<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

青春・・・Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8

さらば青春・・
とくれば何を思い出すかによってあなたの年齢が判ろうというもの。

私が思い起こすのは言わずと知れた小椋佳のそれである。
当時は青春ドラマ花盛りで『青春とはなんだ』から続けざまに青春物が放映されていたように思う。
これが少し新しい人だと(笑)布袋寅泰のさらば青春の光となるのであろう。

今はこんな青春物がすっかり影を潜めているのは気恥ずかしさか?しらけ世代?とでも言う、一生懸命することへのある種かっこ悪さが蔓延する風潮なのだろうか?
自分のやるべき事をストイックに突き詰めてやるが、決して努力は人に見せない。
泣き言を言わない、自分の身の処し方をわきまえている、人はそれを天才と言う。

かのイチローが言う。
『天才も影では大変なんですよ・・』

この一言で努力なくして天才は現れないと言う事が良くわかるが、空前の経済成長を成し遂げようとする当時は一人の天才が活躍する個の時代ではなく仲間の時代だったのだと思う。
だから同じ青春の中にいる者たちが、仲間を叱咤激励しともに泣き・笑い 成長をする姿を描いたドラマがヒットしていたのであろう。
c0160387_11422057.jpg
市大ボート部の仲間!?

彼等の後姿を見て自分の過ぎこし日々を少しセンチメンタルに思い出したのである(キザっぽい?
ガンバレ日本、ガンバレ東北!今は仲間を思いやる仲間の時代に立ち戻る時である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-10 11:46 | クラシックカメラ

姿勢・・・Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8

今日は訳あって会社を休んでます。
しかし生憎の雨に昨晩遅くの東日本大地震の強い余震があったりと気を許せない日々に被災地の皆さんの心労にはかける言葉もありません。
原発封じ込めが機能すること、やっと緒に就きかけた復興が停滞せぬ事を願います。

世はさくらの季節に新入学シーズン
世間がどうあれここ西日本のさくらはこの季節に花を開いて季節の移ろいを見せてくれている。

某知事
『日本がこんな惨状の時の花見は自粛すべきである。』
先日聞いた被災地内陸の酒造会社では
『花見自粛はやめてもらいたい。
被災地を元気にするために福島産のお酒を飲んで元気に仕事に励んでもらいたい。』
YouTubuにもCM.PVを流している。
まぁ馬鹿騒ぎで人に迷惑をかけるのは今回に限らず常から考え物だが、大阪に遠く離れている我々に出来ることは今必要も無いのに買い占めるような恥ずかしい事をせず、消費を活発にして東日本の経済を立て直す下支えをする事ではなかろうか?

また、福島原発がこうなって勢いを増す原発反対派の『それ見たことか!』
じゃぁ代案はあったのか?
明日大阪府議会・市議会の議員選挙の投票日であるが、日本国民が目の前の政党・便宜を図る議員の甘言ではなく原発に限らず経済立て直し、地球温暖化対策他大事な事を自分の代弁者として地方から・また国会の場へ届けてくれるものに投票をしていたのか?

ただ今回の選挙では原発反対を唱えれば当選の道が近くなるようでは、我々有権者の識見を疑われてしかるべきなのである。
c0160387_14401754.jpg
この女性のデジカメでの撮影スタイルを見て、すっくと立って・背筋を伸ばす事の美しさを再発見したのである。

この選挙、姿勢と威儀を正して望みたい。

追記:酒を飲んで馬鹿騒ぎで人に迷惑をかける私が言うのも何だが・・許されたい(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-08 14:45 | クラシックカメラ

さくら・・・Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8

昨日堀内カラーからポジを取って来た。
やはり12枚に凝縮した思いは傑作揃いである、とはいかないのが難しいところである。
c0160387_73540100.jpg
早速自宅のフラットベッドスキャナで取り込んでみるが、マゼンダ被りが甚だしい。
つまり赤っぽくなるのであるが、ポジを見る限りそれ程ではない。
どうも私のスキャナはデジタル画像として取り込む際に赤に反応が強いようである。

そういえば複写機においても各メーカーによって色に対する反応が違っていた事を思い出したのである。
ブルー系の色が出ない、赤の出方が弱い等々・・
よって今回はフォトショップで少し赤を弱め、補色の緑を強めてみたがいかがだろう。

正直に告白すると、私は色覚に少しながら異常が認められる。
完全にある色がわからないとは言わないが、色に対してわかり辛い色はある。
どうもこれは優性遺伝で息子にも顕著であるのが少し悲しい・・

大幅に話が脱線しているので戻すが、この写真のハイライト部分も薄いピンクのベールをかぶっている所まで補正できていないが、さくらの淡いピンクが反応しているのだと思って欲しい(笑

しかしポジからの取り込みはホント難しい・・

追記:撮影データ・・距離・最短 シャッター速度 1/250 絞り f5.6 フィルム Fuji RAP・ISO100
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-07 07:55 | クラシックカメラ

