<   2010年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Coke・・・FInePixS1Pro with microNIKKOR55mmf3.5

皆さんよく知っているコカコーラ
略称をCokeと言う。
しかし、このコカコーラとは一体何を成分として、どうやって製造されているのか知っている方はどれほどいるのか?
皆さん知ってます?
c0160387_7411786.jpg
ちょっと珍しい、赤いカップではないコーラの紙コップ

現在日本においてのコカコーラ販売は、日本コカコーラボトリングによって製造供給されていると思われるが、本当はアメリカのザ・コカコーラカンパニー社からその原液が世界各地のボトリング会社へ供給され、薄めて瓶詰めをして販売されているのである。
だから会社名も瓶詰めを意味する〇〇ボトリングと言うのである。
また、その唯一にして最も重要なフレーバーに関してはアメリカ ザ・コカコーラカンパニーにしてもトップシークレットで最高幹部以外はその成分を知らされていないらしいのだ。

ではその成分の主たるものは何か?
その製品名が示すようにコカ・幻覚作用を引き起こす麻薬原料として名高いが、もちろんコーラの原料とするのは脱コカイン処理がされている。
さらに、コーラ・ナッツから抽出したエキスを加えているとの事であるが、現在は他の香辛料で代用しているのが本当のようである。

我々より上の世代ではこのコカコーラを通してアメリカを知り、アメリカに憧れた方が多くいたと思うが今やそれも昔である。
それほどコカコーラに代表されるコーラ飲料が世界に根付いたと言う事だろう。

私としては、ドクターペッパーを飲んだ時の方が衝撃としては大きかったのだが・・
こちらはその衝撃ゆえ根付かなかったのかもしれない。
今も売っているのだろうか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-20 08:08 | 写真

かに爪・・・NIKON-F with NIKKOR-S AUTO 50mmf1.4

NIKONのアナログ一眼レフの標準レンズとして代表的なレンズといって良い。
NIKKOR-S AUTO50mmf1.4
NIKON-Fの標準レンズとしてはその前のレンジファインダーNIKON時代の、ニッコール-S 50mmf2.0を一眼レフの長いフランジバック対応に手直しした銘玉もある。

しかし、より明るいレンズの要請とピント精度の高さから、一眼レフ用標準レンズとして
f1.4のレンズは標準レンズの高級ラインとしてf2.0もしくはf1.8と併売されていたのは我々('40から'80年生まれ)にとっては周知の事実。

現代はズームレンズ主流でもあり、尚且つデジタルカメラであってすればカメラ・写真趣味の者でもない限り単焦点の明るい標準レンズの万能性・有用性には興味が無い。
けれでも、写真を学ぶ・うなくなりたいなら50mmあたりの単焦点レンズは今もって重要であると思うのだ。
c0160387_8195218.jpg
これは初期のニッコール50mmf1.4の、言わずと知れたカニ爪である。

カメラ内臓露出計連動のための機能から生まれた時代を象徴する装置である。
この爪のおかげで、長くNIKONではカメラ・ボディを選ばず露出計連動の機能を享受できたのは論を待たない。
その中でこのかに爪の形状が鋭い三角の形をしたものは、初期の証だと思うのだが確証はない。
しかし、後年の丸みを帯びたかに爪よりも、鋭角の三角プリズムの形状を持つFには最もふさわしいと思うのは私だけではあるまい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-19 08:27 | クラシックカメラ

粘り・・・KOWA KalloWide with ProminarF.C 35mmf2.8

先週手に入れたばかりのカロワイドとそれで撮った写真はすでに紹介済だ。
純正のフードとファインダーを装着して、勇躍撮影に赴いたまでは良かったがカメラにばかり気が行ってろくな写真が無かったのである。
おまけにフィルムは全てオーバー露光・・
ネガフィルムなのでオーバー目は良いが、ポジフィルムでは少し脳内補正が必要なぐらいに考えていたのだが・・

昨日 ろくな写真しかなかった事のリベンジに再度持ち出そうとした時である。
ここのところの冷え込みに低速シャッターが開かないことに気が付いた。
よく見りゃ高速でも少し遅いかもしれない。道理でオーバー露光になるはずである。
c0160387_7415248.jpg
どうしたものか?
おそらくレンズシャッターでよくある、オイル固着か粘度が上がってのシャッター不良。
自分でばらそうかと思ったが、ここは購入した鈴木特殊カメラさんへ持参の方が賢明と考え直し持ち込んだ。
さすれば社長から『見ときます。出来たら連絡するので・・』とあっけない。しかも保証修理だとの事。
安くしてもらっておきながら何か申し訳ないくらいであるが、お願いしたのである。

