<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

伊達直人・・FinePix S1-Pro with microNIKKOR55mmf3.4

先日より表題『伊達直人』名で養護施設などへの新入学用ランドセルを届ける行為が多発している。
言わずと知れた、養護施設出身で自身のファイトマネーを施設へ寄付するあの『タイガーマスク』を模しての事である。
これは私の子供時代のヒーローであり、当然架空の『マンガ』連載された主人公である。
実在はしない(知ってるか?)

一時この主人公にあやかって、当時人気の覆面レスラー『ミルマスカラス』の向うを張るように佐山聡がタイガーマスクをかぶって、その名もズバリ『タイガーマスク』としてリングを席巻した事もあった。
妻とこのニュースを見ていて、暗い陰惨な事件の模倣犯には困るが、こういった寄付等の模倣は良いじゃないか、と無責任な事を言っていた。
相変わらすシュールな妻はタイガーマスクを名乗らず、匿名としてもちゃんと寄付とした方が良いと言っていたが・・

今朝の新聞には一連の騒動を『タイガーマスク運動』と名付けているが、このランドセルは拾得物として半年間の保管義務があり期間経過後は県に所有権が移るのだという。
人の善意の発想から出た行為であろうが、今後は『伊達直人こと匿名』としてでも寄付する事をお薦めする。
善意は届かなければ自己満足以外の何ものでもない。
c0160387_7454079.jpg
これは昨土曜日に私の元に舞い降りた『タイガーマスク』によってもたらされたお茶うけである(笑

無理からのこじつけであるが、わがカメラクラブの先輩 PUSH-PULLさん特製『きんつばの皮なし』(本人弁)である。
氏のブログで見て、一度ご相伴に預かりたいと書き込んだら本年最初のカメラクラブ例会でお会いする時にわざわざ作ってご持参頂いたのである。
本来抹茶が合うのだろうが、無風流な私ゆえいつものコーヒーをともとした。

甘さを抑え、いくらでもいけると思ったら前述の妻に分け与えるのも忘れ、自分ですっかり食べてしまい『えっ残してくれてないの?』とうらまれたのである。
全くPUSH-PULLさんも罪作りである(笑
いやいや、ありがとうございました、本当においしゅう頂きました・・

最後に、私もタイガーマスクに習って、たいしたことは出来ないが今年も献血だけはしようと思うのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-11 08:02 | 近況

お餅・・・FinePix S1-Pro with microNIKKOR55mmf3.5

毎年のことながら正月明けはモチが豊富。
と言うか擬似実家(兄宅)で年末から正月用についたモチを頂いて帰るからである。
今年は・正確には昨年暮れの12月30日・その餅つきには息子共々馳せ参じて手伝った。
昔、田舎にいた子供の頃には、お隣のおじいちゃんとおばあちゃん宅の土間で杵と臼でモチをついていたのを思い出す。
当時は向う三軒両隣でのお付き合いも助け合いも当然で、体力の落ちたおじいちゃんやおばあちゃんに替って自分家の分とあわせて2軒分をついていたのである。
しかし、随分前からは餅つき機なる機械で、もち米を蒸すからつくまでがオートマチック!

手伝ったのはつきたてのモチを丸めるのと、これが一番重要な砂糖醤油や大根おろし・黄な粉にまぶしてつきたての餅を食べる事(笑
散々食べながらにして、後の3臼位は伸し餅にする。
今回持ち帰ったのは伸し餅が7で丸餅が3程の割合である。
c0160387_12134911.jpg
これは昨日の朝食である。
改めてレシピを書く程では無いのだが、伸し餅を水に濡らしてラップもせずにレンジで約1分
しんなり柔らかくなった餅を今度はフライパンで両面を焦がさない程度に適度に焼くのである。
後は砂糖醤油に浸して海苔を巻いて出来上がりである。

簡単で正統の餅の食べ方と言える。
いつもの焼いた荒挽きウィンナも添えれば立派な朝食となる。
おやつにしても充分にいけるので、当分ダイエットの言葉は右から左に受け流すしかないのである(笑
お餅って、何でこんなに美味いんだろうねぇ・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-10 12:24 | 近況