取説・・・Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8

先日の休日
表題二眼レフカメラにポジのブローニーフィルムを入れて、桜の咲き初めしいつもの大川沿いを散策した。
可憐な桜の花にいつものような心浮き立つ元気をもらいに行ったのである。

フィルムはポジ一本だけで、お辞儀をする格好でファインダーを覗いている事の方が長かったように感じる。
だが、ちょうどブローニーフィルム一本で6×6サイズのスクウェア写真が1ダース・・
つまり12枚撮れる事になるが、この12枚には魂がこもる(笑

デジカメの画像の乱獲に比べフィルムのそれも1ダース感覚というものは、真実を写し取る『写真』を撮っている充実感が身体の隅まで行き渡る気がするのである。
まして6×6サイズのポジならばプリントする必要も感じないほどの大きなスライドだから、ライトボックスの上で奥行きと光のきらめきが踊る感じを再現出来るのも好もしい。

そのフィルムは今回プロラボの堀内カラーに出したのだが、東京送りで中一日・明日の出来上がりである。
以前なら大阪現像で数時間で渡してくれたというのに、こんなところにもデジタルに押されたフィルムの現像を続けるための効率が見え隠れする。
c0160387_22345196.jpg
その時持ち出した二眼レフカメラの取扱説明書である。先日のカメラクラブで手に入れた。
私のカメラは1954年製のツァイスのプラナーを採用した頃の製造なのだが手に入れた取説も同じ頃、採用レンズにツァイスのプラナーとシュナイダーのクセノタールと記されているから時代的にもぴったりである。

これで取説付のローライフレックスとして価値は高まったか?
売る気もないので高まらなくても一向構わないのであるが、それよりも明日堀内からあがるポジを見るのが非常に楽しみなのであ~る。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-05 22:43 | クラシックカメラ

自粛・・・携帯カメラ

今年は桜の季節と言うのに何かしら心浮き立つ高揚感が無い。
そうだこれは関東東北大震災が及ぼしたあまりの惨劇の影響である。

関東では従前の花見の名所には『自粛』の看板が立っていると言う。
ここ大阪でも自粛の動きがあることを承知している。

他方、日本経済を活性化して雇用の創出をしないと被災された方々の立ち直りが遅れる事になるのである。
ここ大阪は被災地からは遠く離れているが、今こそ元気を出して明るい話題を提供していきたい。

そこで今日晴天の下、私の自宅近くの大川沿いの桜通りをカメラ片手に散策してきた。
c0160387_18375017.jpg
まだ5分咲きほどで花見の見ごろとは言えないが、『やってるやってる・・』
若い連中は音楽鳴らしてそこかしこでバーベキューなど思い思いに楽しんでいるようだ。
日常の、この季節ならではの明るさに出会って少しほっとする自分がいた。

多分ここ数日は花冷えとなり、来週末が見ごろとなると思われるがここは気息奄々とならず変わらぬ桜を眺めつつ気炎をあげてチーム日本を牽引しよう。

本日持ち出したRolleiflexにはRAPを詰めていたが、相変わらずの勘露出故上手く写っていたら後日お目にかけましょう・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-03 18:52 | 近況

ジョン?・・・携帯カメラ

とある会社の自社ビル3階吹き抜けからの眺めである。
c0160387_7491536.jpg
アングルも全くの逆で当然そこに人物もいないカットでは有るのだが、私はこれを目にした時になぜかしらBeatlsのデビューアルバムのジャケットを連想したのである。

ここで言うジャケット写真は『プリーズプリーズミー』と言うアルバムで、まだ若々しいリンゴにポール、ジョージの横にジョンがおり、ロックの代名詞ともいえるリーゼントの髪型でレコード会社のEMI本社バルコニーで撮られた物である。

同じフォトセッションで撮られたカットは年代版の『赤』等にも使用されている。
また、幻のアルバム『ゲットバック』用に同じカメラマンで同じ場所で8年後の4人が同じポーズで撮ったカットがある。
これは年代版で言う後期『青』(私が始めて購入したレコードがこれである)のジャケットを飾っている。
長髪・今で言うロン毛・でずいぶん趣は違っているが、音楽としての成熟度?もコンサート重視からレコーディング重視に変貌していた事が良く知られている。ダブルトラックは当たり前でありコンサートのように生演奏で聞かせることが難しい曲が多くなっている事がアイドル?っぽい風貌からアーティスト然とした風貌に変貌させた遠因でもあろう。

学生時代はあれほど聞いた曲の数々が、歳を経るにしたがって音楽から遠ざかる・・
昨日会社の打ち上げで行った2次会のカラオケで歌うのはもっぱらサザンか柳ジョージ・・
もう一度俺もi-podでも買ってbeatlsを聞き直すか!?
そんなことを考えて良く見ると、下の道を歩いているのは長髪のジョンじゃないか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-02 08:31 | 近況