<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

光跡・・minolta Dimage-Xt

光の軌跡を光跡と言う。
少し混んだ高速道路をぼんやり見ていると、肉眼でもヘッドライトの光が繋がった帯のように見えるのがそうだ。
先日、どの番組かは忘れたがこの光跡を利用して空間に絵や文字を書く作品を見た。

もっともこれは肉眼での確認は出来ないので、カメラのスローシャッターもしくは長時間露光と言う機能を使用してカメラの前で色んな光源を使用してフィルムや記憶メディアに表現していたのである。
他にも連続写真を撮る要領で1コマ1コマ少しづつ位置をずらして撮影し、パラパラ漫画の要領で動画的に見せる擬似アニメーションなどもある。
c0160387_8171397.jpg
夜の帳に浮かぶ光のオブジェ

この写真を撮るためにどうするか?種明かしをすると・・
私の使用しているデジタルカメラは所謂ビギナー向けデジタルコンパクトカメラであり、露出補正の設定以外は絞りもシャッタースピードも任意に設定する事は出来ない。
要するに光が足りないところでは光を多く取り込むために必然的にスローシャッターとなる。
このオート一辺倒の機能を使って、点光源に向けカメラを動かしながらシャッターを切れば誰でも撮れる。

ただし、闇雲に動かして撮れば良いのかというとそうではなく、カメラ固定で撮り手が動くなど工夫が必要なのは言うまでもない。
興味のある方は一度チャレンジしてみると、自分の意図したものとはぜんぜん違った絵が撮れて面白いかもしれない。
是非お試しを・・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-14 08:37 | 写真

接吻・・・minolta Dimage-Xt

暑い法要
私のPCの日本語入力メソッドで『アツイホウヨウ』と入力すると上記となる。
これじゃまったく真夏の法事である。
本来言いたいのは、『熱い抱擁』であったのであるが出鼻をくじかれた格好である。

気を取り直し
熱い抱擁と来れば、情熱的なキスである。
c0160387_8142782.jpg
会社のビルの荷役用エレベーターホールで見つけた、情熱的なキスマーク。
オフィスラブじゃないか?!(笑

このリノリューム製タイルを溶かす程の情熱的なキスマークを見つけた時は、『カメラ・カメラ・・』とメガネを探す横山やすし状態になったのである。
しかし、そうそう自分の職場でカメラを携帯している訳もなく、携帯電話カメラと思ってみたがうまくない。
だから後日、早出をする機会に撮影と相成った。
早出でこっそりなんてのもオフィスラブ的でふさわしい。

しかし、私はオフィスラブと言われるような経験はなく、妻とも社内結婚ではない。
どちらかと言えば若い頃は社内恋愛否定派であった。
なぜなら、彼・彼女を見つけるのに同じ社内と言うのはあまりに安直ではないかと思っていたのである。
少なからず男女の出会いはもっとロマンティックであるべきだと考えていたのである。
それにおそらく人生においてその半分以上を過ごす会社の事を必要以上に知っていると、夫婦の会話に社内の事・社内の人間関係が出てくることに嫌悪を持っていたからに他ならない。

だが、今は違う。
男女の出会いは本当に偶然で、人生の伴侶・恋人・パートナーに出会うのにタブーはない。
たまたまなのである。
たまたま社内で知り合った、たまたま道ですれ違った、たまたま出会い系で知り合った(これは問題かもしれないが・・)
同じくたまたま見つけた小さな事象から物事を意図しない角度で見て、想像を飛躍させると面白い。

私のほかに社内でこのキスマークに気付き、同じようにキスマークと思っているものは誰か居るのだろうか?
ハハ、それはお前の欲求不満の想像力がたくましすぎ・・の声が聞こえる。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-13 08:56 | 写真

温泉・・・minolta Dimage-Xt

先日会社で営業コンテストがあり、三朝温泉に当確ではあったが私は所用により参加は適わなかったのである。
何でもカニのフルコース、いや食べ放題などがあったらしいのだが・・残念なり。

だからと言うのではないが、本日祝日に温泉に行って来た。
と言っても有馬だとか城之崎などに行ったのではない、もちろん三朝では決してない。
c0160387_21375096.jpg
早い話が自宅近くにあるスーパー銭湯に行ったのである。

