カテゴリ:写真( 338 )

太陽・・GR DigitalⅡ with GR Lens5.9mmf2.4

真っ赤に燃える 太陽だから・・

彼がまだ大学生の時、鮮烈な躍動感と今で言うところの新しい若者カルチャーを作り出した『太陽の季節』で文壇デビューした。
以来、その思考は日本を憂う気持ちになり政界進出、国政を担う事のなんたるかをも経験した事は同じ国を憂いた三島とは少し方向が違う。

しかし、そこで間接民主主義の限界を知り直接民主主義の都政に転換して強大な権力を握ってきた事は周知の事実である。
その彼がまた国政での大同団結を目指し、政局の第三極にならんとしている。
母体は『立ち上がれ日本』
その結党時にはいわゆる『おじん政党』と揶揄されたあの党である。

そして付いた新しい政党名が『太陽党』
おいおい、まだ太陽の季節から脱却できていなくて大丈夫か?
c0160387_7553548.jpg

本来は強烈な逆光・つまりは太陽に直接レンズを向けた写真をと思ったが、良くて秋空の雲だろうとこの写真をチョイスした。

それにしても、澄み渡る少し乾燥した秋の空は高く、その雲の表情も見ていて飽きないのだが政界の太陽はもううんざりなのである・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-11-16 08:00 | 写真

小さい秋・・Bolsey Type-C with Wollensak44mmf3.2

小さい秋
誰かさんが 誰かさんが 誰がさんが見つけた
小さい秋 小さい秋 小さい秋見つけた ♪

いわずと知れた、サトウ八チロー作詞の『小さい秋見つけた』である。
その解釈には諸説有、作者のサトウハチロー自身がその意味するところを述べていないので確たるものは今でも謎ではある。

私の感ずるところ小さい秋とは初秋を指し、いよいよ秋本番から初冬になる前の少しもの悲しさを垣間見せる頃のことではないかと思っている。
時期で言えば、ちょうど今頃・・
c0160387_1654156.jpg
まだ一部が色づき始めたいつもの大川沿いである。これなどはまさに小さい秋?(笑

来週辺りから朝晩は随分と冷え込むとのことだから一気に秋の紅葉となるのは近いと思われる。
そうなると小さい秋から大きな秋・・初冬へと駆け足で進んで師走の声を聞くことになる。

だからこの時期、あの人のことを思いながら存分に人恋しい秋の気配を楽しむとしよう・・
何時までもときめく気持ちは持ち続けたいのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-11-10 17:09 | 写真

反省Ⅱ・・Bolsey Type-C with Wollensak44mmf3.2

昨日はいささかどころか今日になって酔いがさめ冷静になるにつれて、酔っぱらってセクハラ大魔王と化したことに自己嫌悪に落ち込む事はなはだしい・・
それでも一緒に飲んで、被害者である女の子から『また是非飲みに行きましょうね』とメールをくれたことには感激にむせび泣くのである。

次こそは大人の余裕のある酔い方をして、スマートに別れたいと思っているのだが本当に次の機会があるのかはわからない(涙
そんな昨日の自分に対していまさらながら猛省を促がしたい(笑
c0160387_22363139.jpg
今回使用のカメラにフィルムをセットして2枚を空撮りして送ったのだが、そのいずれにも絵が浮かんでいた。その最初の1枚がこれである。

どれほどフィルムの入れ方がうまいのか・・(笑
36枚撮りフィルムで39カット(内2枚は今回同様写っているだけ・・)

最初の1枚は自宅リビングだが、意図せず写っている・写したつもりも無いというのが何かしら画面に緊張感を持たせていると思うのだ。

今後は飲んで酔って、我を忘れてもどこかに緊張感は持っているようにしたい。
また女性には事前連絡が必要で、連絡せずに飲んで帰った私は今日も妻とは言葉を交わしていない・・(笑

追記:本日入札案件は無事当社で落札し、私の引きの強さを証明できた事のみは大変喜ばしいことである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-11-08 22:47 | 写真

写り・・Bolsey TYPE-C with Wollensak44mmf3.2

私の好きな写真の写りに金属の質感がある。
c0160387_23105333.jpg
川面に反射した光が橋の金属構造体に照り返している。

美しい。

写真は常々光だと思うから尚更である。
私の好きな逆光であればよくあるシチュエーション

それでも好ましい写りをするレンズはそうはない。
今回のwollennsakは充分好ましい。やはりシグネットのアメリカ製のコダックエクターと同時期の製造だからさもありなん・・