やはりちゃんとした中古カメラは信頼できるお店で購入する方が、後々のことを考えると断然お徳で安心!と感じ入ったのである。
とはいえジャンクカメラ漁りはやめられぬのだが・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-18 07:58 | クラシックカメラ

政変・・・minoltaDimage Xi

昨日は一日冷たい雨模様の生憎の天気であった。
サクラが咲いても一向に春の穏やかな気候とはならぬところにここ数年の経済を含む冷え込みを実感するこの頃である。
c0160387_8301825.jpg
タイトルの政変とは日本ではなく、近隣タイの政変である。
タイにおける政変・クーデターは毎度の事ながら今回日本人カメラマンが犠牲になっている。

近代民主主義国家は、施政者を我々有権者つまり大衆が選挙によって選ぶ事から始まるが、それ以外の武力・デモなどで政権転覆を図るのがクーデターである。
今回タイの政変はタクシン政権前の著しい経済発展によって生じた民間格差を、低所得者層よりに解消を目指すとしたタクシン政権を軍部・官僚・富裕層の反発によって引き起こされたとするのが大方の見方である。

そうなるとこの対立はそうそう簡単に治まりそうにないのではないか?
タイには日本人観光客も大挙として出かけるプーケット等もあり、微笑みの国と言うキャッチコピーに苦笑するしかないのが皮肉である。

久しぶりに使用したコンパクトデジタルカメラで撮った西の空が、あたかもクーデター前夜の様相を呈してこんな事を考えてしまった・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-17 09:00 | 写真

42年・・・NIKONサロン

昨日から我カメラクラブの先輩の写真展が大阪NIKONサロンbisで始まった。
その写真展の題名は『42枚の年賀状』

そのオープニングとパーティに参加させてもらったのだが、非常に面白く42年の歳月を一枚の写真年賀状が余すところ無く伝えてくるのを感じた次第である。
新婚間もない若い二人から始まって、お腹に長男を宿した奥さん・翌年はその子の名前が入った年賀状である。
そういって子供の姿が増えていくだけかと思いきや、身内の不幸で故人の遺影と伴の喪中欠礼の写真など・・
c0160387_87552.jpg
私がその作者の人となりを知っているから面白いわけじゃなく、純粋にこの作者のストーリーが見事に描かれており機会があれば皆さんも会場に足を運ばれる事をお薦めします。

また、奥さんをはじめ1男2女の家族の皆さんも楽しく朗らかで家族のあるべき姿を見た気がしたのである。
ちなみに皆さん別の家庭をお持ちになり、作者の白髭さんはお孫さんも増えまだまだこれからと意気盛んである事を記す・・

追記:ポスターは無断転載です。お許し下さい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-16 08:14 | 近況

カットアウト・・・minoltaDimageXt

随分前で恐縮である。
3月の連休に東京から友人が来阪。
近畿に分布して存在する我等カメラ・写真仲間と連れ立って平城遷都1300年でにぎわう奈良へ出かけたのである。
東京の友人の方が良く訪れているようで、彼に案内してもらうような場面が多数あったのは汗顔の至りであった。
c0160387_865349.jpg
よいしょする訳ではないが、美男美女の良いカップルである。
今回顔出しの許可はもらっているが、少しくフォトショップでいたずらをしてみた。

これはアーティスティックフィルタのカットアウトを使用している。
彼女が正面を向いて、彼が背中を見せているがそれだけではなく横顔を見せてくれた瞬間である。
オリジナル画像から上を少し切り詰めて、バックの石灯篭のダークな色調に埋没しそうな彼の皮ジャンがこれで浮き上がってきた。

このように手を加えてはいるのだが、このポージングはお願いしたものでもなくいわゆる一つの決定的瞬間だったのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-15 08:14 | 写真

春うらら・・・KOWA KalloWide with ProminarF.C35mmf2.8

は~るの うら~ら~の~♪
この日はそれほどうららかな日というほどではなかったが、サクラを愛でる今年最後の休日と言っても過言は無く、たくさんの人が我大川沿いのサクラ並木に繰り出していたのである。
c0160387_759020.jpg
若い二人は何処にいても楽しいだろうに、寝転んでサクラを見ることと言葉少ない彼氏の返事でも充分なのであろう。こういったシチュエーションを見る限り『春うらら』

この日はシャッターを押す事が目的で、レンズの先の対象に素直に興味と言うか面白みを認めなかったのも事実である。
c0160387_864279.jpg
唯一不思議な写りのサクラ風景。