おみくじ・・Olympus OM-1 with G-ZUIKO Auto-S 55mmf1.2

今年の運勢や如何に・・
c0160387_751574.jpg
今年は鷹揚にして吉・健康には留意せよ・但し、待ち人来たらず・・

とまぁこんなものか?
いやこれは私の引いたおみくじの話ではない。
私の年初に思った事である。
歳をとると気は長くなると言うが、近年、歳を経るごとに気が短くなっているような気がしないでもない。
それは私だけではなく、街を歩いていても年配者のほうがぶつぶつ文句を言っている光景に出くわす事は多い。
最たる物は自転車・歩行者のすれ違いである。
後からうるさいほどにチリン・チリンと鳴らしてくるのは決まって『オジサン・オバサン』である。

対して、歩道を走る自転車に文句を言うのもやはり『オジサン・オバサン』が圧倒的に多い。
若い子はさわやかに『すみません!』
ぶつかりそうになっても先に謝るのは圧倒的に若い子が多いのである。
これは年少者(本当にそう思っているのではないだろうが・・)が故にそう接しているとは信じ難く、謙虚さがそうさせているのではないのかと思っている。
いずれにしても、今年が節目の歳でもあるし初心に返る?意味でも本年は鷹揚にして・謙虚でいたい。

次は健康あるのみで、何をするにも健康でなければ楽しめないし、力も発揮する事は適わない。
なくして解る最小にして最大のものは健康の二文字なのである。
年末からの暴飲暴食を悔い改めても少し身軽になって健康には留意したい。

最後の待ち人来たらずであるが
これは幸運の使者と言っていいのか?
昨年は宝くじも当たらなかったし、濡れ手で粟の幸運にもめぐり合わなかった。
やはりわが手で幸運は切り開く必要があるのを実感として持っているので、待ち人(いわゆる幸運の使者)は待っていたのでは来ないのである。
格好よく言えば、わが手で捕まえ・引き寄せるのみである。

以上今年の年頭所感の一端をここで勝手に表明する(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-08 08:21 | クラシックカメラ

祈願・・・Olympus OM-1 with G-ZUIKO Auto-S 55mmf1.2

ピントの合っていない写真はさっさとやり過ごす(笑

今年の年始の大阪天満宮に持ち出したのはオリンパスのOM初期最高の明るさのレンズである。
そのf値は、1.2
肉眼の明るさをを1とすると聞いた事があるから、あれ程のガラスの塊を通して肉眼で見るよりわずかに光量が落ちるのみである。しかし、一眼レフ用レンズではないがキャノンなどf0.95と言う肉眼より明るいカメラ用レンズがあるのだから驚きである。
但し、この説はあくまで聞きかじりに過ぎず、真偽の程は解らない・・

話を戻す。
そのオリンパスOMシリーズの最初期にラインアップされたこのレンズは技術的限界からか、画像安定のマージンからか、その焦点距離はこの頃通常標準レンズとされた50mmより少し長い55mmである。
当時の他社も同様にf1.4クラスでも55mm及び58mm等という焦点距離が散見される。

また、その写りはライカズミルックスの例を持ち出すまでも無く、開放では甘すぎる・盛大なフレアが出る、少し絞っても変わらない等使いこなしが難しい。もしくはレンズの評価自体が低い場合が多いのである。
それでも現代の何でもクッキリ・ハッキリ・画像流れなど破綻無く写るのが当たり前のレンズに比べれば
『個性』があるとする見方もあるのである。
c0160387_20314144.jpg
これは開放近く、いや開放かもしれない。
昨今話題のピントの来ているところ以外はまさに『とろける』ようなボケである。
私は嫌いではない。
私の肉眼では めったに見られないこんなボケが見たくて、つい明るいレンズは絞りを開ける事が多いのだ。

c0160387_20373818.jpg

ちなみにここ大阪天満宮は当然学問の神と言われる菅原道真を奉ってある。

絵馬を書く彼女の真摯な姿を今度はf5.6ほどに絞って撮ったのがこれである。
過ぎこし日々を思い出し、この彼女にも吉報が届くのを祈っている。



最後になるがこのレンズは去年の暮れ、レンズの日焼けがひどいと言うので思ったよりも安く手に入ったのである。しかしこれは日焼けではなくこのレンズに使われているガラス硝材にatomが含まれているのを知っていたのだ。
昔のレンズの味と言うのも存外こんな事も無関係ではないのであろう・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-06 21:00 | 近況

