<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

当局の都合・・・minoltaDimageXt

先日伏見の月桂冠記念館へ行った時の事
様々な酒作りの歴史と当時の道具類などの展示の中にこんなポスターが飾ってあった。
c0160387_86881.jpg
まさに作成はしたものの当局の都合により世に出回らなかった幻のポスターである。
良く似たセミヌードの女性を使った赤玉ポートワインのポスターは世に出たようだが、このポスターのキャンプションにあるように文字通り『幻のポスター』であったようである。

絶対に防腐剤を含まず・・
今の目から見るとなんて事のないものであるが、当時の官憲は風紀を乱すを御旗の錦に堂々と検閲・指導?していたのだから、今の世を見るとあらゆるものが規制の対象になってしまうでしょうなぁ
そう、ちょうど北の独裁国家のように・・

そう考えると、色々不満はあれどこの現代に感謝しなければならないのかもしれません。
とにかく今日は月曜
そろそろ会社に行くとしましょうか・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-31 08:15 | 写真

関バル2周年撮影ツアー・・・・Rollei35S with Rollei-Sonnar40mm f2.8

速報・速報
今日は当該 関バル&ハーフ同盟2周年記念撮影ツアーである。
kenclipさん DaYeさん mimoさん 督助さん m-hashさん そして私yasuの一向6名は梅田
BigMan前に集合して一路、中之島公会堂へ向かいながら思い思いに撮影である。
今回お題は、Rollei35を改めて使用しようではないかとの事。

いつものように集合して早速喫茶ミーティング(とは言っても撮影が主目的ですから・ろばーとさん(笑)
今日は中之島公会堂のB1レストランでオムライスを食べることも目的であり、その後の行動を私
yasuからご提案。
その内容は、新しい京阪中之島線・なにわ橋から中書島へ・・

昨今流行の龍馬ゆかりの尋ね歩きをしようというもの
みなの賛同を得て行き先決定・・

で・・
c0160387_2141068.jpg
新しい阪急ビルオフィスタワーの80人乗り!!エレベーターに乗って上階を見学後
c0160387_21422471.jpg
お目当てのオムライスを・・

その後京阪電車で中書島へ
龍馬ゆかりのtora田屋(もとい、寺田屋(笑)を回り、月桂冠記念館やら菊正宗は灘なので黄桜展示館を回って十石舟船着場等を見学して久しぶりのRollei35での撮影も満喫して帰宅への車上の人となったのである。
詳しい映像は、アナログフィルムの現像をお待ち願いたい、次回現像上がっての再度報告といたす・・

さて次はいよいよワイドレンズ固定装着カメラによる撮影と相成りますとさ・・
注:ワイドは35mm以下・ズームは除外と言ってみる
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-29 21:49 | 写真

八百八分の一・・・携帯カメラ

おほえはし
c0160387_7513555.jpg
大阪梅田を基点とした御堂筋
その御堂筋を難波方面に下って一つ目の橋が『おほえはし(大江橋)』である。

旧淀川である堂島川にかかっている。
調べると江戸元禄年間に架けられているが火事で消失、現在の橋は御堂筋拡幅工事の一環で1935年に完成している。
デザインは公募され、コンクリート製のアーチ橋で一本南の淀屋橋と伴に国の重要文化財となっている。

何でも巴里のセーヌ川の景観を参考にしたとか・・
まぁ重厚な佇まいは大阪表玄関の御堂筋を飾る橋としては、続く大阪市役所・日銀大阪支店の威容を迎えるにふさわしくも感じるのである。

ところで今回のお題は、私のカメラクラブの先輩のブログで非定期に連載されている御代を頂戴した。
本家ではすでに登場済の橋であり新味は無いのだが、遠くに見えるミズノの本社ビル屋上のランバートの看板隣に当社の看板があったのではなかったか?
ふと見ていて気になったのである。
別の場所だったか?
もし経費削減で撤去の憂き目にあっているとしたら、こりゃ深刻です・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-28 08:12 | 写真

今は昔・・・FinePixS1-Pro with microNIKKOR55mmf3.5

先日あった高校卒業後30年記念同窓会からいまだに続く懐かしさと共に、思い起こしの旅のことを私の友人のブログで『同窓会熱』と書いているのを見た。
まさに熱であると同感の想いである。
そして・・
c0160387_7455396.jpg
今は懐かしいクラブハウスと言うよりも部室と言った方がしっくり来る。

当然これは私の学生時代の部室ではなく今の息子の学校の部室であるが、同じような運動部の部室とは何故こうも進化していないのだろう?

