、その生き生きとした葉の緑に花弁の気高いうす紫が映える様がまざまざと脳裏に浮かぶ筈である。

昨今のデジタルであればモノクロモードはナンセンス。
データがあればいくらでも後で加工が出来ると人は言う。しかし、モノクロは目に見える色を脱色したのではなく、そのものの色をグレーの中で表現しているのである。
だからカラーで撮ってPC上のソフトで色情報を破棄すれば事足りえると考えるのは早計なのだ。
モノクロはモノクロで最初から撮ると、そのもののディテールがよりはっきりとして自分が何に感動してレンズを向けたのかが鮮明になる。

今回肉感的な花弁に気を取られ、その肉厚の花弁とその形を立体的に再現すべく少し絞りを開けて強調してみた。
私のローライはその私の気持ちに充分応えてくれたのである。
惜しむらくは、この花?いやこの植物の名を私は未だに知らないことなのである・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-07 22:43 | クラシックカメラ

電灯・・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

原発再稼動に不安の大きい今年の夏である。
本年3月11日に東日本で起きた未曾有の地震に津波被害からなる福島原発の安全神話崩壊のためである。
これほど日本列島が原発による電力を利用している、言葉を変えれば原発に汚染されていることを改めて認識したのである。
『クリーンエネルギー』『ローコスト』『・・・』ああ、幻想だったのを目の前に突きつけられる。
想定外の被災状況ゆえに原発推進派は色を無くして口をつぐむのみって、ディスクロージャーの世の中にあってこれじゃあ海外からの信頼を失うのに充分である。

とは言え『想定内』の仕手戦をしかけたホリエモンも今は塀の中と来れば、先人の『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・』の書き出しで始まる平家物語が説くところのこの世の変化は絶えずして奢れる者は久しからずやなのである。
c0160387_2133641.jpg
裸電球に傘があるだけの今はあまり見なくなった電灯が照らし出す玄関である。玄関扉の鴨居のガラスに映り込む電気の傘も向かいのビルも、夜は火力・水力・風力・原子力と問わず電気が明かりを灯すのである・・

今回写真は先日の休日表題カメラに詰め込んだTRY-Xで撮った写真である。
それにしても私がROLLEIFLEXを持ち出すとほぼ必ずといってよいほど声をかけられる。
今回は私より年上の男性で、『いやぁ懐かしい』『これはローライフレックスですよ・・』以外に話は弾まなかったのであるが・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-06 21:41 | クラシックカメラ

露光計・・Rolleiflex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

別ブログで既出の写真で恐縮です。
c0160387_7294919.jpg
Rolleiflexの初めて電気露出計を搭載した3.5Eである。
搭載したといってもTTL(撮影レンズを通った光を図る方式)ではなく、ましてカメラの絞りとシャッター速度に連動しているものではない。
いわゆる単体露出計がカメラに組み込まれただけの、当時出始めの露出計内臓カメラと言われるものである。
メーターを忘れないという点においては有用だが、50年以上経過した現代から見れば当てにならないメーターでも動いていないと故障品として評価が低いだけでなくオーナーとしては何とはなしに悲しいのである。

そこでこの私のRolleiflex3.5Eである。
メーターは光に対して機敏とはいかないまでも反応しており、GOSSENの文字も何かしら信頼感を漂わせているのである。
c0160387_7393870.jpg
でそのメーター出た目で撮ってみた写真がこれである。
自宅近くの集合住宅の間を通る木々に覆われた遊歩道である。
確かにハイライトあり、影ありと難しい条件と言えば条件である。
しかし、このメーター出た目で撮ったネガフィルムを見てみると明らかなアンダー調子
ネガが薄い、つまり白っちょいのだ

通常弱った露光計であれば光に対して反応鈍く、およそ適性露出と言われるものよりオーバー露光と言われる光を取り込みすぎてネガフィルムとしては黒っぽくなるはずである。
なぜなら、光に対する反応が鈍ければ光は強くないとして絞りを開けるかシャッター速度を遅くする事を要求する。そうすると光がたくさん入って、結果ネガフィルムとしては黒っぽく感光すると思うのだ。
逆に白っぽいということは露光計は光が強いと判断したはずで、その時のメータの針は大きく触れたのである。
ここまで書いて、なんだかややこしくて頭がこんがらがるのを否めない。

この後のカットはいつもの感露出に切り替えてネガ濃度もほぼ揃っている。
私も製造後ん十年だがまだ脳内セレン光電池?は健康なのである(笑

このカメラとは、お互い足りないところを補ってやっていこうと語り合ったのである(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-07-01 07:55 | クラシックカメラ