<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

撮影禁止・・・TAXONA with C.Zeiss Jena Tesser3.75cmf3.5

カルチャーコンビニエンスクラブ
c0160387_20275856.jpg
蔦屋書店である。もっとも今はローマ字標記のTUTAYAの方が通りが良いだろう。

何年も前に、レンタルレコードを業として発展してきた。
その頃には『おやゆびピアノ』なる同じようなレンタルレコードのチェーン展開をしている企業があったのをご記憶の方もあるだろう。同じように発展してると思ったが、今どうなったかは知るすべも無い。

いずれも関西発祥の企業であるのは興味深い。流行に左右される曲だけが欲しい、関西人の気質に合ったのか?
今言うところのソフト産業の先駆けである。当初は随分と著作権など著作者の権利侵害について法廷でも争われたと記憶している。
しかし、楽曲、映像の配信業務業態自体が変革していく中にあって平和理に折り合いが付き現在に至っている。

ところで店内撮影禁止なのである。
ディスプレイなど独自の意匠に関係するのだろうか?
あまり詳しくも無く、勝手なことを言っても何なので深くは言及しない。ダメなものはダメなのである。

だからと言うわけではないが、店内から外を撮ってみた。ひょっとしてこれもだめなのかなぁ
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-15 20:45 | クラシックカメラ

スクウェア・・・VEB ZEISS-IKON TAXONA with tesser3.75cmf3.5

今日も暑かった。
大阪でもすでに梅雨明けしたような陽気で、気温もぐんぐん上昇して34度を計測した。
こんな暑いとカメラをぶら下げて写真どころではない。

しかし新しく手に入れたカメラは使ってみたいもの。と言う事で昨週末に撮ってみた。
c0160387_2213834.jpg
やはりスクウェアの写真は落ち着く。

それに、このカメラのtesserは良く写る。
c0160387_22165324.jpg
もう一台のnovoner・トリプレットの写りも気なる所ではある。
今週末にも修理して次回はnovonerの写りも楽しみたいものだ。

この写真の写りはいかがです?
VBEをVEBに訂正、thanks mimopower
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-14 22:22 | クラシックカメラ

カメラは楽し・・・DIMAGE-Xt

昨日の土曜日、久しぶりに大阪手作りカメラクラブ例会に行って来た。
私よりもご年配が多いにもかかわらず結構な人数が集まっていた。
今月と来月は私が例会での司会に当たっているため、例会持参カメラのお題目を違える訳には行かない。

今月は『安く手に入れたカメラ』
皆さん苦労している様子で、『ただより安いカメラは無い。』
誰でももらい物カメラの一つや二つはあるもので、しかしそれでは面白くない。

我、カメラクラブの重鎮である会長はじめ お歴々の方々のカメラ入手方法は一様ではなく、オーソドックスに物々交換から格安ジャンクの復活、さらに寺社境内で開かれる市での入手話には手に汗握る臨場感を感じることができました。

さて私。
以前にブログにも紹介したとある中古カメラ買取センターのジャンク箱で先客が散々品定めして問題無しを確認しながら手放した物を頂戴したNikomat-Ftn、3k円。レンズはY田さんからの無期限貸与のオートニッコール24mmf2.8を紹介しました。

実は例会の後、それより安く手に入れたカメラを紹介する
c0160387_18234262.jpg
キャノンFTブラック+FD50mmf1.4

例会のあといつもの居酒屋でしこたま飲んだ後のナニワを冷やかした時に見つけました。
露出計は確認していないが、シャッター、シャッター幕にも問題なし。ボディには薄い使用感と軽い当たりがあるが機能には問題は無い。
さすがにレンズ中玉にカビがあるものの、立派な押し出しで充分使用に耐えるf1.4。これで2.1k円とは涙が出ます・・

さらに手作り会員放出品の
c0160387_18293894.jpg
VEB ZEISS IKONのTAXONA with tessar3.75cmf3.5と同じくNovonar3.5cmf3.5付きの2台も連れ帰り・・

さすがに不具合もあり、巻き上げ不良・外皮の貼り直し等・・・一台は今日撮影に連れ出すべく夜なべで整備。
その甲斐あり今日写真のテッサー付きでフィルムを1本撮りました。仕上がりは後日のお楽しみ・・

しかしこのTAXONAは巻き上げに難があり、純正スプールでもないために空シャッターでは快調そのものでも実際にフィルムを入れるととたんに巻き上げ不良を引き起こす。
このカメラでは良くあることらしいが、純正巻き上げスプールでないと軸がぶれ片巻きを起こしたり斜め巻きなどで巻き上げ不良となるらしい。

当初裏蓋にスプール軸押さえの突起を太らせて軸の振らつきを抑えるプラスチックワッシャーのようなものが入っていたが、手持ちの取り外し式スプールを眺め エキザクタ用が使えそうで試用フィルムで確認したところOK!

