<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

出国・・・Nikomat-EL with Nikkor-H Auto28mmf3.5Ai改

話は一週間前にさかのぼる。
と言う事は、一週間の更新が無かった事になるが、酷暑の折 熱中症になるので自戒をしていたわけである(笑

今回所用で、というのは息子を送りに関西国際空港へ行った時の写真である。
c0160387_1043464.jpg
国際線南出発口
さすがに空港だけあってその天井は飛行機の主翼のデザインを取り入れながら耐震構造に備えているのが良くわかる。
別角度 航空会社のチャックインカウンターあたりの天井を見れば尚良くわかる。

子供の頃作ったゴム動力でプロペラを廻し飛ぶ、飛行機のおもちゃの主翼を形作る竹ひごで作ったような造形である。こんな天井を見るだけでも旅情が盛り上がるのは意識過剰かもしれないが・・

そんなことを思ったのは生活の至る所で目にするデザインと言うものに改めてふと気付いたからである。
この写真を撮ったカメラは工業デザインが生まれる少し前、機能を納めるために生まれた必然から形作られる機能優先のデザインである。
しかし、電子基板を納めるために上部が平たくなったペンタプリズム、そこにモデル名を刻印して一応の?デザインをしている社内デザイナー?の機能優先も今の目から見て侮れないのも事実である。
c0160387_1103321.jpg
そう言えば昔の機能に裏打ちされた物の形には現代のデザイナーが太刀打ちできないものがあるのも確かである。
例えば、大工道具などには優れたものが多いように思うのである。

これからのグローバルデザインと言われる機能と使い勝手の普遍的な工業デザインの統一も必要なら、個性溢れるデザインをエンジニアリングプラスティックではなく、金属で見てみたいものである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-31 11:00 | 写真

夏バテ?・・・PENTAX-ME with smc-PENTAX-M40mmf2.8

夏バテか?
このところ休みになると出かける気がおきない、すぐに寝転んでごろごろしてしまう。
食欲もおきず気分が楽しめないのだから間違いなく夏バテであろう。
c0160387_19392228.jpg
まだ7月というのにこの記録的な猛暑に晒されていれば暑がりの私にとっては修行以外の何者でもない。

ところで次の月曜日から私の息子はオーストラリアへ短期留学へ行く、と言うより行かせてくれと言うので行かせるのである。
昨年は全くの個人での短期語学留学と言う事でカナダへ行かせた。
添乗員も無くたった一人で伊丹空港から成田へ行き、乗り継ぎをしてカナダの空港でやっと現地係員と会うことができればカナダの大学の寮での留学生活スタートと言ったものであった。
最初は子供も不安であったようであるが、何より私のほうが心配であった。

カナダでは大学の寮で日本人以外のメキシコや中東など英語を母国語としない同世代の友達を沢山作ってきていたが、今回は学校からの募集によるカリキュラムとなるのでホームステイと現地学校の授業を受ける事が出来るらしい。

私の子供の頃には考えられなかった事で、昨年行かせた事で日本以外を知る事の楽しさを知った息子が行きたいと言うのは無理からぬ事ではある。
それにしては贅沢であると思うのだが、今私が行かせてやることが出来るなら行かせてやろうと言う気持ち以外の何者でもない。
きっと将来の財産としてくれると信じて・・・
そういやぁ昨年の後、英検受けてたなぁ

それにしても今、かの地は南半球のため冬であり日中の最高気温は16℃であると言う。
夏バテのこの身にすればつくづく『うらやましい』事この上ない。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-24 20:02 | 写真

夏の足音?・・・Pentax-ME with Takumar105mmf2.8

酷暑!
今日の新聞の一面見出しに酷暑の文字
昨日は7月計測史上最高の気温を計測とある。
そういえば昨日は私も外出していて、良く知る顧客の場所が一時わからなくなった事や吐き気を催す事があった。
新聞紙面で見る熱中症の初期症状に該当するのである。

私は暑がりで汗かきであるので大量の水分とミネラル(塩分)が汗とともに失われた結果であろう。
c0160387_83251.jpg
軽やかな女性の足下を彩るパンプスが奏でる足音を楽しむ余裕は無い。

まだまだ暑さこれからであろうからたびたび更新は滞るがご容赦願いたい。
こう暑くっちゃあ写真も増えなきゃ、家でPCの前に座るのも億劫になるのである(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-23 08:08 | クラシックカメラ