今の私では中を覗くのは遠慮したい・・
なぜなら、汗臭い・整理もされず、きたない・足の踏み場にも困ると言った事が容易に想像できるからである。
それでもそこには純粋にクラブ活動に打ち込む思いも、青春真っ只中にいる悩みも苦しさも詰っている事も知っているのである。

なんかこの頃感傷的になってイカン!(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-27 07:52 | 写真

雨のち晴れ・・・FinePix-S1Pro with microNIKKOR55mmf3.5

昨日は大雨警報が出るくらいに大雨が降った。
近畿各地では土砂災害など被害が大きくとてもじゃないが恵みの雨などと悠長な事は言っていられない。
しかし、その雨も今朝になるとあがり一転明るい空を見せているのである。
そこで、ここん所7月上旬並みの気温の上昇もあったけれどようやく平年並みの気温に落ち着いているようで今日は過ごし易い。
c0160387_80079.jpg
それでも昨日から今日は雨の写真しか用意していないので、今日はこの車のサイドミラーに映る後方の車のハザードランプの写真でご勘弁願いたい。

雨と来ると『雨の日曜日』『雨のサンセット通り』『始まりはいつも雨』等々
少し物悲しいような曲のタイトルも続くが、中には『雨に歌えば』のような軽くステップを踏むような曲もあり、我々動植物には必要不可欠の恵みの雨であってもらいたい。
今年の夏は雨乞いをしなくても良いくらいの雨が必要な所に必要な時に必要なだけ降って欲しいが、自然とは誠に思うようにはならないのである。

ところで、気温・湿度測定の今は懐かしい『百葉箱』の扉は必ず北向きに開くって知ってました?

注:今日は朝から何も考えがまとまらない。
  まったく面白くも無い文章しか思いつかないけれど、ここまで書いたからとりあえずアップだけ
  します。残念!!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-25 08:13 | 写真

雨・雨・雨・・・・FinePix-S1Pro with microNIKKOR55mmf3.5

昨日からまたまた雨模様・・
まだ少し早いと思うのに梅雨の先走りの雨模様
今年はなんだか雨が多いと思うのは私だけじゃあるまい
c0160387_7511143.jpg
少し前から雨の日に使用するカメラ・総称して『雨カメラ』をどうするか?
色々考えてたのだけれど、こうして車のフロントウィンドウ越しに撮る分にはどんなカメラでも問題は無い。

今回はデジタル一眼レフカメラにマニュアルレンズをチョイス
といってもこのカメラはAFとAEは使えないし、私はAFレンズは持ってない。
つまりいつもの組み合わせって言う事ね!

フロントウィンドウの水滴にピントを合わせて、歩道を歩く女性の傘をさした姿をぼかしてみたけど少し絞りを開けすぎて白い傘が傘らしく見えてない。
失敗!
撮った後も液晶画面で確認する事も無いのでこんな事が良く起こる、ディスプレイで見るまで気が付かない。なかなかフィルムカメラの現像待ちに近い感覚で私は気に入っているのだが、と言ってシャッターチャンスは一度きりだから精進が必要です・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-24 08:01 | 写真

夕暮れ・・・minoltaDimage-Xt

ある日の夕暮れである。
ここは大阪天満橋のOAPを東の桜ノ宮駅へ向かう源八橋から、大阪城・OBPを望んだ様子である。
c0160387_10542532.jpg
仕事帰りの、大方OAPのOAPタワーで働いていたであろうビジネスマンが駅へ向かっているのだろう。

ビジネスウーマンが見えないのは、少し時間が定時を1時間以上過ぎているからかもしれない。
また、ひょっとするとOAP近くで軽く一杯の後かも知れないが、足取りは確かで残業だったのかもしれない。
現在の景気低迷に対する企業自衛の観点から、何処の企業も残業代抑制で早帰り奨励しているとは言うものの・・

