<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ヌード!・・・Nikon-F with S-Nikkor50mmf2.0

ずいぶん古い写真である。
このブログ始まって1年2ヶ月になるが始めてのヌードである。
写真・カメラをやっているとその1ジャンルとしてのヌード写真なる物に引かれる時がある。
人間の、それも女性の裸体美とは?その柔らかな曲線が描く身体の線は、バイオリンを初めとするベース・チェロ・ギター等楽器の造形にも取り入れられている。

それほど均整の取れた身体の線は美しい。
古来美術史においてこれほどモチーフとされたものは、ひょっとするとあでやかな花の数より多いのかもしれない。
c0160387_23243482.jpg
さて私の始めてのヌード写真である。
何年も前、白浜へ家族旅行したときのものだが、私には娘はおらず海の家の足洗い場で見かけた女の子である。
この時はお母さんに一声かけて撮っており、身体を引いて隠れてくれたが腕までは気が回らなかったようだ。残念!

ぷりぷりとして、ビキニの跡も初々しく思わず『かわいい!』と叫んだものだ。
私の写真は女性の曲線美を優雅に表した、ヘルムート・ニュートンやスタイケン等とは一線を画するが充分ふくよかで柔らかな曲線は表せていると自負している。

c0160387_23451765.jpg
最後に無断転載であるが、netよりヘルムート・ニュートンの作品をご紹介する。
案外ニュートンもナルシストであるのがお分かりいただけるだろう。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-29 23:53 | クラシックカメラ

STARBUCKS・・・Nikomat-EL with Nikkor-HC50mmf2.0

いつの頃から広がったのか?
瞬く間に市場に確固たる地位を築いた一大コーヒーチェーンである。
c0160387_2347962.jpg

このスターバックスがメジャーになる前には、チェーン展開している外国資本のコーヒーショップはドトールコーヒーが有名であった。
それが今ではTully's coffeやシアトルベストCafe、エクセルシオールetc.etc.と枚挙にいとまが無い。
しかし、街中何処でも手軽においしいコーヒーが飲めるようになってありがたい事この上ない。

私は昔からコーヒーが好きで、自分で豆を挽いてドリップしてよく飲んだものだ。
中でも少し酸味の強いブラジルのサントスがお気に入りであった。

バイト代が入ると豆を買い込み、暇に任せて手動のミルで豆を挽く。
すると芳醇なコーヒーの香りが漂い始め、なんとも幸せな気持ちになったものである。
そう、私の学生時代はお金は無いが暇は売るほどあったのである。

そういえば4畳半一間の下宿のくせに、手作りのスピーカーで音楽を聞きながら紫煙とともに飲むコーヒーはうまかったなぁ

今よりずっと贅沢なあの頃である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-29 00:10 | クラシックカメラ

ガオ~・・・OLYMPUS OM-1chrome with ZuikoMacro50mmf3.5

少し古い写真で申し訳ない。
前月末に沖縄に行った事は書いた。
このシーサァーも単体写真をこのブログで披露したのは既知のこと。
c0160387_19431316.jpg
そのシーサァーを至近で撮ろうとしている時にファインダーの中に入ってきたのが、中二になるこの息子である。

とっさに少し引いて、息子にピントを合わせシャッターをレリーズしたのがこれである。
まだ家族旅行を嫌がりもせずついてくるだけましではあるが、反抗期でもありなかなか難しい年頃である。

また、彼は今月修学旅行で北海道にも行っているので、南から北へと日本縦断していることになる。
南国からそれほどの時を経ず行った北海道は、かなり寒かったと言っていたから日本が縦に長いのをさぞ実感した事だろう。
それにしても、まだ私は北海道には行った事が無いのでうらやましい限りだ。

最近の暑さのぶり返しに身体が悲鳴を上げている私には憧れの土地である。
次は必ず北の台地に行ってみたいものだ。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-26 21:13 | 写真

NEOPAN ACROS・・・OLYMPUS OM-1Black with OMZuiko35mmf2.0

新世界のはずれ、商店街から少し住宅街にかかる辺りで撮った一枚である。
c0160387_22542259.jpg
半ば朽ち果てた木製の椅子。
もうすでに背もたれもなく、座面の合板もめくれもはや誰も座るものはいないだろう。
さらに手前には錆びて、もとの光沢を推し量る事も困難なパイプハンガーがある。

