<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

広角レンズ・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

趣味は?
と聞かれて『カメラと写真です』と答えると、たいていの場合『良い趣味ですね』と返される。
また『一度写真を見せてください。』と言われる事もある。

だが、私の答えをもう一度思い返して欲しい。
カメラと写真』なのである。
つまり、カメラというメカニズムが好きでゆえに機械式カメラという今で言うところのクラシックカメラにウツツヲ抜かし、写真を撮る事に限定されていない事を意味するのである。

とは言え『カメラと写真』と言うように、人の撮った写真・有名写真家の写真集を見る事を含めたそれは、自分で写真を撮る事も見ることも大好きなのである。

中でも人間の目の見え方を50mm標準レンズとした場合の短焦点、つまり50mmよりも短い35mm・28mm・24mm・20・・
等の広角レンズといわれるレンズを通す写真に面白さを感じることが多い。
c0160387_7401854.jpg
超広角レンズを使用するとそのレンズ特性で写真が上手くなったような錯覚を与えてくれる事も一因ではある(笑

ところで、こう趣味を公言していると『綺麗な写真の撮り方を教えて欲しい』とか『上手く写真を撮るためにはどうしたらいいの?』なんて相談を持ちかけられることも多い。
その時の私の答えは一貫していて
『自分が撮りたいと思った対象・撮りたい相手に撮ろうと思った場所からもう一歩近づく事』と答えるのである。

オートがついていれば深く考えずにオートを使用するのが一番綺麗に撮れるとも・・
要するに一番犯しやすいのは自分が『ハッ』としてレンズを向けても全体を入れようとするから対象がぼやけてしまい、『あれっこうじゃなかったのになぁ』とその時の感動したものの小ささにがっかりするのだと思うのである。

旅行に行った時の記念写真を見ると顕著である。
大きな寺社仏閣と一緒に撮ろうとすると、なぜかしらその寺社仏閣に近づいてポーズをとる。
それでその寺社仏閣を撮るとすると必然的に建物と人物から遠ざからざるを得ないため、『小さすぎて誰かわからん』事になる。

この場合は、寺社から離れて・カメラ側に寄ってポーズを撮れば人物は大きくその背後に寺社仏閣が写りこむと思うのだ。こうすれば後から見て『そうそう、この建物はすごく大きくて驚いた顔してるでしょ!』とか話が弾むし、その時の自分もしくは相手の感情までもが残せるのである。

さあ、写真を上手くなりたいのなら、アナタも『一歩前に』
ことに広角好きな私もこれからはさらに『もう一歩前に』出る事にしようと思うのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-07 08:01 | 写真

yasu? yasi(椰子)・・GR digitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

今週末は少し気温も上がり平年並みという。
ここの所冷え込んでいたから随分暖かく感じるのである。
しかし
c0160387_9133561.jpg
ここは全く人気の無い大阪泉南市樽井のサザンビーチである。

寒風の中一列に並んだ椰子の木の葉が風に揺らいでいる。
今回太陽を画面に入れるためにビーチを右に見てカメラを構えたのであるが、この位置から右前方遥かには関西空港連絡橋が見えている。
そういえばこの樽井サザンビーチは関西空港の見えるビーチと言ったキャッチコピーも見た記憶がある。

夏・最盛期はビーチバレーにボードセイリング等々
白浜ほどの広いビーチでは無いが、ウミガメの産卵が確認されたりと砂浜も白く綺麗な海岸であった。
c0160387_9334058.jpg
一度夏にも訪れてみたいと思うが、その頃にはたくさんの人出でサンザンなんだろうなぁ(お粗末・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-05 09:34 | 写真

3丁目・・Pentax ME with XR-Rikenon28mmf3.5

数年前に西岸良平の『三丁目の夕日』なる映画が上映されていた。
映画館ではなくてもテレビで見た方は多いのではないだろうか。

状況は今と同じ、東京タワーの建設の槌音響く東京下町を舞台としたいわゆる人情物語である。
ある程度の年齢以上の方どもにはなぜかしら郷愁を誘う絵作りに、人情話ではあった。

今は希薄になった隣近所との付き合いでは、醤油の貸し借り等想像すら出来ないのである。
だから時として近所の子供の行き過ぎたいたずらを怒る事も出来ず、はてはイジメへとエスカレートするのではないか?
c0160387_814130.jpg

子育て支援、子供手当て等々
お金も大事、しかし地域で子供を育てる意識がもっとも大事ではないだろうか?
カミナリ親父大歓迎、私の場合親にひどく怒られ座敷で正座させられても、隣のおじいさんが『もう充分に反省しているようだから、許してあげたら・・』って助け舟を出してくれたものである。
まぁ座敷が見渡せるようなあけすけの家だったこともある。
家自体も他からの干渉を排除するような・まぁいわゆるプライバシーに配慮した・現代の家では難しいのかもしれないが・・

