<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

水辺・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

ここ数年、夏が早くなったように感じるのは私だけではあるまい。
まだ6月と言うのに連日の30度越えであればもう立派な夏である。
梅雨明けとはいかないのは一時的な高気圧の張り出しで前線を押し上げている事かららしいが、また前線が下がって長雨を降らせるのかしらん・・
c0160387_7555594.jpg
こうなってくると水辺の水上を吹き渡ってくる風が恋しいのであるが、そうそうのんびりもしていられない。

これからおそらく9月末頃か10月始めまでこの暑さと付き合わないといけないと思うとなんとも気が重いのだが、私の気を滅入らせているのはそればかりではない。
なんとも人生、端から見れば順風満帆か・悩みが無いように見えてその悩みは深いのである。
考え悩む事をして人間と言うのだとは思うが、なかなか人間をやるのも楽ではないのである・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-27 08:03 | 写真

熱帯夜・・・Mamiya35 S-2 with Sekor F.C4.8cmf1.9

まだ6月
まだ梅雨明けきらぬ6月と言うのに真夏の様相
連日御堂筋温度計では35度の猛暑を記録する。気象庁発表の数値とは観測地点の違いから大きく実感とは異なる。
さすれば、原発稼動ストップの影響で慢性電力不足で空調の設定温度は低く、果てはクーラー入れずにガマンしてみろとの感電のノー感ぶりが際立つのである。

時の首相の代替可能な自然エネルギーへの転換とのお題目があまりに軽くやり過ごされようとしていることも気になるのである。
つとめて経済・産業の各団体の経済優先による原発早期再稼動を求める発言には背筋が寒く、ただでさえ資源・産業空洞化のこの列島を汚染列島としてしまいかねない現状を踏まえて先行きが見えなくなっているというのに・・

いやここで言いたかったのはそんな事ではなかった。
昨夜、熱帯夜といってよい蒸し暑く寝苦しい夜。
少しうとうとして眠ったようだがすぐに目が覚める。
そうすれば、布団の上で眠られず寝返りを打つばかりでますます暑さが募るのである。

ええ~い、ままよ!
眠く自然と瞼が閉じようとするまで起きて本でも読もうか?
いや先日、ずい分前から持っていたレンズフードの純正ボディを見つけて買ったそのカメラに少し不具合があったのを思い出しそれの修理をすることにした。
c0160387_848361.jpg
そのカメラはMamiyaのMamiya35 S-2である。
少しく凝ったレンズフードの外観は、まるで往年の金属鏡胴のレンズのピントリングのようなローレットをデザインしている。但し、ローレットはつるつるでギザは無い。
別にシャッターに不具合があるわけでも、絞りに不具合があるわけでもなくこのままでも写真を撮ることに不都合があったわけではない。

不具合はフィルム枚数計が不動だったのである。
フィルムを入れて何枚撮ったかわからなくても写真は撮れるが、我々アマチュアはあと何枚だからこれが最後の1枚としてモチーフを探して撮りきるって事は良くあるのである。
そうなると動いていて欲しい・・

眠られぬ目をさらに見開き、かに目リングを廻して開けてあまりに単純な構造ゆえに逆に悪い部分がわかり辛い。
それでもちょっとの仮説を立てて、チョチョイと工夫をすると『直った!』とあっけない。
これじゃぁ熱帯夜の暑さしのぎとなるよりも、まだ開けきらぬ朝まで置き場の無い身体を持て余すのであった・・

まぁ気になっていたものが一つ片付いたので良しとしよう・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-25 09:06 | クラシックカメラ

焼おにぎり再び・・FinePix-S1Pro with microNIKKOR55mmf3.5

先日焼き鳥屋の焼おにぎりを取り上げて、まず家庭料理としての焼おにぎりはあまりお目にかからないと書いた。
かく言う私はフライパンで焼くとも書いたのだが、炭火で焼くおにぎりのようにパリッと焼くのは難しいのでは?とのご意見も頂戴した。
今回朝に思い立って焼きおにぎりを一つ作って息子のバスケットの朝練に持って行かせることにしたのである。
c0160387_2311641.jpg
今回はご飯にかつお節と醤油を混ぜて、おかかおにぎりを作ってごま油をひいたフライパンで焼いたのである。