年始・・・Olympus OM-1 with G-ZUIKO Auto-S 55mmf1.2

2011年1月4日 大阪天満宮にて
c0160387_7354740.jpg
すでに父母のいる兄宅の近く北摂の神社で初詣は済ませているが、わが自宅の氏神様と言ってよい大阪天満宮に行って来た。

この日も人出でにぎわっていたが若い女性の和服姿はあまり見ない。
と思っていたら目の先にあでやかな振袖姿の女性が記念撮影をしているではないか?

気付くのが遅れたので、露出をあわせてピントを合わせるのももどかしくシャッターを切った・・
日陰であり、多分絞りは開放から一段絞ったくらいのf2.0でシャッター速度は1/60であったと思う。

さすがに開放絞り近くのためピントは浅く、ピンボケと言って過言ではない。
だがしかし、写真は撮る事が・写っている事が重要で、もし私がもう少しピントにこだわっていたならばこの写真を物には出来ていなかったのである。
シャッターチャンスと感じたらすかさず構えてシャッターを切る。

写真を撮る事だけでなく、物事チャンスと感じたらすかさず行動に移す・・
今年は春から人生の要諦を、身を持って感じさせる事ではあったのである。

追記;この写真、ピンボケと見るか?ソフトと見るかはあなた次第なのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-06 07:50 | 写真

謹賀新年・・・RICOH GR-1 with GR Lens28mmf2.8

遅ればせながら
新年明けまして おめでとうございます。

今年のご来光を一つ、お目にかけまする・・
c0160387_1624176.jpg
我、O・T・C会員仲間のjackさんの年賀にインスパイアされてのお披露目である。(話題のJAL機上から・・)

今年は卯年
卯年の株価は跳ねるの言い伝え?いや今までの卯年実績通り、今年は年初から株価上昇!!
とは言うものの各社経営トップの今年の経済活況見通しでは約70%が横ばい。
まだまだ厳しい経済環境は続くとの見通しではあるが、暗い事ばかりではない。

今朝の新聞の子供向け質問欄から

Q;日本は世界の中であまり良く思われていないの?
A;昨年英国BBCが世界33カ国・約3万人に対して行った世界各国の『好感度調査』によると、日本に対して
 53%の人が好きおよび好ましい印象を持っています。
 これはドイツについで2番目に好感度が高いのです。

Q;しかし最近の凶悪事件の多発は日本の安全神話は崩れてしまったって事?
A;これも英国にある経済平和研究所の世界平和ランキングによれば、日本は150ヵ国中ニュージーランド・
 アイスランドについで3番目にランクインしています。

それでも昔の日本はこうではなかった、これから先が不安だと暗いことを言う大人が減らないのは
なぜでしょう?
それは日本人は用心深く慎重だからで、今だって世界からは羨ましがられる国なのにこんな『駄目だ・駄目だ』って言っていると国自体が元気をなくしてしまいます。

もしこんなことを言う大人が近くにいたら大きな声で
  『私たちのためにいい国にするのが大人の責任でしょ!』と言いましょう、で結んでいる。

だから今年は地平線・水平線から上る朝日のように、吉兆の夜明けを常に意識してがんばりましょう・・
日本を誇れる良い国にするために・・

それでは今年も趣味と仕事及びブログの読者の方他私に関係する皆様には、何卒よろしくお付き合いの程お願い申し上げます。

追記:今回画像はpush-pullさん直伝のPhotoShopにより加工を施している事を告白する。ふぅ・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-04 17:01 | 近況