<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

住吉大社・・・minolta DimageXt

少し前に行った住吉大社で撮ったもの。
c0160387_8183123.jpg
石灯篭の曲線の滑らかさがモノクロなら尚際立っている。

それもそうだが気になったのが隣に立つ石柱である。

ちょうど石柱の四隅の一方の角に文字が彫ってある。
それだけで少し手が凝っているなぁとおもった物だ。

ところでこの彫ってある文字の意味が分からない。
『石枚冨』か『石牧当』か?
無学ゆえどなたかご教授願いたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-07 08:22 | 写真

晩夏・・・Taxona With C.J Tesser3.75cmf3.5

一時期の涼しい秋の訪れは幻で、やはり残暑のぶり返しである。
しかし、現在国会では与野党逆転で議員会館の引越し騒動などさぞや秋風吹きすさんでいる事だろう。
c0160387_9175262.jpg

先日ニュースで国交省による八っ場ダムの入札中止が話題に上がっていた。
次期民主党政権下での補正予算再検討は必至と見ての措置であろう。
しかしこれについては賛否両論が渦巻いている。
なぜなら、ダム湖の湖底に沈む町・住民への補償問題、移転説明会など今まですでに莫大な経費予算を費消している。
さらに地元移転を余儀なくされた住民感情を考えると一筋縄ではいかないからだ。

ところで、私は現日本新党代表の田中康夫氏の長野県知事時代の脱ダム思想には賛成である。
日本の治水・農業・工業用水確保のためのダムは判らぬではないが、当初計画から何十年も経ってから執行する際の見直しは必要であり、お役所仕事の計画ありきでやられた日にゃあ税金のムダ使いと言わざるを得ない。

今こそ整備新幹線計画や高速道路整備他空港整備について見直す好機と思うのだが・・

とここまで書いてきてこうも思った。
今回の衆議院選挙を見ていると小選挙区制によってあっけなく政権交代は実現する。しかしそれが故に今後はより地元利益誘導が露骨になりはしないかと・・

『議員さん、選挙落ちればただの人』ではあるが、ここは一つ我々有権者がもう一段上に上がって国家・国体を憂う人材を見極める目を持ちたい。

本当に必要なダムや新幹線なら後押しもしよう、しかし責任の所在がはっきりしない従前の計画踏襲であればここは民主党の公約通り無駄な国家経費削減を断行すべきである。
我々も少なからず痛みを分かってでももう一度日本再生に賭けてみたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-05 09:21 | 近況

美ら海水族館その3・・・minolta DimageXt

糸巻きエイは別名マンタ。
ダイビングをする人たちにはとかく人気の魚?である。
c0160387_8105666.jpg

なんとも面白い形をしているといって良い。
名前の由来の糸巻き様に見えるところは、どうやら目がついているようである。
身体の扁平な魚は視野を広げるために左右側面に目がついており、昨日アップしたアオブダイはさらにその目をくるくる回して餌のキャッチを心がけている。

そういえば海底の砂に半分埋もれるカレイにヒラメは上面?に二つのマナコが並んでいる。
それから言えば、マンタの目がカタツムリまでとは言わないが触角のように飛び出している事も不思議ではない。
いずれにしても、マンタや様々なエイの仲間が海中を泳ぐ姿は、空を飛ぶようで優雅であった。

吾も人生の荒波を空を飛ぶがごとく雄大に泳ぎたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-04 08:21 | 近況

美ら海水族館その2・・・minoltaDimageXt

どーん!!
c0160387_2219118.jpg
とぼけた顔の面白いヤツ。
昨日まで名前を覚えていたけれど、今は綺麗さっぱり老人力で忘却の彼方・・
いつまたサーバートラブルで更新停止になるやも知れず、どうしても名前が知りたければあえて敢えて調べず皆さんの自助努力にお任せいたす。

ところで、昨日沖縄のフィルムを現像に出したが、持参していた一眼レフに装着していたマクロレンズで撮ったタツノオトシゴや色の綺麗なウミウシは果たして写っているのかどうか?
少し前の新世界で撮ったモノクロフィルムが入るので少し時間がかかるとの事。

仲間内ではモノクロフィルムは自家現像。
私もやろうと思うが、根っからの怠け者ゆえお金を払ってもショップに出してしまうのだ。
これでも高校時代は野球部に写真部にと今と良い勝負か、それより忙しかったのに若さに突き動かされるように暗室に籠もったりしていたのだが・・

これが今回のお供
c0160387_22285795.jpg
オリンパスOM-1のアクセサリーシューを買うと洩れなく付いて来たこのシルバーボディであるが、早速今回の沖縄旅行に帯同した。旅行に一眼レフを持ち出す事はめったにないが、生来のそのコンパクトさがその気にさせたのである。
持参レンズはボディキャップのつもりもあって購入した、シャープさで名高い50mmf3.5マクロとこれも同様の28mmf3.5。
機嫌良く使用していたのだが、自宅に帰ると巻上げレバーのプラスチックのカバーがボロボロと崩壊してしまったのである。すでに部品払底なのにである。
そのままにはできないので現在は瞬間接着剤で何とか止めてはいるが行く末は短いと思う。
この場を借りて皆さんにOM-1の巻上げレバーのカバーがあればお譲り頂きたくお願いします。

ジャンク理由はこんなところにもあったのである・・・道理で安いわけだ。どんなオチや!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-02 22:55 | 近況

美ら海水族館・・minolta DimageXt

私自身沖縄に行くのは2回目である。
今までの旅行において、国内の沖縄・北海道への旅行代金はたとえばGUAMへの旅行代金より高額である。
おかしなものだ。
しかしこれが旅行ビジネスのからくりといって良いのか、大量予約を基本としてディスカウント競争が生み出したものである。
概して国内旅行においては国内物価によって、まして近距離航空便にはディスカウントにも限界はある。
これが国内よりも海外旅行代金が安くなるからくりのようだ。

それにもかかわらず今回沖縄に行ったわけは、一つには格安航空券が手に入った事。
これは現在フェーズ5の世界的流行を見せている新型インフルエンザによって、キャンセル多発の修学旅行が生み出したからくりである。
旅行会社が押さえた飛行機の大量な座席が空に浮く事態となり、キャンセル料金を踏まえて格安でも販売し席を埋める事の方が航空会社にとっても多大なメリットがある。

能書きはこれくらいで
c0160387_8162373.jpg
初めて行った、これが名高い『美ら海水族館』の大水槽である。
3匹?のジンベイザメが雄大に泳いでいる。
なかなかに楽しめたが、ついつい地元大阪の海遊館と比較してしまう矮小な自分が情けない。

今回は沖縄の海にも入ったし、良い夏休みを取り戻したと思っている。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-02 08:20 | 近況