朝食のご飯の残りで思いつきで作ったのでこれ一つしか作らなかったのだが、アルミホイルに包んでなんとおにぎり一つ用パッケージ(おにぎり作る型の様なプラスティック製)に入れてカバンの中に放り込ませた・・

朝練の後、授業の前に水筒のお茶とおにぎりは彼いわく『めちゃくちゃうまかった!また作ってや・・』多分それは運動の後だからで、本当に美味かったかどうかは甚だ疑わしいが・・
まぁうまいということだからここは素直に聞いておくが、毎度毎度お前の食欲に付き合いきれないのは覚えておいて欲しいのである(笑
せめて日曜日は朝寝をさせてくれ~
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-21 23:25 | 近況

カフェカーテン・・Rolleiflex3.5E with Planar75mmf3.5

ようやく表題カメラのフィルム現像が上がってきた。
今回雨続きで、まして何処に行ったわけでもなくとりあえずフィルムを入れて写真を撮ってみただけというのは現像上がった絵を見てみると一目瞭然であった。

ほんっとにろくな写真が無い・・
自分で見てこんな写真を撮るのはフィルムのムダ以外の何物でもなく、これなら撮らない方がマシだと自己嫌悪に陥るのである。
c0160387_21313976.jpg
これは自宅リビングダイニングの窓にかかるカフェカーテンである。

このマンションを買ったときに妻が普通のカーテンじゃなくカフェカーテンにしても良いか?と聞いてきたが、私は知らないままで良いと返事をしたのである。
今からかれこれ十数年前の出来事である。

今回ろくな写真が無い中で、これだけは木村伊兵衛が撮った自宅リビングの掛け時計を彷彿とした。
その写真は晩年に体調を崩した彼が撮ったものである。
すでに街中へスナップしに行くことも適わなかったのだが、今回の私と同じでそれでもシャッターを切りたかったんだろうなぁ。

しかし・・
これじゃローライの・・それもプラナー75mmの実力を発揮しているとは言い難い・・
梅雨明けの快晴の元、ハイライトとシャドーの対比を今度は写真の面白さを意識して撮りたいものである。
さもないと、パウル=フランケとラインホルト=ハイデッケにお前にゃこのカメラはもったいないと取り上げられそうだ・・(笑

注;パウル=フランケとラインホルト=ハイデッケとはローライの創業者・産みの親である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-20 21:53 | クラシックカメラ

BBQ・・・GR DigitalⅡ with GRLens5.9mmf2.4+GW-1

昨日土曜日
会社・私の所属支店全体でのレクレーションとして淀川河川敷においてバーべキューを実施した。
前日天気予報では土曜日・終日曇りで、河川敷のような屋根の無い場所での炎天下よりも都合が良いとは思っていた。
しかし、いざ当日は朝から小雨模様で実行委員にすれば決行か?中止か?判断に悩むところであろうと思ったが、中止連絡も無いので決行に決したと思い私もBBQ会場に向かったのである。

途中車で行くという者に便乗し会場に着くとそこは京阪枚方から摂津・高槻方面にかかる枚方大橋の袂で雨露はしのげる好立地でこれなら問題ないと胸をなでおろしたのである。
c0160387_11324965.jpg
これがその枚方大橋の橋脚の一つである。
この橋の下で小雨と言うより霧雨の中、充分に酒を飲み、BBQを堪能して誰彼の連れてきた子供の相手に広い河川敷を鬼ごっこやらフリスビーで日頃の運動不足になまった身体を久しぶりに動かした。

