<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

neko・・・Taxona with C.Zeiss Jena Tesser3.75cmf3.5

白日の夢
自宅前の猫のひたい程とはよく言った、空きスペースにある児童公園。
以前は奥にブランコなどあったが度重なる児童遊具による事故を受けて、今は手前にあるまったく無意味なオブジェだけになっている。
しかしそのおかげか休みの日には空いたスペースでどこかの親子がキャッチボールなど楽しんでいる。

そこでこの無意味なオブジェである。
c0160387_862556.jpg

芸術を理解しているとは言い難い私からすれば、その造詣がどうの、この曲線が現しているのは・・云々はわからない。
ただ、そのステンレス素材の質感とぼけ方確認のため、レンズを向ける事はたびたびある。

今回は偶然にも横から飛び出してきたネコが写り込んだ。
そのやせた肢体は、アニメか何かで見た霊界との取次ぎ役を彷彿として気になったのである。
私のカメラ仲間で先輩の、最近自宅で飼われはじめた子猫とは同じ動物ではあるがその成り立ちを異にするような姿に少し畏敬を感じたとするのは気のせいか・・?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-31 08:09 | 写真

炎天下・・taxona with novonar3.5cmf3.5

炎天下
誰が置いたか知らないが炭酸飲料と缶コーヒー。
c0160387_8232469.jpg
この暑さの中に置かれれば、炭酸飲料はその蓋を開けるとすごい勢いで膨張してあふれるに違いない。
缶コーヒーはさしずめ少しぬる目のホットコーヒーか?

ここまで持参のカメラで色々撮り歩いてノドが乾いたところではあるが、これには手が出ない。
よく冷えたミネラルかビールを飲みに行くとしよう。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-30 08:30 | 写真

出発・・・携帯カメラ

今日から2週間、私の息子をカナダへの短期留学に送り出してきた。
c0160387_17201883.jpg
曇天の中、伊丹空港より成田経由カナダ行きである。

大阪からカナダへは一人旅となる。現地でも日本人と一緒ではない。
カナダ現地では日本語を話せる現地係員がホームステイ先まで送って行ってくれるらしい。

ところで、私の息子は中学2年生である。
とりわけ英語が得意とはその成績からして思えない。
だがしかし、本人が行ってみたいと意思を示し、どうせなら日本語が通じる環境ではなく日本人の団体での研修は嫌だと言う。
その思考は私とも合って、私も海外へ出かける時は航空機は安いツアーで取り、現地はフリーの自由旅が好きだ。
現地では地元に溶け込みたいと、観光地は避け現地の安食堂で飯を食べ 下町を歩くことが多い。

私も決して外国語が話せるとは言えないが、ブロークンの英語にドイツ語・ジェスチャーありで不自由を感じたことはない。
彼の積極性と明るい性格なら、早々に外国の友達を作り片言とジェスチャーで楽しくやるだろう。

このチャンス、彼には人生の大きな糧となるような経験をしてきてもらいたい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-26 17:50 | 近況

モノクローム・・Taxona with Novonar3.5cmf3.5

モノクロームの風景
c0160387_14215780.jpg
撮ったカメラが先の大戦のあと、西側から接収して東側で戦後すぐに作られた物である。
よって、西側の工作機械・技術・労働力の影響薄まる前のため、精密機械として比較的工作精度は安定している。

これがのちになると独自の進化と言っていいのか?官僚機構に取り込まれたおかげでありえない進化を遂げる事もある。それはそれで今の時代から見れば面白いことではあるのだが・・

独自進化を遂げる前、東側で作られたこのカメラについているnovonarというnovar、tripletタイプのレンズは、あの大ZEISSがモノクロフィルムの時代に作ったレンズだけにやはりモノクロームにおいてその実力を発揮する。
netの中では評判芳しくないが、古物ゆえ固体の状態は千差万別で多分に誤解を生じているように思われる。
c0160387_1440251.jpg
こんな小っちゃなレンズに心奪われる時もある。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-25 14:44 | クラシックカメラ

