<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

紅葉Ⅱ

今日、朝に写真仲間が銀杏並木の紅葉真っ盛りの御堂筋へ写真を撮りに行くと言う。
午後からなら一緒に行くつもりだったが、すでに午前8時過ぎ彼は電車の車中の人であった。
よって、一緒に行くことをあきらめ私はいつもの大川沿いの紅葉を愛でに行ったのである。

もちろんカメラ持参である。
c0160387_1640064.jpg
以前東大阪のとあるガラスメーカーで購入した表面鏡を切り出して、前にこのカメラに移植していたアクリル表面鏡と入れ替えた。
おかげでスッキリ明るく、ピント合わせも快適になった。

24枚撮りのネガカラーを入れたが、今回選択した100mmf3.5のレンズ一本勝負で50カット撮りきった。
ハーフとはいえ久しぶりの一眼レフで、シャッター音もクイックリターンミラーのおかげで少し大きいが切れもよくリズムに乗って撮影するのは楽しかったことをここに報告する。
c0160387_16583956.jpg
しかし、現像はまだまだなので携帯デジカメによる速報をひとつ・・

業務連絡
toraさん、今度行く時は最低2~3時間前には連絡くれよ~
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-30 16:59 | クラシックカメラ

紅葉!!

あんなに暑かった夏も今はなく、突然の寒波襲来に秋も無く冬になるのだと思っていたがやはり秋はあった。
c0160387_21363216.jpg
大阪市役所横のプロムナードではすでに12月に向けクリスマス電飾の準備真っ最中。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-28 21:39 | 写真

コダクローム

さる9月のまだ暑い日に奈良へ行った。
それはコダクロームで写真を撮るためだった。

写真仲間数人と各自思い思いのカメラにコダクロームを詰めて、コダクロームに適した被写体は何だろうと考えながらショットを重ねた。

私は赤など原色に近い発色にらしさを感じるほうなのでこんな被写体にレンズを向けてみた。
c0160387_814849.jpg
c0160387_82172.jpg
撮る前に思ったような深い赤をフィルムに焼き付ける事ができたと思う。(フード無しのため上部に逆光によるフレアが出た・)

後は暗めの被写体に対するチョット渋めの発色がコダクロームらしいと感じるがいかがだろう・・
c0160387_852182.jpg

カードン・エクターwithコダクローム
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-27 08:06 | 写真

ローライ続き・・

先日写友4人と十三のイタリアンレストランへ行ったことは以前このブログに書いた。
今日はその時持参したローライフレックス2.8Cプラナーで撮った写真をアップしようと思う。
c0160387_22272221.jpg

しかし昨今はなぜかしら周期的に二眼レフカメラに魅きつけられる自分がいて、自宅でもテレビを見ながら、本を読みながらその合間にシャッターをチャージしてピントを合わせてレリーズする。
何でもない事だがその感触を楽しんでいるのだ。
だから自然と休みなどにはフィルムを入れてうろうろしたくなる。
c0160387_22281912.jpg
ビヨンセに釣られてシャッターを押してしまった・・
c0160387_22283845.jpg
さすがに画面内に太陽を写しこむとゴーストが出る。

それでもこのカメラが製造されてから半世紀以上経っているが、何一つ不満が無い。
今のデジカメにはない味を持つフィルムカメラを残すためにはフィルムが必要だ。そのためには、できるだけフィルムを消費してフィルムメーカーに貢献したいと思うこの頃である。
TRY-X
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-25 22:42 | 写真

二眼レフの王様

『ローライフレックス』
この言葉を聞いてすぐに二眼レフカメラを連想する方ならお分かりだろう。
ローライフレックスこそが一時期世界で、とりわけ日本で一世を風靡した二眼レフレックスカメラの頂点に位置するカメラであると・・
c0160387_187411.jpg
ローライフレックス2.8C プラナー

このカメラから内面反射防止バッフルを装備してピント調整ノブも大型化し、レンズもシュナイダーのクセノタールとともにカールツァイスのプラナーが選択できるようになった。いわば、ローライフレックス最高峰の2.8Fに繋がる基礎を完成したカメラである。

c0160387_18164359.jpg
c0160387_18165390.jpg
c0160387_18165977.jpg
夜の梅田32番街

手持ち・開放・スローシャッターと最悪の条件であるが、このカメラで無かったら写真を撮る気にはならなかった。
中判カメラにしてはコンパクトで、写真家の渡辺さとる氏が彼の著書『旅するカメラ』の中で言っている『ファインダーを覗いているだけで幸せな気分になれるカメラ』であることに異論は無い。