源泉温度は35.4度と少し低めのため加温はしているが、一部はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉の源泉成分そのままとし他は除鉄、除マンガンでの透明な湯をろ過除菌しているとの事である。

大浴場に露天風呂、壺湯や季節の湯として今日は祝い酒風呂なるものがあった。
普段はそれほどの長湯ではないが、今日はスチームサウナにも入ってたっぷり1時間以上を浴場で過ごしたのである。

今日はわずかの浄財で気分も身体もリフレッシュして良い休日になったと自画自賛である。
スーパー銭湯流行りを聞いてはいたが、遠くまで行く事無しに味わえる至福の時に納得した。

蛇足までに自宅からは徒歩もしくは自転車で行け、入湯料は普通の銭湯の倍もしないのは驚きである。
今回始めて行ったが今まで行かず嫌いは迂闊であった。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-11 21:34 | 近況

秘密工場?・・・minolta Dimage-Xt

場所は住之江区 大正区から大運橋を渡りきり住之江区に入った所の準工業地帯。
目当ての企業を探している時に、ふと目を上げて見つけた物である。
c0160387_2218431.jpg
これだけ見れば『おっNASAの新型ロケットか?はたまた過激派?テロ?の秘密工場か?』

目を下げてみると私には馴染みの深い、木工場
私の父親は指物大工であり、私の知る父親は木工場で作り付けの家具や所謂建物の内装装具を作成していたのである。
本来指物大工とは、指物つまり日本家屋に不可欠の和箪笥他家具(指物)一般を作る大工であるが、その技巧としては本来釘を一本も使わずに板材を指し合わせて組み立てる職人の事である。

故に高い技術を要求される。
だから不器用な私は父の後を継ぐのはあきらめたわけだが・・

話が脱線した。
そう、言ってみればありふれた工芸と銘打った木工場の屋根上にこの物体はあったわけなのである。

少しは覗いてみてみたのであるが木工場の作業場と、屋根上のこの物体を関連付けるものは発見できなかったのである。
だから余計に印象に残り今回撮影、ブログアップとなったのである。
誰か、何か知ってます?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-08 22:40 | 写真

夕焼け・・・minolta DimageXt

今日は夕焼け写真の話をしよう
日本連合艦隊・秋山参謀の天気晴朗にして波高しではないが、天候も良く空気が乾燥している事を条件として見事な夕焼けを見ることができる。
なるほど、夏より冬及び秋に見事な夕焼けに出会うことが多い。
c0160387_1844126.jpg
先日高石・泉大津・岸和田方面の湾岸地区に行った時に遭遇した夕焼けも、そんな条件を満たした見事な夕焼けであった。

手持ちのコンパクトデジカメであれば望遠機能も搭載しており、少しは望遠にシフトすれば見た感じを再現できるのであろうが私はこのカメラのズームを使用したことはない。

普段から単焦点カメラの使用がほとんどでズームレンズの使用に慣れていなければ、咄嗟の時には露出の過不足調整のほかには頭が回らないのである。
それでもこれほどの夕焼けが撮れているというのは私の腕が良いのだと言いたいのだが、いかに時代遅れのビギナー向けコンパクトデジタルカメラと言えどこうしてPCディスプレイで見る分には充分な絵作りをしてくれると言う事である。

要するに私の言いたい夕焼け写真の話とは?
その時期とロケーション・タイミングが合致した時にその手にカメラを持っていなければ、夕焼け写真も撮れないし、所謂これも決定的瞬間なのである。

んっそれなら海に沈む夕焼けにしろって・・・さもありなん

追記:夕焼け写真と言うよりは、夕日の写真と置き換えるほうがしっくり来る内容でした。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-07 19:18 | 写真

出処進退・・・minolta Dimage-Xt

出処進退
今朝の毎日新聞コラムによると幕末長岡藩を率いた河井継之助の言『人というものが世にあるうち、もっとも大事なのは出処進退と言う四つでございます。』
続きがあって、そのうち進むと出ずるは上の人の助けがいるが、処ると退くは人の力を借りずとも自分で出来るもの・・となる。