祭り・・・Taxona with Novonar3.5cmf3.5

普段通りの生活をしていても、いよいよ今日辺りから大阪天満宮の本宮に向けての神事が始まった事を、否応なく感じる頃になってきた。
昨日23日は日本一長い天神橋筋商店街をギャル御輿が練り歩いたそうである。
残念ながら見ておらず、したがって写真の一枚も無いのは残念なところであるが・・

そして宵宮の今日24日は鉾流神事、催太鼓宮入等があり、明日の本宮では陸渡御と自宅近くの大川を基点とした船渡御がある。
また例年通り奉納花火が大川端のOAP向かい辺りから5000発打ち上げられる。

私などまさに自宅に居ながら船渡御の船上で繰り広げられる『大阪絞め』の拍子を聴くことになる。
打ちましょ(パン、パン)もひとつ(もうひとつ)せぇ(パン、パン)いおうて(祝うて)三度(パ、パン、パン)
まるで自宅の庭先での狂乱のごとく、うるさくて・気が逸って心穏やかならないのである。

それでも、これを聞かなきゃ夏は来ない。
c0160387_01070.jpg
奉納花火を見るには最適の、OAPにある帝国ホテルとOAPタワーを通してみた太陽である。

まるで先日の皆既日食のダイヤモンドリングではないが、ダイヤモンドブローチ見たいにとはいかなかった?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-25 00:03 | クラシックカメラ

triplet・・Taxona with Novonar3.5cmf3.5

世の中は一昨日の衆院解散よりも昨日の皆既日食に沸き立っている。
ああ、何と平和な日本国!

だがしかし、実質昨日より衆院議員は失職し総選挙に突入した。
昨日の新聞に不出馬を表明した25名の議員名が出ていたが、事前の報道のせいかさして目新しいものはない。

そういえば昨朝出勤する際の地下鉄降り口で早速政治ビラを渡された。
『今の閉塞日本の現状を変えるのはあなたです。』『今こそ政権交代で官僚主導の政治を打破しよう。』
文面は見ておらず全くもって私の創作であるが、多分民主党議員の広報ビラなのでこういったことが書かれていたと推測する。

ニュース報道での街頭インタビューで、多分誰が総理になっても政権与党になっても代わらないと思うと言った言葉を聴くが、だからと言って我々にある選挙権と言う唯一の参政権を行使しようとしない民度の低さを嘆かざるを得ない。

まさに『政治を変えるのはあなたです。』権利行使せず、文句を言うのだけはやめたいものである。
c0160387_12312915.jpg
Tripletレンズはわずか3枚のレンズで収差のほとんどを打ち消した優秀なレンズ構成であるが、レンズ枚数の少なさが幸いして抜けの良さ、立体感などを再現する。私の一等好きなレンズ構成です。

今日は、昨日の皆既日食も見れず世間の潮流に乗り遅れた鬱憤を政治問題にすりかえて、政府広報のように『選挙に行こう!』と訴えました。   なんじゃそら!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-23 12:39 | クラシックカメラ

アオゾラ・・・TAXONA with Novonar3.5cmf3.5

以前にTAXONAのC.ZEISS JENA Tesserで撮った写真はブログにアップした。
今回は同時に手に入れて巻き上げ不良の修理待ちであったnovonar付である。
このレンズは西側zeissではnover(ノバー)名の3枚玉、いわゆるトリプレットと同じものである。
ドイツ東西分裂により商標の関係で東側zeiss製は名前のみが違うのである。
私のTAXONAは戦後型でこのnovonarにも淡いブルーの単層コーティングが施されている。
c0160387_051942.jpg
巻き上げレバーを修理して剥がれて無くなっていた貼革も、私の好きなブルーの革に貼替えた。

いざフィルムを入れて写真を撮りにいった結果、24枚撮りフィルムで33カットを物にした。
中で一番気に入ったカットをお見せしよう。
c0160387_091010.jpg
巻き上げて自転車で移動しようとしてシャッターに触れ、期せずして撮ってしまった青空である。

なんとなくカタカナの『アオゾラ』がしっくりくる。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-22 00:17 | クラシックカメラ

祝!ブログ開設一周年!・・RICOH GR-1 with GR28mmf2.8

今日でこのブログ開設一周年を迎えた。

本日開設一周年を迎え、総アクセス数 11,420 掲載記事数 169 を数える。
当初3~4日に一度の割で更新できれば良いかと考えていたが、この一年の結果は ほぼ2日に一度の更新をした事になる。