中望遠・・・Pentax-SV with Takumar105mmf2.8

プリセット絞り(手動絞り)の古い操作感を持つ中望遠レンズである。
その焦点距離105mmと言うのは国産一眼レフカメラメーカーが好んでラインアップに加えている事から望遠効果と取り回しのし易さで広く受け入れられ易かったのかもしれない。

古くはレンジファインダーカメラの時代から山岳用としても重宝されてきたことから良くわかる。
今回手に入れたのはそんなレンズであるが、製造年代から見ると非常に綺麗でそのコーティングは今見ても今出来のレンズと言っても充分通用しそうだ。
c0160387_81569.jpg
あわせるカメラボディは時代から見てもブラックPentax-SVが似つかわしい(笑

プリセット絞りであるから一眼レフで使用するには非常に使い勝手は悪いのだが、今となってはそれも逆に楽しいと思えるのだから趣味の世界と言うのは奥が深い(笑

ところで、望遠と言えば今回の参院選である。
何故望遠が参院選なのかは、巷で言われる消費税増税論議が今回の選挙の争点になった感があるが首相の幾分唐突とも取れる消費税論議をマスコミがことさらに取り上げた・つまり望遠効果であるその部分にだけ焦点を当て引き寄せる・ことと被るからである。

我が国の財政再建には痛みも伴わなければならず、誰しも嫌な増税を持ち出されれば人心も離れる事は充分に考えられる。
そういったことを後先考えず、嫌な部分だけ・一般大衆の興味があると思われるつまり視聴率に繋がる所だけ・にフォーカスして報道するマスコミに踊らされた感慨を持つのは私の偏見であろうか?

使い勝手は悪くとも、使いようによっては絶大な効果を発揮する中望遠レンズとマスコミを一緒に論じる愚は知っているつもりなのであるのだが・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-14 08:11 | クラシックカメラ

シンメトリー・・・Lordomat with Lordon5cmf2.8

もう一つのウェッツラーとして知られる?カメラメーカーである。
それはかのライカカメラのメーカーであるライツ社が有ったドイツウェッツラーにこのカメラメーカーがあったからである。
そのもう一つのウェッツラーがこのLORDOMATを作ったLEIDOLFである。

さすがにカメラのつくりは非常にしっかりしており、そのシンメトリーなカメラデザインはとても端整である。
c0160387_8515783.jpg
このフォルムで距離計連動であり、レンズ交換式である。

私の持っているものはこのf2.8の普及タイプのレンズがついているが、f1.9の高速レンズに35mm・90mmの交換レンズが存在する。
ただしめったに見ないのだが・・

だがこの普及タイプのf2.8の標準レンズが良く写る。
c0160387_854235.jpg
性能を欲張っていないせいか極めてシャープで破綻が無い。
侮れないのである。

ところでシンメトリーと言えば、今日は2大政党制への端緒となる昨年9月の政権交代後初の国政により審判を受ける参院選挙である。

私はイタリア在住・塩野七生氏の『民主党の圧勝を望む』意見に賛同する。
それも氏と同様民主党政権に期待をしてのことではなく、先進国である我国の政情不安を思わせる頻繁なる宰相交代を『せめて3年は安定してもらいたい』がためであるとの意見に激しく賛同するのである。

そろそろ私も投票にいかねばならず、話途中であるが詳しい意見開帳は今晩大勢の判明を待って述懐の形で行いたい。

別用でもう出なければ間に合わ無くなるのである・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-11 09:01 | クラシックカメラ

暑い!・・・携帯カメラ

梅雨はまだ明けたわけではない。
一昨日の夜にここ大阪でも強い雨が降ったおかげで昨日の朝は少し過ごし易いと感じたが、日中は高い湿度と日差しで厳しい暑さとなったのである。
そう言えば、今朝のニュースでも世界各地において偏西風がもたらす熱波のおかげで記録的な気温の上昇をもたらしていると言っている。

果たしてこれは地球温暖化がもたらす気候の異常なのか?
はたまた私の年齢から来るこらえ性の無さが感じさせる異常気象か?