ところで今回のBBQは外部BBQ請負業者にお願いし、実行委員は朝早くから場所撮りをしてくれその場所に11時頃からなれた手つきでBBQコンロをセッティング
炭の火おこしも早く充分な火力を用意、後は我々でビール片手に若い者が肉を焼き、焼そば・焼き飯を作り、近所に住むものはデザートのシュークリームや自宅で焼いたメロンパンなどを土産に大盛り上がりで楽しんだ。
そして夕方には業者による撤収も鮮やかに、あとにゴミを残す事無く綺麗にして解散とは手間無く、予算も居酒屋での宴会費用より安くこんなBBQ請負業者があることも知らなかったがBBQの楽しいとこだけ堪能出来た事は誠に申し訳ないような気がしたものであった・・

最後に今回写真のように公共物に良くある落書きであるが、スプレーアートと呼んでも良いようなデフォルムした顔の出来。
ストリートアートと呼ぶんだそうだが、こんなところからポップアートの奇才・アンディ=ウォーホルのような才能が生まれるとしたら日本もまだ捨てたもんじゃないのだが・・

注:今回BBQでは他にも車で来ているものは数名いたが、彼等はアルコール飲料では無くソフトドリンクしか飲んでいない事を老婆心ながら報告する。我が社もご多分に漏れずコンプライアンスに非常に厳しいのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-19 12:02 | 近況

焼おにぎり・GRDigitalⅡwith GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

居酒屋締めのご飯として定番とまではいかないが、居酒屋メニューでは定番である。
作り方も握ったおにぎりに醤油を刷毛で薄く塗りこんがりと焼く、単純といえば単純ではある。
c0160387_7325793.jpg
一番奥のおにぎりにかぶりついてから写真に撮る事を思いついた。
食べ物写真を撮る時は、食い意地が張っているのでいつもの事といえばいつもの事である(笑

ここの焼おにぎりではこんがり焼けて焦げができたところにバターを小さく載せている。
これもしょうゆ味の焼おにぎりに合うのだが、バターに含まれる塩分の果たす役割も大きいと思われる。

しかし、果たして家庭料理?としての焼おにぎりにはあまりお目にかからない・・と思っている。
それは、まず面倒・おかず前提としたご飯と言う観点からは、白めしかあっても炊き込みご飯に豆ご飯等のご飯を炊く前段階での仕込みであればそれ程面倒ではない。

対して焼おにぎりは、炊き上がったご飯をまずおにぎりにして今度はそれに醤油を塗りながらこんがり焼くのに目が離せないと手間がかかるのである。
とここまで書いて、ではやらないかと言うと当家では炊き上がったご飯に醤油・みりん・ごま油少量を混ぜ込んでおにぎりを作り、後はフライパンで三角おにぎりの両面をこんがり焼いて作る事はたまにある。

注意点はごま油の量で、いつだったかは少し多く入れすぎたおかげで硬く握ってもおにぎりが緩くばらけた事か・・
でもごま油の香ばしい香りは食欲をそそるのである。

アナタの家では焼おにぎりって作りますか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-16 07:51 | 近況

RolleiFlex3.5E? with C.Z Planar75mmf3.5

話しを戻して恐縮です。
先日私が手に入れた表題カメラのRolleiflex
内臓メーターのメーターカバーは?
もう少しご意見いただくかと思ったが、金魚さん・・ガチャガチャのケース、toraさん・・水筒の中蓋
すぎやまさん・・ドアスコープ

正解はしょっぱな回答の金魚さん!
見事ガチャガチャを言い当てられました。
その身近なもので円形の・・と来る推理は脱帽ものです、これには古畑任三郎も脱帽でしたがいかんせん・・あまりにも正解を出すのが早過ぎです(笑
c0160387_20594372.jpg
カバー中心の成型あとがお分かりいただけるでしょう・・

金魚さん、お手数ですがメールで住所をお知らせ下さい。
ミノルタユニオマットをお送りします。
私の住所録には聚楽中町までしか記載無く、お手数ですがよろしくお願いします。

