<   2008年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

来年もよろしく

今年もあと10数時間で暮れようとしている。
色々な事があったがさしたる不都合も無く一年が暮れる。
これは本当に幸せなことだと思う。
来年はどのような年になるのか?どのような年にするのか?年頭において少し考えたい。
c0160387_1047868.jpg

来年もよろしくお願いします。
皆さん良いお年を・・

レンズの曇りを取ったオリンパスペンSはかくも逆光に強かった・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-31 11:00 | 近況

気候変動

少し前まで街の木々は葉を赤く染めることさえ躊躇していた。
だが季節はそんな温暖化からクリスマスを境にして、初雪も降るような冬モードに帳尻を合わせてきた。
c0160387_2323162.jpg
このもみじのように色づく前に落ち葉となるのかと心配したが・・
しかし・・
c0160387_23264197.jpg
一気に赤く空を染め、そんな心配を杞憂に終らせた。

c0160387_23284736.jpg
冬曇りの新阪急ホテルであるが、なぜかバベルの塔を連想してしまった。

この暗い冬曇りの写真を見ていると、新聞紙上・テレビを賑わす派遣切りを初めとする暗澹とするニュースを聞くにつけ、厳しい寒さと温かい家庭について考えさせられる。

少し前の毎日新聞にも出ていたが、是非日本経済のリーディングカンパニーであり、経団連会長を擁する企業等が率先して雇用促進を考えてもらいたい。私自身、この会長に期待はもてないと思っているが・・

私もアナタも同じ人間なのだから、この寒空に落ち着ける場所を奪われることのつらさを想像してもらいたい。
政治ネタは似合わないとは思いつつ、他人事とするにはあまりに身近な出来事である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-30 00:03 | 写真

迅速巻上げ装置

ナイフの刃先のように鋭くエッジを効かせたトリガーレバーを持つペトリハーフである。
c0160387_15365138.jpg
オリンパスペンに遅れることわずか1年に満たない、1962年発売のハーフサイズカメラである。カメラの写真はNikon F3with50mmf3.5マイクロニッコール

当時のキャッチコピーは『緑の窓のトラ・グラカメラ!』
写真でも分かるが緑色した採光窓を持ち、ファインダーをのぞいても世界が緑色に見えるファインダーを装備する。トラ・グラとはご年配の方にはピンと来る、トランジスタ・グラマーの略である。

確かに35mmフィルムの横幅半分を一枚としたハーフサイズカメラであり、トリガーワインダーを備えるるため、縦と横のサイズの比率が普通の35mmコンパクトとは少し変わる。
当時のカメラの常識からすると少し横が短く背が高い。だからトラ・グラカメラ

メーカーは栗林写真工業。馴染みがあるのはペトリの名前。カメラ前面に斜め45度に傾斜して付けられたシャッターボタンがユニークな、安価な一眼レフを製造していた。

このペトリハーフに装備する『オリコール』なる利口そうなレンズで撮れる写真やいかに・・
c0160387_15495192.jpg
ビジネス街のCafeである。
残念ながらレンズの素材が柔らかいと見えて、レンズ前面には無数の拭き傷らしきものがある。本当はもう少しシャープなのだろう。

しかし、このカメラの特筆すべきはその巻上げ方法のトリガーレバーにある。

色々な所で語られるが、不必要に尖ったレバーの刃先は凶器になりそうである。
また、底蓋を開けるとそのトリガーレバーを引くことによって、まるで自転車を思わせるチェーンの駆動によってフィルムを巻き上げる様子が見て取れる。

当時のハーフサイズカメラのデザインや発想はライカから続く35mmカメラから少しだけ離れた自由度があり面白い。
現在の常識に縛られたアナタも、緑の世界を覗いて見る事を勧める。
c0160387_16111944.jpg
シャッター音は小気味よく、決して隠し撮りではありません。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-27 16:25 | クラシックカメラ

メリークリスマス

今日はクリスマスイブ
最近当ブログのスキン(背景)をクリスマスバージョンに変更した。

いよいよ年末も押し詰まったということか・・

今日の朝、出勤する通勤電車の社内広告でこんなキャッチコピーを見た。
      『宅配は猫である。』
リボンでデコレートされた大きなクリスマスプレゼントらしき荷物数個の前を宅配便の車が走っている。
その宅配便の車の後部からは黒い尻尾が生えている。

今日はクリスマスで、サンタの代わりに宅配便が猫のようにプレゼント配達に忙しいのだろうと考えた。

さて、帰りの電車でも同じ広告を見た。
『宅配は猫である。→たくはいはねこである。→わがはいはねこである。→我輩は猫である。』
バンザーイ!

落語の大喜利のようなオチである。
一日がかりで理解した。
c0160387_2117881.jpg
新梅田シティである。写真は本文とは一切関係ないが今日はこの空中庭園もカップルに占拠されているのだろう。ローライフレックス2.8C・TRX
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-24 21:18 | 近況

200円カメラ

随分前になるが大阪手作りカメラクラブ例会の恒例セリにおいて、手に入れたカメラが
この200円カメラである。
カメラ名は『konicaビッグ・ミニBM301』
c0160387_19252035.jpg
konicaビッグミニ3代目のカメラである。( この写真はnet上の写真であるが、無断転載をお許し願いたい.)