また話は変わるが、今日は会社帰りに同じ部署の者たちと飲んでいた。
そこに旧の部署の新入社員の女の子から『一緒に飲みませんか?』

行かないわけがない(笑

でもそこは気のいい子達の事で、一緒に飲みましょう・・
私は彼女等を独り占めしたくていやだったのだが一緒に飲んだ・・

いやぁ楽しかった。
ハグもしてくれたし・・(無理やり?
途中、奥さんから『晩御飯がいらないなら連絡よこせ・・』とお叱りのメールに電話があったが、言葉を濁して帰ったらもう寝てた・・(笑

明日からも仕事を頑張ろう・・という気にさせてくれたのである。
翌朝は、はじめての入札案件への応札で、引きの強さが試されるようでドキドキだけど・・

また一緒に飲もうな!とおもねってみる・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-11-07 23:27 | 写真

感覚・・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4

私は人の変化に敏感である。
昨日も会社の女の子が髪の毛を少しカットしたことに気が付いた。

『髪切った?』
『昨日の早帰りの日に友達と一緒に切ってきました・・』
『少しボーイッシュになってかわいいよ』

それだけではない。
ちょっとした服装の違い、それは今の季節では秋の装いに変わったことに敏感である。

また、私は気が付くと素直に(笑 秋らしい服装になったな・・とか声をかける。
まぁ圧倒的に女性に言う事が多いが、何も女性に限ったことではなく男であっても
『散髪して男前になったな』と言う事もある。

こういって声をかけられるのは迷惑だろうか?それともいやな気持ちになる?
c0160387_7323750.jpg
人の変化に敏感であれば世の中の変化にも敏感で、だから自分の変化にも人に敏感に感じてもらいたいナイーブさが私にはあるのかもしれない。

行き先を指す標識が無いから、周りをきょろきょろしているからかもしれないが・・

追記:おそらくその女の子が気になっている事も大いにあるが、だれかれとの区別も無く気が付くのも確かである。また、けっして自前の髪が寂しく気にしなければ成らないわけではない事を付け加えておく(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-11-02 07:41 | 写真

Halloween・・GR DigitalⅡ with GR Lens5.9mmf2.4

今日は10月最後の日である。
つまりは10月31日、ハロウィンなのである。
そもそもハロウィンとはヨーロッパを起源とする、ケルト人が行っていた祭りに由来するらしい。
一般に死者の祭りであるとか収穫祭とも言われる。

キリスト教との関係を私は知らないが、いずれにしても遠い極東の我が日本においてはほとんど関係が無い(笑
しかし、それさえも最近は商魂たくましく、ハロウィンの扮装を(良くあるのが魔女やお化け等)していれば入場料が割引になるテーマパークや飲食店等があり結構繁盛しているのである。
c0160387_19405.jpg
ハロウィンとは全く関係が無いが、歩きながらの速度同調による流し撮りが決まっている(か?)
確かにこの時はカメラクラブの例会後の二次会で酔っていたはずなのだが・・

何故にハロウィンの話など持ち出したのかは、所謂我々日本人は事あるごとに理由をつけて騒ぎたがる国民性を有していると感じたからなのだ。
何も関係が無いのにハロウィンで騒ぐ・クリスチャンでもないのにクリスマスで騒ぐ、ただのカメラの集まりなのに集まっては夜の飲み会で騒ぐ(笑

今日はいつもの早帰りの日ではあるが、誰からも誘われず一人寂しく帰ってきたら騒ぎようも無くブログのアップとなったのである・・(涙
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-31 19:14 | 写真

ドイツ・・・Leica M3 with Summicron5cmf2.0沈胴

今回これまた古い写真を引っ張り出した。
いや、正確には引っ張り出したのではなく、写真たてに入れて飾っていた写真を思い出したようにスキャンしたのである。
c0160387_16422952.jpg
これはまだ私が表題のカメラであるライカのM3を手に入れてそれほど日は経っていない頃だと思う。

ある休日に外出先から帰宅した時、自宅マンションの入り口横の道路に止まっているこの装飾した?ワーゲンに出会ったのである。
急いで自宅からカメラを持ち出して撮った写真がこれである。