早速36枚撮りカラーネガを入れ撮り歩くが、54枚でストップ・巻き戻す。いきなり36枚撮りを入れるのは無謀であったようである。
しかしコンパクトでなかなかに可愛らしく、35mmフィルムで24mm×24mmのスクウェアサイズが撮れるのは撮っていても楽しい。

スクウェア好きの私には格好のおもちゃであり、評判の良いテッサーの出来上がりが非常に楽しみである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-12 19:11 | クラシックカメラ

梅雨の晴間・・・RICOH A-2 with ColorRikenon35mmf2.8

昨日は七夕であった。
会社の帰りに浪花橋(通称ライオン橋)を見ると通勤ラッシュとは別の人込みを見た。
やけにカップルが多いのだ。それも示し合わせたように川を覗き込んでいる。
つい興味に駆られて人込みの後ろから同じように川を覗く。

するとどうだろう・・
川の緩やかな流れに乗って青白い光の帯が長く伸びているではないか。
そう それはまるで彦星・織姫の間に流れる天の川のようであった。

ところで今日の新聞を見て合点がいった。
昨日の青白い光の帯は、青色LEDを大川に流し天の川に模したイベントであったのだ。道理でカップルが多かったはずである。
c0160387_2216559.jpg
この写真は、その浪花橋からOMMビルを越え、さらに上流少し上がったところから振返り 人道橋の川崎橋とOMMビルを望んだところである。

カメラはリコーお得意のぜんまい巻上げを装備した、目測フルオートのプラスチックカメラであるRICOH-A2。
まるでLEICA-CLのごとく縦吊りブラックの、姿の良いカメラではある。レンズもRIKENON銘で良く写る。
梅雨の晴間にお気楽な散歩カメラとしてはちょうど良い。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-08 22:06 | カメラ

祝!10,000アクセス・・canon demi with 28mmf2.8

今日、アクセスカウンタを見ると10658となっている。
ブログ開設1年を目前に控え、10,000アクセスを突破した。

改めて私のつたない写真と文章にお付き合いいただき書面で持って御礼を申し上げる。
    本当にありがとうございます。

さて、今日は7月7日 七夕である。
今週初めから雨予報で今年の七夕は雨模様と思っていたが、今朝は快晴である。

昨日の雨は『洗車雨』と言うらしい。
彦星が逢瀬を前に牛車を洗う、その水が雨を降らせるというのがその謂れ。

んっ?昨日は雨降ったっけ?
c0160387_835661.jpg
ビルに写ったビルが、釣鐘のようで面白い。

七夕とも10,000アクセスとも関係ないが、和の心で見てもらいたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-07 08:08 | 写真

銀橋・・・ROLLEIFLEX2.8C with Planar80mmf2.8

春にはさくらの通り抜けで有名な大阪は造幣局近くの銀橋である。
c0160387_1031836.jpg
最近隣になぜか新しい橋が架けられている。

当初は架け替えで古い橋を撤去するのかと思ったが、ご覧のように今までの車道の一車線分を歩道として利用するようになっている。

つまり、新しい橋は東向き一方通行として今までの橋は車線を減らし西向き一方通行専用橋として利用する事となっている。
ところが橋の東側は橋を過ぎること200mmほどで旧来と同じ車線数・幅の道路となっているので渋滞緩和等の効果は薄いと思われる。
そもそも今まで渋滞で苦労することは無かったと記憶する。

何のために?
やはり、旧の銀橋の強度不足から来る架け替えが当初計画ではなかったか?
こうして写真で見る限り、構造の美しい古い銀橋を残したくなる気持ちはわからなくも無いが日本の道路行政のムダを見る思いである。
こうなると昨今話題の地方負担金を大阪市が払わせられていると思うと憤りを禁じえない。
こうした無責任体質の国土交通省・同じく国民の預託金に対して無責任極まりない社会保険庁等は解体・民間委譲、それらに巣食う道路族議員に代表される族議員を一掃したいと思うのは私だけではあるまい。

まぁ銀橋一つでこんなことまで考える私も私であるが・・

ところで、最近ローライを構える時は腰溜めで、ファインダーで見える画像を楽しむ癖が付いてしまっている。
よって、ルーペを使わずピント合わせをし、急いでシャッターをレリーズしたのを垂直が狂ってしまったことの言い訳にしたいと思うが許されるだろうか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-05 10:52 | クラシックカメラ

暗雲・・・canon Daial35 with SH28mmf2.8

どうしたことか?

今年急遽獲得した外国人のブラゼルはもともと日本球界で実績もあり、期待通りの活躍は見せてくれている。
しかし、自慢の投手陣は崩壊気味で打線が繋がらないから昨年のような接戦での勝ちを物にすることができない。

調子の良い時は声高に応援して話題にすることも無いが、調子が悪いとすぐにベンチ人事に口を出したがるのが阪神ファンの悪いところである。
ここ数年の優勝を狙える戦力と実績と、開幕前の予想ではこんなはずではなかったが・・・

最近テレビの中継を見る時、岡田前阪神監督の解説をよく耳にする。

これがいちいちごもっとも。
たとえば、7回まで好投を続けていた能見であるが、突如相手打線につかまり始める。
連打を浴びてランナー1・2塁。
今期初顔合わせで、これまで1三振2邪飛と完全に抑えていた相手主砲を迎えた場面。

岡田前監督
『ここは疲れの見えるピッチャー能見をを交代させるべき。相手主砲に今期の能見に対する苦手意識を残しておくべき。ここでつまらないタイムリーでも打たれたら今後に影響する。』

果たして・・
その通り、詰まった当たりの飛んだコースが良かっただけのタイムリー
その後の能見の戦績を見ても『なるほどなぁ』

現役時代は藤山寛美と揶揄されて、監督時代は笑っていても不景気そうで喜んでいるのかいないのか・・
最近彼の野球理論・戦術を解説で耳にして改めて感心しました。

そういえば藤川も赤星も関川もみんな岡田二軍監督時代の教え子だわなぁ
いやいや、真弓監督が悪いとは言ってない。
現役時代の勝負強さ、恐怖の一番バッターの勇姿は忘れちゃあいませんが・・・
戦術家としてはあまりに無策。
すみません、勝てないとすぐベンチのせいにする悪い癖。改めます。ハイ
c0160387_7572474.jpg
おかしな雲行きがこんな写真を生み出した。・・昨日の快勝はよろこんどります・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-04 08:03 | 写真