それにしても、残りのフィルムで写真が撮りたくて・・さらには写真が見たくて仕方がありません(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-14 21:04 | クラシックカメラ

Happy Birthday

今日6月13日は私の古い?友人の誕生日である。
子供の頃から多感な時期も一緒の学舎で机を並べていた。
それが高校卒業と共に全くの疎遠になっていたのだが、昨年の同窓会で再会を果たし今でも距離的にはずいぶん遠く離れているがnet世界を通して、また、今の携帯電話なる一人一台持っているような通信手段があればたとえ電話をかけなくてもメールをするわけではなくても、そこ・ここで息吹を感じるようになったのである。
c0160387_7382662.jpg
その君の誕生日に花束とはいかないが、一輪の小さな花でおめでとうと伝えたい・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-13 07:40 | 近況

RolleiFlex3.5C or 3.5E with Planar75mmf3.5

昨日私の所属しているカメラクラブでカメラ交換会を実施した。
交換会といっても物々交換あり、破格値での購入アリで私はいいものを格安で手に入れたのである。
それは表題のRolleiFlex・C.Z Planar75mmf3.5搭載の通称3.5Eとも3.5Cとも言われるカメラである。
c0160387_15585358.jpg
メーター付きだがまだシャッター速度設定リングや絞り設定リングとは連携していない。
ドイツの名門・GOSSENのメーターがピント調整ノブに内蔵しているだけと思って良い。

古い、今から50年以上前の機種ではあるが、セレン光電池は生きていて光に対して反応している。
c0160387_1652222.jpg

しかし、この写真でもわかるようにノブのメーターカバーは純正ではない。
プラスティック部品のため、衝撃に合うと簡単に割れてしまう事は良くある事らしい。
だからこのメーターカバーは工夫により別物が取り付けてある。
言われなければ純正でも通りそうであると言うのは言い過ぎか・・?

本日早速フィルムを入れて写真を撮ろうと出かけたのは良いが、折あしく梅雨空の雨に降られ数カットを撮影したところで断念・・(涙
私の持っているもう一つの80mmf2.8プラナーの2.8Cと今回の75mmf3.5プラナーの3.5Eの画角の違いと共に写りの違いがわかれば楽しんでみたいのである。

最後になるが、このメーターカバーの素材がわかる人?当たれば1名にミノルタのユニオマットを進呈しよう・・
但し、我カメラクラブ会員及びそれに連なるものの参加は認められないのでそこのところよろしく!!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-12 16:21 | クラシックカメラ

ゴースト・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mm+GW-1

英語でGhost(ゴースト)
これは幽霊を意味する。
よって、写真におけるゴーストとはレンズと言う光の屈折を意図的に変える物体に直接光があたった時に現れる、光の乱反射による意図せぬ光の再現を意味する。
いわゆる、いつ何処に現れるかわからぬものだから幽霊と同義語でゴーストと言う。
c0160387_7233233.jpg
このリコーGRレンズはフィルムカメラのGR-1の時代から逆光に強く、フレア(光の拡販)も少なくゴーストも出にくい非常に優秀なレンズである。
それでも太陽のような強い光源を画面に入れるとこれくらいは仕方がないのか?
c0160387_7263662.jpg
そう思っていたら、太陽も入れていないのにこのゴーストの現れ方には驚いた・・

やはり完成されたレンズの前に新たに付け足しのレンズとして装着したワイドコンバーションレンズだから仕方がないのかもしれないが・・
写真は逆光だ!
逆光こそ撮影対象の濃淡を強調し、ドラマティックな絵が作れると信じる私にしては少し残念ではある。
ともあれ現代レンズのコーティングと言うものもこの光の乱反射を抑え、コントラストを上げる事に多大な貢献をしていることを信じ、もう少し逆光を含め使い込んでみたく思う。

皆さんのGW-1は、逆光でこんなゴースト出ますか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-09 07:34 | 写真