しかしこんな駄作をフィルムに焼き付けるなら、彼も言うようにシャッターを押さないほうが良かったりして・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-23 18:43 | クラシックカメラ

冬将軍

昨日から一気に冷え込んで真冬の様相である。
私も今日から冬物のスーツに着替えた。昨日まではまだ夏相物のスーツだったのに・・

写真は今日の空模様である。
c0160387_23574163.jpg
Qああわおおらおもu位にo位に
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-19 23:59 | 写真

寒~

昨日から一気に秋が進んだ?
イヤ進んだと言うよりも一気に冬へ突入だ。

街中の木々も色づき始めたと思ったら枯葉となり、紅葉が間に合わない。
c0160387_7242337.jpg
自宅前の空き地にあるオブジェ。
その先の子供が遊んでいる広場にはブランコ他遊具があった。
昨今の遊具による子供のケガなどで取り払われてしまった。これも寒い話だ。

また、これから年末にかけて忘年会など酒を呑む機会はいやおうなく増えるが、事故・ケンカの加害者にも被害者にもならぬよう気をつけたい。
人として人の命をあまりにも軽く考える事故・事件が多すぎて、こちらもあまりに寒い話だから・・


写真はスタンダード+エルマー5cm
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-19 07:47 | 写真

夕やけ~♪

昨日は写真が取り持つ愉快な仲間4人と梅田で待ち合わせ写真を撮りながら、十三にある
これまた愉快なマスターのやっているイタリアンレストラン『はやしらいす』へ繰り出した。

食べきれないおいしい料理に、飲みきれないおいしいワインに一同大満足で帰宅と相成った。
これだから写真も、そのまた仲間とのバカ騒ぎもやめられないんだよなぁ
c0160387_7592134.jpg
写真は十三へ向かう、『十三大橋』の上から西宮・尼崎方面の夕暮れを狙ったつもりが・・
(携帯カメラ)
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-17 08:05 | 近況

軟膏

何度も通ったことのある道で今日突然にこの看板に出くわした。
今までもあったのかもしれないが、それは私にとって唐突に目の前に現われたように感じたのだ。
c0160387_20581343.jpg
大阪に出てくる前、少年時代を過ごした田舎の街角、それも古い薬局の前で見ていたように思う。
こんな看板はボンカレーや由美かおるの蚊取線香などとともに記憶の奥底に眠っている。

でもこの女性はいったい誰なのかは分からない。
どなたか知っている人います?

結局この看板は薬局の前にあったわけでもなく、今時の無国籍料理レストランのランチメニュー用の支柱として利用されていたのだ。

新しくできた店かなぁ
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-12 21:12 | 写真

晴天専用!

昨土曜日は月に一度の大阪手作りカメラクラブの例会であった。
手を出せば手に触れそうなものすごい立体感に圧倒される、ブローニーを使用するステレオカメラ等先輩諸氏の知識造詣には圧倒されるものがある。

そんなところで私は昨月の例会で改造着手を発表し、このブログではすでに発表したローライコードのファインダー復活を述べるにとどまった。

それより何より楽しみなのは『今井商店』の出店が復活したことで、イコフレックスやイコンタシックスなどの上物があるかと思えば、これは何だと思う雑品の数々はそれを見ているだけで楽しい。

そんな中で私が今回購入したフィルターを見てもらおう。
c0160387_23331596.jpg
フィルター枠にはminoltaの旧ロゴが刻印(プリントではない!)されており、ND 4EV F24NAの型番らしきものが見て取れる。

口径は24mmと今回のローライB35にちょうどであるから、普通のレンズ用途とは考えられない。私の推測ではメーター用ではないかと思われる。netで調べるも詳しい情報に行き当たらず、どなたかご存知の方は教えて欲しい。

しかしNDフィルターには間違いは無く露光倍数を手持ちの露出計で測ると3段と出た。
フィルター枠には4EVとあるのに不思議だが、手持ちの露出計を信じるならND8に相当する。

今回例会でも発表のあったフィルムケースを利用したフードを私も夜なべで作成したので、併せて
晴天専用としたいがどうだろう・・
c0160387_23421827.jpg
このブログを見てくれているうら若き女子のみなさん。今回は思う存分オタクらしき話題を展開したがこれに懲りず覘いてください。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-11 00:00 | クラシックカメラ