まぁ手に入れて間が無いカメラが嬉しくてリビングのテーブルの上に置いておいたので、すぐ冷蔵庫の野菜室から(笑 モノクロフィルムを取り出し詰めて撮ったのである。・・やはりライカに沈胴のMマウントズミクロンならモノクロだと確信しながら・・

どうです?
絵葉書くらいにはなりそうでしょ
いやそう言うと絵葉書は完成された構図に題材の取り込みだから、絵葉書みたいな写真と言うのはほめ言葉と以前先輩に聞いたので、自分で言うのはおこがましいが・・

旧車のオーナーがこのワーゲンを大事にして車に注ぐ愛情がリヤホイールアーチに顕れているし、何よりホワイトリボンのタイヤのチョイスがマッチして上品に旧車の雰囲気を出している。

私も旧型とは言えぬ恐ろしく古いが写真を撮る本質を具現化したカメラでこの被写体に出会えた幸運をかみしめたのであった。
古いワーゲンにライカの取り合わせは何とも素敵だと思いませんか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-28 16:58 | 写真

ゆで卵・・GR DigitalⅡwith GR Lens5.9mmf2.4

今日の朝食である。
c0160387_825651.jpg
先日からちょっとお気に入りのゆで卵である。
今朝はトーストとオレンジジュース、野菜スープ

敢えてお気に入りと言うほどでもないが、いつもは目玉焼きにする卵もこうして半熟のゆで卵にして食べるとおいしい。
何の変哲もない事がそう思わせるのだろう。
そういやぁ色々手を凝らして料理をするより、素材本来の味を生かした料理がヘルシーで好まれる日本料理が世界規模で受け入れられている事がその証左であろう。

だから私の作る朝食も、あまり手を凝らしたり、ごてごてと装飾も無いシンプルなものが多いのである(笑
いわゆる、手抜きとも言うが・・

人生もこのシンプルさを取り入れて歩みたいものである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-24 08:11 | 写真

落目・・Primo-JR with Topcor6cmf2.8

落目
落日ではない落目(おちめ)である。
何の事かと言うと週刊朝日の橋下大阪市長の特集記事のことである。
何も橋下市長が落目と言うのでもないが、記事掲載した週刊朝日の報道の自由を取り違えたような記事を活字にした見識の無さに『朝日も落ちたものだ』と感じた次第。
私はかの週刊誌を読んでもいないので大きなことは言えないが、気になったのでnetで記事の内容はチェックした。

公人にプライバシーはないとしたスタンスなのであろうが、その出自からルーツにいたるまで・・
南京大虐殺が無かったとして記事を掲載しバッシングを受け廃刊となった雑誌もあったが、今回は人権問題にまで発展してもおかしくない。
そうなれば廃刊どころか親会社の大・朝日もどう報道するのだろうか?
c0160387_1083292.jpg
バラエティ番組に『茶髪の風雲児』として登場して人気をかこい、あれよあれよで大阪府知事に大阪市長と駆け上がった橋下氏の言い切り方がわかりやすいと言うのはわかる。その偏った考え方に警鐘を鳴らそうとする、もしくは危惧を感じる事も同感である。

だがしかし、時代の寵児を題材にした記事をあの手この手で作り上げるほうも大変だろうが、本当にバカな事をしたものである。

だがこれで今週号の週間朝日は増刷決定で、売り切れ続出と言うのなら我々庶民の野次馬根性も非難されないといけないかもしれないのである・・

今回写真は落日と落目にかけました・・かかってない?(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-20 09:59 | 写真

夏・・・携帯電話カメラ

やはり、茜空が記事別トップに返り咲き・・(笑

今日は今年の暑すぎるような(毎年言っているようだが・・)夏のある日、街の交差点で見かけたカップルである。
c0160387_21415055.jpg
ことに女性のミニスカートや短パン・Tシャツに比べ、露出が多いとは思えないサマードレス姿に引かれたのである。

ちょっと南国の感じがするのは、暑い国ほど露出を抑える着衣・・例えばベトナムのアオザイ・・を連想したからかも知れない。
またその色合いも涼しげで、一種アロハシャツをも連想したのである。

だがしかし、後から改めて写真を見返して、腰パンジーンズの彼氏のだらしなさが今風なのだろうかと頭をひねったのは私の年齢だからなのだろうか?

皆さん、どう思う?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-16 21:49 | 写真