何故200円かというと、この機種普遍のフレキシブル基盤の断裂にある。
要するに、電池を入れて写真は撮れるがフラッシュ制御他、露出補正・デート表示、果ては駒数計の表示ができない。何枚撮ったか?後何枚撮れるかの情報も与えてくれない。
c0160387_21525290.jpg
忘年会のあと女の子のスニーカーが面白く撮った写真。周りに他の足先が写り込み思ったよりも画面がまとまった。
c0160387_2155221.jpg
北区太融寺町にある弘法大師建立の名刹である。寺内町にラブホテルなど風俗店が多くあり、歓楽街のランドマークになってしまった。

しかし、このカメラは私の好きなヘキサー・ヘキサノンの流れを組むkonicaレンズ35mmを装備して写りには定評がある。かのアラーキーの常備カメラだったこともある。
私のビッグミニはまったくのフルオート機となっているが、何もできない事は何にも気を使わない事であり気楽に撮影できる。

200円ではレンズ付きフィルムも買えないが、格安フィルムと組み合わせれば300円少しでこの写りが手に入る・・あっ電池代!これが高い・・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-23 22:20 | カメラ

エルマー9cm

エルマー9cmf4
c0160387_22114969.jpg
既出のライカレンズである。レンズ番号から1942製と知れる。
多分ライカレンズの中では1.2を争う不人気レンズ。
確かに中古市場でも安価に出ているが、売れ行きが良いとはいえない。
製造数が多い事と、レンジファインダーであるライカ等では望遠は使いづらい事に起因していると思われる。
c0160387_22161872.jpg
中望遠レンズとしてポートレートに使用すると良いようだが、前出のように私はスタンダードにつけて目測で使用することのほうが多い。
だから、ポートレートはちょっと・・

なお、私のエルマー9cmはブラック塗装もハゲハゲであるが、レンズは綺麗でブルーの単層コートもされている。
c0160387_22322180.jpg
ついこの間までは釣しても寒くなかったのに・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-21 22:28 | クラシックカメラ

暮色

12月は師走である。
今まで6時頃まで明るかった西の空も師走の声を聞いたとたんに暮れるのが早くなった気がする。
c0160387_8504755.jpg
なんだかんだ言っても確実に時は進んでいるのを実感するこの頃である。
c0160387_8543413.jpg
先日購入した時代遅れの古いコンパクトデジタルカメラを使用しての写真だが、私にとって何一つ不満は無い。これで撮れる写真というにはお手軽な画像は、自分の意図したものより心情をうまく再現してくれる。

今日は良い天気になりそうなので、先日修理から帰ってきたオリンパスペンSを持ってケミカルを使ったフィルムに画像を焼き付けて来よう。
c0160387_941970.jpg
このデジタルカメラはマクロが苦手で近接にピントが合い難いのが不満であった・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-20 09:07 | 写真

エルスケン再び

c0160387_7392517.jpg
家で古い写真を見ていたら、これのほうがエルスケンしてるなぁと思い緊急アップ。
カメラは確かオリンパスXA2・35mm目測

c0160387_7413353.jpg
目測繋がりにて、私の好きなアグファオプチマ1035センサー、近接目測でもココまでピントがくる!
これがどこだかわかる人はビジネスマンに間違いない。

もういっちょ
c0160387_7462421.jpg
ココがどこだかわかる人は遊び人に違いない。

こういった2線級のコンパクトカメラにしても、写真を撮るのは面白い。
これからもよろしく!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-17 08:06 | クラシックカメラ

梅田・クリスマス10日前・・

今日の朝、ブログにアップした私のminolta-XDを持ってさっそく梅田に行ってきた。
c0160387_17413030.jpg
c0160387_1741170.jpg
街は至る所でクリスマスイルミネーションの飾りつけ。
c0160387_17135795.jpg

久しぶりに家内と一緒に阪神百貨店地下売り場へ行き、お使い物のクラブハリエのバウムクーヘンとワインを購入。もちろん自宅用にも小さいのを一つチョイスした。

ビールと串カツで軽く食事をした後は、妻への早めのクリスマスプレゼントに妻の希望の新しい財布を買って帰路へとついた。

帰り道に鏡張りの外壁を見つけたので、現代のエド・ヴァンデル・エルスケンもかく有りなんと自画像を撮影、アップする。
c0160387_17163973.jpg
画像は全て、昨日買ったミノルタDIMAGE-Xi

私が以前より持っているDIMAGE-Xより少しだけ性能アップしているが、何よりフラッシュの自動発光をデフォルトで禁止にできることが購入の動機・・
同じカメラ2台になってステレオ写真でもするか?
XDでの撮影結果は後日・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-14 17:46 | 写真

minolta

旧々ロゴのminolta-XDである。
c0160387_804759.jpg
装着レンズはミノルタ一眼レフ初期のSRマウントの35mm・f4プリセット絞りである。

古い、暗いレンズにミノルタハイマチック用金属フードを組み合わせている。
隣にあるのが昨日の大阪手作りカメラクラブ例会の恒例の競り市で手に入れたソリゴール
28mm-f2.8である。

ソリゴールは後付のMC爪が付いているMCロッコールタイプ、金属ローレットである。
日本カメラ財団による検査合格のシールが貼られている。
それぞれの特徴から製造年の一番新しいのがカメラボディで、高度経済成長真っ只中の
1980年製である。
今から28年前、レンズに至ってはゆうに30年は越えている。

それでもカメラとして完成された端正な佇まいには写欲を刺激して余りあるものがある。
今日は少し天候は思わしくないが、このオールド一眼レフカメラで街に繰り出してみよう。

このレンズを通して見る街は希望にあふれているに違いない。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-12-14 08:33 | カメラ