他にも工事現場でよく見るパイロンに植物の鉢 等々・・
これらは公道、いや公道脇の歩道にデンとその存在場所を確保しているのである。

普段見慣れた住宅街であれば少し非難の視線をおくるが、ここ新世界であってみれば何故だか許す気にもなるのである。

人間勝手なものでそのロケーションには必然と感じると、違和感を覚えないのも事実である。
そこでレンズを向けて写真に撮ると、使用フィルムがFUJIのNEOPAN ACROSである事も相まって、高いコントラストを得意とする森山大道を思い出したのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-25 23:05 | クラシックカメラ

消火栓・・・OLYMPUS PEN-FT with Zuiko40mmf1.4

ウ~カンカンカン!!
自宅の近くに阪神高速が通っている。
数日に一度くらいの割合で前記のサイレンと鉦の音が聞こえる。
火災は命の危険とともに一瞬にして財産を失う。
特に紙と木でできた日本家屋は火に弱い。
と言ってモルタル新建材でできた家屋・建物は、これまたその煙が始末に終えない。
c0160387_7553736.jpg
住吉大社裏手で見かけた消火栓。
文化財保護の観点から設置が義務付けられている。

この間から古い消火器の爆発で子供が大怪我を負ったりしているが、今一度防火・火事の備えを見直したい。

ところで、そんな話を妻としていて、火事になったらどのカメラを持って逃げようか?なんて言っていてひどく怒られた。
『あほな事考えて、一番大事なんは命やろ!』『そらそうや』
なんとも情けない話である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-25 08:06 | 写真

『鳩山イニシアチブ』を支持します・・・Nikomat-EL with NikkorH.C 50mmf2.0

鳩山新政権発足一週間。
現在ニューヨークで開かれる気候変動サミットに於いて、日本としての1990年度比25%の地球温暖化ガスの排出削減を明言した。
京都議定書の策定議長国として批准が遅れてはいたが、国際社会に対し日本としての立場を鮮明にした。

しかし、並大抵の事ではない。
人間、文明と言う楽を覚えるとなかなかそれを手放す事に抵抗がある。易きに流れると、逆行する思想に何故自分だけ?との不平不満が出る。
いくら我々人類共通の美しい宇宙船『地球号』を守り、それはとどのつまり自分達を守る事と判っていてもだ。

それぞれの国の国益を守り、思惑を満足する事は不可能に近い。
まずは自分から・自国から行動を起こすしかないのではないかと思う。
短期的には自国の益にはならないかもしれないが、大所高所に立ってみれば必ずやそれは自分・自国にとってプラスになるのは間違いない。
そういった観点から今回の『鳩山イニシアチブ』を評価します。
c0160387_1852515.jpg
いつまでも青い空をこの肉眼で見られる環境を維持するために・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-23 18:13 | 近況

神戸空港・・・携帯カメラ

先日、今回のシルバーウィーク前日夕方に行った神戸空港で見た夕景である。
c0160387_15185755.jpg
肉眼では丸い大きな夕日が今まさに地平に隠れようとしていたのである。

その様は、周りの全てを赤く染め自然の織り成す夕日の世界を楽しませてくれたのである。

あいにくそんな時に限ってカメラを持っておらず、咄嗟に手にしたのは携帯電話なのである。
私の持つ携帯電話のレンズを通した画角はおおよそ35mmと思うのだが、この絵を見る限りでは28mm相当なのかもしれない。

あれほど大きく丸く、赤い夕日がこれほど小さくなったことには少なからずがっかりである・・

とはいえ、手元に携帯カメラでもなければこのように写真にも残らなかったのだから文明の進歩に感謝すべきだろう。

話しは変わるが、今回私は始めて神戸空港に行ったのである。
建物はまだ新しく綺麗であるが、普段よく利用する関西空港や大阪空港に比べあまりにコンパクトでその発着便数の少なさに置いて紛れも無くローカル空港の一つであると実感する。
まして近くの岸壁からは関西空港へのフェリーの便が発着しており、神戸発着の意味も無くこの空港自体の存在意義に付いて考えさせられたのである。

何もローカル空港全てに付いて言っているのではない。
神戸とくればそれは港町であり、かつては世界第一のコンテナ荷上げを誇るハブ港であったはずである。

空では、アジア第一のハブ空港を目指し開港した関西空港は、24時間離発着可能の海上空港であったはずだ。
空港離発着料金の値下げも必要だろうが、貨物・人員の受け入れ態勢を再度整備して人・物が集まる仕組みを考え直す好機である。
そうなれば関空からの海上輸送で、神戸のコンテナ基地としての機能も回復し港神戸が復権する。