しかしこの時間に私がここまで出向いて写真を撮っていると言うのも早帰りの賜物だったりするのだが・・
何かけだるい空の調子に一杯飲みに行きたくなってきた(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-23 11:05 | 写真

ライブ!・・・minolta Dimage-Xt

昨晩、私が高校生の時の友人のライブを聴きに行ってきた。
先にあった同窓会後に同窓会実行委員が開設している我々32期生同窓会ブログで交流をすると、近くに居る事が判り以後もnetを通じて交流をしていたのだ。
その中で彼は高校生の時からギター片手に自作の曲を作り、今も大阪・京都などのライブハウスに出ていると聞いたのである。
c0160387_7593665.jpg
彼の名は『くらとわら』(芸名?・ハンドルネーム)
改めて見る彼は、白髪でありご多分に漏れずメタボ(失礼!)体型

しかしそのギターの腕前も絶賛と言うにはおよそ遠いが、歌声と相まってなかなか良いのである。
私も高校生の時には友人の要らなくなったギターを格安で譲ってもらい、自分で色を塗ってリメイクしてひいていた事があるが、当時はがなる様に歌っていたのを記憶している。

そんな高校生時代に彼が作った曲『雨のアルペジオ』『から松の詩によせて』等 とてもじゃないが私の高校生の時とは比べ物にならない。
今この歳になって聴かされて、お腹の中が熱くなると言えば良いのか胸に暖かいものが流れるように感じたのである。

今回私にとって初めてのライブハウス体験ではあったが、彼を含めた出演者の演奏を雰囲気も含め充分に楽しめたのである。
未経験の方には一度ライブハウス体験をお薦めする。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-22 08:31 | 近況

アクセサリ・・・Rollei35S with Rollei-Sonnar40mmf2.8

先日アップしたRollei35Sである。
このカメラを購入した時には、その元箱以外に純正アクセサリーのストロボも付属していたのである。
c0160387_841647.jpg
正式型式名は128BC型ストロボ

こうしてオリジナルRollei35のボディ下にあるアクセサリシューに付けるとほぼ倍の大きさになる(笑
これじゃコンパクトボディの意味が無い!

しかしこのストロボ、当時としては最新の外光オート機能を備えているので、いざと言う時のためには意外と重宝すると思われるのである。
もう少し小型の121BCというのもあるが、大きさはガイドナンバーによるものと思われこの128BCはおそらくガイドナンバー22くらいであろう。
ガイドナンバーに馴染みのない方のために言っておくと、この数字が大きくなればなるほどストロボの最大発光光量が大きくなり遠くまで光が届いたり、より絞りを絞って撮影する事が可能となるのである。

もっとも私はアベイラブルフォト専門でストロボはめったに使用しない事をご報告しておく。
注:アベイラブルフォトとは
  自然の光のみで写真を撮る事を言う
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-21 08:15 | クラシックカメラ

この花は?・・・CanonFT with FL50mmf1.8

話は少しさかのぼる
堺ゲコ亭ツアーの時に使用した期限切れ20年物のカラーネガフィルム
DPEショップのご助力でなんとか色出しには成功している、ただしマゼンダ被りが甚だしいが・・
c0160387_7304183.jpg
ザビエル公園で見た見慣れぬ花である。

私は絵画や写真・書道を見るのは好きだが花になるとトンと不調法である。
サクラそれもソメイヨシノについてはその群生のサクラの木一本が満開に近い花を付ける姿には心が動かされはするのだが、野に咲く草花と言うのには小学生時分にその花の蜜に群がるミツバチを取ったりしていたマーガレット・タンポポくらいが関の山。

まして植物図鑑には慣れ親しんでいないので一向に花の名前を覚えられないのである。
まぁいわゆる不器用な男ですから、女性に対しても気の効いた花言葉の一つも言えないのだから仕方が無い。

最後になったが、関バルの仲間で久しぶりの撮影と思っているが、賛同の出足があまり思わしくなくちょっとあせっているのである・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-20 07:55 | 写真