昨日その出処進退の処と退の二態を見ることになった。
言わずもの、朝青龍関の引退と民主党小沢幹事長の嫌疑不十分による不起訴処分である。
方や電撃に近い引退宣言。
報道によると横綱審議委員会からも引退勧告が出て、先の貴乃花による理事選騒動で揺れた日本相撲協会理事会でも史上初めての横綱解雇?引退勧告は避けられない状況での決断とある。

もう一方は巨悪に立ち向かう?東京地方検察庁が散々調べて、証拠固めが出来ずに嫌疑不十分の不起訴処分相当とした小沢一郎民主党幹事長である。
政治と金の問題は今に始まったことではないが、政治を志して私服を肥やす事はもってのほかである。
しかし、今の政治システムは大金を要する事も確かである。
清貧の志高い政治家を育成し、支援するだけの度量も裁量も持ち得ていないのが我々国民である。
時の権力中枢と対峙する事でその存在意義を高めようとする検察権力も理解できないわけではないが、高みに立って日本国の出処進退を我々共々考えないとイカンと思う。
c0160387_8223451.jpg
バネのように見える歩道橋スロープ手すり。

バネは伸びる直前が一番縮むのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-05 08:23 | 写真

水平線・・・minolta Dimage-Xt

本日午後3時過ぎ、泉北郡大阪湾側から泉州沖を望む。
c0160387_221225100.jpg
水平線で見えないが、この先に関西国際空港がある。
こうして見るとなるほど地球は丸いのだと実感する。
長く大阪に起居しているが海側に住んだ事はない。2・3度の引越しをしているがいずれも内陸部でどちらかと言えば山に近い。

私が生まれ育ったのも兵庫の内陸、丹波盆地の一角である。
冬寒く、夏暑い。だから夏の涼を求めてよく日本海側の由良海岸・久美浜へと行った事が思い起こされる。
あの頃は生きる意味など考えずとも毎日が光り輝いていたように思う。

いつの間にそれら光がこぼれ落ちてしまったのだろう・・?
意味もなく毎日が楽しめない自分がここに居る。

われ生きる 誰のためぞと 思いつつ
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-03 22:26 | 写真

3D・・・PETRI HALF with Orikkor28mmf2.8

昨今流行の立体画像
平面を二次元と言い、立体を三次元と言う。
『three dimensions』その略語が『3D』である。

今流行の映画であれば、飛び出る画像に臨場感があるという。
かく言う私も先々週の水曜日に休みを取って家内と今流行りの『アバター』を見てきたのである。
人間が他の惑星の鉱物資源を確保する目的で、その星の先住民と同化するアンドロイド?を作り精神を転送してそのものになりきり先住民を排除して鉱物を易々と手に入れようというのである。

この映画では3Dとそうでないもの、吹き替えと字幕などが選べタイタニックを抜く興行収入を上げているらしい。

見た感想は?
非常に良く出来た娯楽映画。
粗探しをせずに娯楽を楽しむ気持ちで見れば、ハリウッド映画は楽しませてくれる。
肝心の3Dについては、今までの3D映画のように、例えば剣の先がこちらに当たりそうに見えるなどのわざとらしさがない分好感は持てる。
私は字幕バージョンを見たが、字幕の文字が宙に浮いているのは良いのか?悪いのか?

立体と言えばそもそも立体写真は古くからあり、めったに行けない観光地土産では良くあったらしい。
それに比例して、自分でも立体写真が撮れるステレオカメラは一斉を風靡していた。
それが証拠に、二眼レフカメラはステレオカメラが無ければ出来ていなかったのである。
それからそこそこ長いスパンであるが立体写真ブームもやってくる。しかし今は写真ではなく映像になってのブーム到来である。
そんな時代に逆行してステレオ写真
c0160387_2253554.jpg
青赤メガネをかけずにステレオ写真を見る方法の『平行法』もしくは『交差法』で立体に見えましたか?

種を明かせば残念ながら、ハーフサイズカメラの2駒を取り込んだ画像なのでどうあがいても立体には見えないのである。悪しからず・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-01 23:04 | クラシックカメラ