これもひとえにご高覧頂いた皆様や、コメントを入れていただいた皆様の励ましによって続けてこられたと深く感謝いたします。
c0160387_1020568.jpg

当初ブログ開設の目的は、趣味であるクラシックカメラ収集の見せびらかしとそれらカメラで撮った写真の公開の場の確保であった。
当然それらにまつわる仲間・友人・知人との交流の場になれば良いと考えた事も大きな理由である。

よって、全ての掲載記事には自前の写真を添えているが、自慢のカメラであったり新しく手に入れたカメラであったり時にはデジカメ、それも携帯電話カメラ等で撮った写真も多数掲載した。良くぞ愚にも付かない写真と文にお付き合い頂いたと本当に感謝の念に耐えません。

これからも、思った事・感じた事・古くて新しいカメラの事等書いて行こうと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
c0160387_1035357.jpg
これからも安定飛行といけますよう・・

今回の『お辞儀福助』の写真はnetからの無断拝借です。悪しからずお許し下さい。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-19 10:36 | 近況

学生時代・・・LORDMAT with Lordon50mmf2.8

今回使用のカメラはドイツウェッツラーにあるもう一つのカメラメーカーLEIDOLFが作ったLORDMATである。
ウワサによると、かのLEITZ(有名なライカ製造メーカー)の下請けのような仕事もやっていたそうだが真偽の程は定かではない。
以前ブログにそのカメラの写真は紹介しているので割愛するが、シンメトリーなデザインで尚且つコンパクトな巻き上げレバーはアルパと同じ前面から手前に巻き上げる。

レンズ交換可能でレンズ基部のねじで締め付ける独特なマウントと言えるのかどうか・・
いずれにしても、望遠90mmと広角35mm、また50mmf1.9のハイスピードレンズが用意されていたようだが、現在その交換レンズを見つけるのは相当な根気を要するようである。

とカメラの薀蓄は置いておいて
c0160387_117210.jpg
とある高校の校庭である。
つつじ咲く頃であるから随分前の写真であるが、今回見直してアップすることにした。

相変わらずの勘露出で、つつじに当たる日差しを基準にしてしまったので奥の金管楽器を吹く女学生がアンダーに沈んでしまったが肖像権云々ではこれでよかったかもしれない。

私の学生時代といってもこれは大学ではなく高校生までの多感な時代を意味するが、音楽で言えば現在来日中のサイモン&ガーファンクルのフォークディオ、ビートルズからエアロスミス・ディープパープルなどのロック系、他にカーペンターズ・スリードッグナイト等、洋楽と言う言い方も古いがそんな音楽をむさぼるように聴いていた記憶がある。

あの頃、自分自身にある無限の可能性を信じて疑わなかった頃を今回の写真を見ながら思い出したのである。
翻って現代の何かに追い立てられるような焦燥感の中で自分の可能性を自分で狭めてしまっている事に気が付いて愕然とする。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-18 11:30 | 写真

道具・・TAXONA with C.Zeiss Jena Tesser3.75cmf3.5

使い込まれた道具は美しい。
私の父親の職業は建具職人である。
その使い込まれたかんな・のこ・のみ・鉄尺etc...

それはこういった物だけではなく、料理人の使う包丁・鍋や、果ては今立て壊しの瀬戸際にある大阪の歴史あるダイビルの廊下・洗面所のカラン等々

手ずれや道具として使用すると必然で付く傷・凹みまでが美しい。
c0160387_7331227.jpg
いつもの大川に浮かぶ川砂採取船である。本来の使用方法ではないが、間じかに迫る天神祭りの船渡御準備に集結している。鉄の風合いを美しいと思うのは感受性が豊過ぎ?
c0160387_7433699.jpg
これが本来の使い方・・

使い込まれて地金の真鍮地が出ているカメラも当然美しい・・・
そんなカメラに憧れを持っているが、そのためにはやはり一台のカメラに一本のレンズを使い込むのが早道だろう。
でも無理!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-17 07:53 | クラシックカメラ