数字だけから見ると地球温暖化は疑う余地が無い。
こらえ性も無くなって来ているからこれも相乗効果で気象変化に敏感である。
c0160387_7344355.jpg
たまらず飛び込んだcafeの壁を彩るイラストである。

ところで、今週末には懸念の参院選の投票日である。
少し前、梅田ヨドバシ付近で街宣車から聞こえたウグイス嬢の呼び込み?には??
曰く『〇時〇分より、岡部まりの街頭演説が開演します。お急ぎの所少しお時間をいただけますようお願いします。』
まさに開演であるって、出し物か?
あわてて言い直していたが、いわゆる色物なんだなぁと感じた次第。

また、所変われば大阪市役所付近
『本日は、あの佐藤ゆかりが来阪しております。皆様お立ち止まりのほどお願いします。』
誰も見たくはない・・(笑

どことも選挙となると知名度頼みとなるのは仕方が無いが、肝心のこの国の行く末が見えない。
それにもまして最近の一般新聞紙上では、緊急世論調査と称して消費税増税を争点としての各政党支持率・政権の支持・不支持とかしましい。
思うにこれら統計資料を選挙期間中に頻繁に掲載する事は、大衆迎合しやすい日本国民に対しては世論誘導となりはしないか?

選挙前から現政権を批判の対象としてそのマスメディアとしての立ち位置をあたかも一般大衆側であると主張し、国民の支持というバックボーンを得たがる最近の新聞・テレビなどのマスコミにはうんざりする。
そう言う端から今テレビの中から社民の福島・公明の山口の声が聞こえてきた。
さすがに放映の公平性には気を使っているのであろう。

いずれにしても私が選挙権を行使する事に疑いは無い(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-09 08:02 | 写真

hana/hana・・・minoltaDimage-Xt

通勤途中で見かけた紫色の花。
c0160387_803298.jpg
いつものことながら何の花かは判らない。

この蒸し暑い中でも花はこうも咲き誇る。
汗みどろになってしぼむ身体にビールで水分補給のつもりが、アルコールの脱水症状では何をしているんだか・・
夏は暑くて当たり前。

それにしても涼を求めてもこのアスファルトとコンクリートジャングルでは、風情も何もあったものじゃない。
やはりここは梅田北ヤードの緑地化は必要である。
身近の賛同者は多いのだが、とても実現しそうも無いのが残念でならない。

今週も暑そうだけれども鞭打ちガンバルしかないね・・?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-05 08:09 | 写真

この坂を下ると・・・minoltaDimage-Xt

今週水曜日の早帰りの日
家路をたどる目の前に青空と印象的な雲を見たのである。
咄嗟にカバンからコンパクトデジカメを取り出したのだけれども、いつもの如くバッテリーは瀕死の状態。
それでも数枚撮ったのがこれである。
c0160387_7565578.jpg
空の高輝度を拾って少しアンダーではあるが、それが逆に良い。

目の高さから斜め上方にカメラを向けたおかげでここはあたかも坂の上から撮っている様に写っている。
そういえばこのレンズの先には自宅マンション群とそのさらに先にはいつもの大川が控えているわけだが、視線がぼやけてなんだか海へと続く坂道と錯覚する絵となったのである。
そう思ったのは私だけかもしれないが、子供の頃連れられていった日本海は網野海岸や久美浜海岸を思い出したのである。

もうすぐ夏休み
今年の夏はどんな夏になるのやら、暑いだけの夏で終らないようにはしたいものである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-02 08:05 | 写真

国際的・・・携帯カメラ

昨日行った大阪国際会議場
通称『グランキューブ大阪』
その2階Cafeキューブの出っ張りを横から撮ってみた。
2階ロビーから多角形(円形)の出っ張りにそのCafeはある。
中を見ると外側は総ガラス張りでそれほど珍しいとは思えないのだが、外から見るとこれはデザインなのだろうか?
構造上の強度を補う目的とはとても思えない鋼鉄のワイアー(?)が張られている。
c0160387_7511780.jpg
この1階は脇に円形競技場のスタンドを模したようなあくまで休憩目的の半円の座席があったり、この写真を見てお分かりのように空間を贅沢に使用している。さすが国際会議場!

しかしここが国際会議場であると認識するのはビル内の掲示板とEVに乗った時のアナウンスくらいである。
案内掲示板には『conference room1~10』
EVでは『next second floor』とのアナウンスがあり、私のヒアリングを試してくる(笑
そういえば同時通訳控え室なんてのもあったなぁ

小学生の時に行った京都国際会議場とはちょっと違った感慨を持ったのであるが、是非ここで地球温暖化対策会議なんてのも開いて欲しいものである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-07-01 08:06 | 写真