新政権・また新たな地方自治との連携で、この日本沈没の危機・いや関西経済の危機から脱却できる大きな武器となると考えるが、皆さんはどうお考えだろうか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-22 16:02 | 写真

土壁・・・OLYMPUS OM-1 Black with OM-Zuiko35mmf2.0

住吉大社
大阪では『すみよっさん』の呼び名で親しまれている。
そのすみよっさんのH.Pを拝見すると、摂津国の中でも由緒が深く信仰に篤い神社であると出ている。
また、全国2300ほどの住吉神社の総本宮。

そんなすみよっさんの境内で見つけた破れ壁。
c0160387_2224956.jpg
場所が何処だか判別できず。
確か、御文庫を過ぎぶらぶらしていて見つけたと思うのだが・・
由緒正しきすみよっさんの、土壁修理ができていないと非難の気持ちはさらさら無い。

この破れ跡から覗く竹矢来が、古く田舎で暮らした土蔵を改装した家を思い出したのである。
一度はひどい台風でこの破れ壁よりもっと大きく土壁が崩落した事もあった。

しかし、今から思えばそんな土壁に囲まれた家というものは、冬暖かく 夏涼しかったような気もする。
実際は、冬は隙間風で寒かったのだろうが、人間つらい事はあまり覚えていないようである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-20 22:15 | クラシックカメラ

盆栽競・・・OLYMPUS PEN-FT with Zuiko100mmf3.5

新世界からいよいよ阪堺電車に乗って住吉大社に到着した。
この日はなにやら境内がにぎわっている。
c0160387_19214712.jpg
歳の頃ならアラゼブン?!(笑
我手作りカメラクラブの主要メンバーの方々とさして違わない頃とお見受けいたす。
しかし、その趣味志向が少しばかり違う。

その枝ぶりに葉の付き方、花の蕾は膨らんでそろそろ開花で見ごろとなる。
そもそも盆栽とは、自然の中の大木などの姿かたちを鉢の中に再現して観賞することである。
もちろん、大木ではなく剪定もしその物をミニチュア化して鉢の中に再現する。

まして植物相手であり、常に変化を伴って毎日の手入れは怠る事はできない。

私の趣味の一つでもある機械式腕時計の機械部分、そのたくさんの歯車他の集まりをスケルトンバックから眺めて
ここに宇宙があると言ったりするが、この植栽された盆栽の中にも宇宙があると感じ取れる。
それほど大木の景観をミニチュア化して再現する事には手間がかかり、自分の思いに近づける事は植物との対話も無くてはならないだろうし、見栄えのいい角度を探し育てるのは並大抵ではない。

手間隙惜しまない趣味としてのクラシックカメラと写真、盆栽は案外近いのかもしれない。
『BONSAI』はそのままの言葉で海外に通用する、日本の誇れる文化の一形態のはずだが・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-19 19:53 | クラシックカメラ

チンチン電車・・OLYMPUS PEN-FT with Zuiko100mmf3.5

阪堺電車である。
正式名称は『路面電車』、通称が『市電』もしくは最も馴染み深い『チンチン電車』
c0160387_2312330.jpg


それぞれに名称の謂われはあるが、京都市電があったことを知る年齢層では改めて述べるまでも無いだろう。
しかし『チンチン電車』の鉦の意味は以下の通りである。ここに紹介する。

走行中電車が停留場に近づいたとき「チン」と1回鳴らせば「降客があるため停車せよ」または「停車する」
「チンチン」と2回鳴らせば「降客がないので通過しても良いか」または「良い」
さらに停車中に「チンチン」と2回鳴らした場合は「乗降がすんだので発車しても良いか」または「良い」
「チンチンチンチン」と3回以上鳴らせば「直ちに停車せよ」または「停車する(非常停車)」
                                   出典:wikipedia

そう言えば、先回乗った阪堺電車の鉦の音で、出発する時そうであったし、思い当たる事は意外に多い。

それはそうと、今回モデルの男性の額と目元に入ったハイライト、さらには左腕にはめた腕時計。ガラス風防の鈍い光の反射に、私は昭和の匂いを嗅ぎ取った。
やはり時代を超えて生き続ける『チンチン電車』がそう感じさせたに違いない。チンチン♪♪

昨日の撮影場所の回答は、督さん・す〇〇ま@kobeさん、大正解。恐れ入りました。
正解は、関西空港連絡橋、空港から泉佐野方面が正解でした。督さん、本当に山の稜線でわかったの?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-18 23:31 | クラシックカメラ