しかし、こういった今の言葉で言えば地域コミュニティの重要性に気付いている人も多いのに一筋縄でいかないのがもどかしいのである。
この国の行く末が心配でならないのである。

写真は3丁目の面影を残す看板と建物と思うが、どうだろう・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-04 08:01 | クラシックカメラ

図らずも・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

自分の想定外のところで自分の顔を見せられて思わず『ギョッ』とすることがある。
それはガラスに映りこんだ自分の姿だったり、洋服屋の姿見の前を知らずに通ったりした時などだ。

元来自分の姿・形を客観的に見ることは出来ない。
いや、鏡に写せば見れるじゃないかの声はあるが、人というものは得てして鏡の前に座ると もしくは行くと自分を作って・これもおかしな言い方だが、構えて・しまうものである。

それ以外となると誰かに撮られたスナップ写真を目にする位か?
c0160387_844429.jpg
まだ使い慣れないこのリコーGRDⅡの設定をいじろうと真剣に・と言うよりも睨んでいる・操作をしている顔である。

私がこのカメラで撮り記録した4GBのSDメモリ内容をPCに取り込んでおいたわけだが、枚数が多く昨日見直してこの写真の存在に気がついたのである。
一目見て『なんじゃこれ?』

まだ使い始めで、スクウェアモードにするのに四苦八苦していた時と気付くのにそう時間はかからなかったのはこのあとすぐにスクウェアモードの写真が出てくるからだが、『俺って、もっと穏やかな顔で操作しろよな』って思ってしまったのである(笑

まさしくこの写真を見たときに私は『ギョッ』としたのである。
人間いつどこで見られているかわからないので一瞬たりとも気は抜けないのである・・って自分撮りだけど・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-03 08:02

焼物・・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

京都の焼物と言えば、それは清水焼に止めをさすのではないだろうか?
他にも侘び・寂を具現化するような樂焼もあるが、美しいその造詣に模様はその器に盛られた変哲も無い料理が一躍料亭の料理でもあるかのように錯覚するものである。
c0160387_7381550.jpg
職人の手による絵付けに彩色と来ては、まこと 京文化に似つかわしい。

このように、なんだかんだとえらそうに言っている私だが、焼物の知識があるわけではない。
某テレビ局の〇〇鑑定団で見聞きするくらいでも、清水焼の肌の美しさと、姿の美しさ・形の面白さといったものについて好みの物といったものはある。
但し、だからといって骨董に手を出したり、価値云々するつもりも無いが・・

その鑑定団の象徴ともいえる鑑定士が、大幅に見込みの価値と違った骨董を前にして持ち主に言う言葉
『花の一厘でも飾って楽しむのが良い』また、『普段使いの料理を盛る器として』等々 焼き物本来を愛でるだけではない、使って楽しむ 人生を楽しむ要諦を説いてくれているような言葉が焼物の奥深さを表しているような気がするのである。

芸術と言われる、絵画に書道・彫刻に焼物等々・舞台芸術には全く疎いが、人生を彩るための芸術は大上段に構えたものではなく見て触れて感嘆を覚える楽しいものであるはずなのだ。
この器たちを目にしたときに感じた陰影を含めた美しさ、こう見えても美しいものには敏感なのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-02 08:00 | 近況

京漬物・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

京都といえば言わずと知れた『京漬物』
特に寒い時期にはおいしい漬物があまたある。
c0160387_7301341.jpg
赤かぶらにきゅうりの浅漬けに・・

見ているだけで白ご飯が欲しくなる。
特に飲んだ後、茶漬けにしてさらっさらっと行きたくなるのは私だけではあるまい。

しかし今日はがまんがまん・・
昨晩、夕食事後のコーヒーを飲んでから水分・食事を節制して本日午前中から健康診断なのである。
年一回の事とは言え、成人病検査やら胃部バリウム検査等々
時間もかかり、どこが悪い・どこそこが痛いといった自覚症状が無いだけに少しユウウツではある。

毎年のことだが、おそらく肝機能障害が少しと最近のメタボ診断では胴囲が基準以上・おまけに体重超過!
またまた妻からは酒やめろとか、ダイエットしろといったお小言を頂戴することになるのだろう・・

だがしかし、充分な食事の出来ない貧しい国・地域があるのを知っているだけに出されたものは残すわけにはいかないのである(笑
決してムダに食い散らかしているのではなく、残飯を残さない地球エコにも貢献していることを医者にも知っていてもらいたいのである。

まぁ言い訳ばかりではあるが、検診後の昼食を何にしようかと考える自分に愕然とする・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-01 07:47 | 近況