まだまだ修行が足りません・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-14 08:08 | 写真

春爛漫・・・KOWA KalloWide with ProminarF.C35mmf2.8

昨日は少なからず感激した。
表題カメラで昨日曜日に大川沿いのサクラを撮影したフィルムを会社の昼休みに現像に出しに行った時の事だ。
ここのラボに現像に出すのは随分久しぶりである。
現在は名古屋のプリントショップに出す事が多く、その前は会社からは少し離れているが大阪天満宮近くのDPEに出す事が多かった、だから1年いや2年以上出していないかもしれない。

しかし訪れると『安〇さん、久しぶりです。これはスクウェアですか?』と声をかけられた。
なんと、覚えていてくれたのである。
よほど前に出したタクソナの35mmスクウェア画面が珍しかったのだろう。
『エッ私の事わかる?』『そりゃあわかりますよ!』これは贔屓にせずばいられないだろう(笑

ところで肝心のカロワイドの写真である。
c0160387_893917.jpg
陽気の中大川で水上スキーまで楽しんでいるが、良く写るのは間違いない。
c0160387_8115937.jpg
少し見難い距離計でじっくりピントを合わせて撮ったが、驚くなかれRFカメラとしては破格の近接50cmまで距離計連動である。

それにしてもカメラの操作にばかり気が取られ、ろくな写真が無かったのはがっかりでこれじゃしばらくフィルムを入れずに空シャッタを切っている方が良いと思った次第である(涙
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-13 08:16 | 写真

撮影・・・KOWA KalloWide with ProminarF.C35mmf2.8

私の思いが通じたか昨日雨の予報が今日にずれ込み、日曜日に表題のカロワイドで写真を撮りに行く事が出来たのである。
c0160387_7524544.jpg

今年はサクラの咲く時期になってもあまりワクワクせず、遅ればせながら大川沿いのもうすでに散り初めしサクラを撮影しようと勇躍出かけたのであるが・・c0160387_7533778.jpg
失敗した!
いや何、フィルム装填を失敗したのでも人を撮ってもめたのでもない。
ワイドカメラであるのでスナップ向き、と言う事はカメラを顔の高さに持っていったらすぐさまシャッターをレリースするのがその撮影スタイル
過去持参のワイドカメラを持って出たときにはそうしていたはずだが・・

なまじこのカメラには距離計が入っている。
それも二重像の分離がはっきりしていない(涙
そうなるとピント合わせに気持ちが向いてしっかりピントを合わせようとしてしまったのである。
つまり基本的なこの手のワイドカメラの使い方をうっかり忘れてシャッターチャンスを逃す事のなんと多かった事か!

改めてよく見りゃ、距離表示の5mが赤字で・絞りもf8が赤字になっている。
これに合わせると、2.5mから無限遠までにほぼピントが合う。
これでスナップに会わせた速写ができるのであった。

後半はそれに気付いて撮ってはいるが、前半のじっくりピントを合わせた写真もあわせ次回見ていただければ幸いである。

2枚目写真で楕円のフードが見ていただけるだろうか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-12 08:08 | クラシックカメラ

RereItem(レアアイテム)・・・KOWA KALLOWIDE with Prominar F.C35mmf2.8

1956年発売と言うからすでに半世紀を越える年月を経たカメラである。
今回取り上げたコーワのカロワイドは、オリンパスワイドに代表される当時広角レンズとして通用した35mmレンズ固定装着のレンジファインダーカメラである。
あまりにも有名であるが、このカメラのコーワはあのコルゲンコーワのコーワであり、現在も同社光学事業部において製造販売されている光学望遠スコープのプロミナーは高い評価を得ている。

現在はカメラ事業から撤退はしているが、半世紀前頃はカロ35・カロシックスにカロフレックス他35mmから120ブローニー一眼レフ・二眼レフなどを製造販売していたのだ。
その中で知る人ぞ知るでもあり、ワイド固定カメラとしても・プロミナーレンズの評価も高い今回のカロワイドは他の35mm固定カメラよりも人気・希少性がある。
c0160387_82061.jpg
しかし何より見ていただきたいのは、カメラ本体は言うに及ばず純正のコンツールファインダーと純正の楕円フードである。

私もいつかはカロワイドを手に入れてと思っていたので、縁ある時にこれも希少性が高いカロのコンツールファインダーだけは持っていたのだが昨日衝撃の遭遇を果たし、激レアの純正楕円フードと共に私の手に落ちたのである。

昨晩からこのカメラを手にするたび、これで『早く写真を撮りてぇ~』

追記:関バル同盟諸君に告ぐ
   昨晩mimo氏との会話の中で、広角レンズ固定装着カメラでの撮影会開催はいかが
   か?の話題になった。
   賛否によっては計画したいと思うがご意見をお聞かせ願いたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-11 08:36 | クラシックカメラ