2012年 08月 12日 ( 1 )

風土病・・・LeitzStandard with Elmar5cmf3.5

昨日のカメラクラブ
相変わらずだが、その例会後の宴会が楽しいのである。
まぁこのところの暑さに火照った身体を冷たいビールで冷やすところから、あーだ・こーだの憂さ晴らしになんだか別の話題でヒートアップしたり・・・

おまけに昨日は2次会で少しは大人なショットバーへ行き、私は好きなバーボンをセレクトして2杯目は店のマスターお勧めのアルコール度数は高いがバーボンらしい『日向くさい』香りと味を楽しんだ。
誠にアダルトな店でもあり、旨い酒と抑えた会話を楽しむにはうってつけの店である。
今回はおじさんばかりで行ったのだが、次回は是非とも彼女と行きたいものである。
そのときのためマスターに、今度ここに来たときは『マスター、いつもの奴』って頼むのでこのバーボンを出してねと頼んだ(笑

『さぁ1回じゃわからない。何でしたっけ?』って聞き返すよ・・とは言われたけれど・・
私自身、今日朝目覚めてなんて酒だったか思い出せないのだからどうしようもないのだが。
c0160387_11492624.jpg

昨日例会のI井商店で手に入れたLeitzのElmar5cm用純正フード

誠に貫禄があり、大幅に真鍮地がのぞいているが古き良き時代のものだけにこんな小物に至るまで一切の手抜きを感じない。
先日手に入れた木村伊兵衛の写真集に触発されて、シンプルなライカとエルマー5cmでこの盆休みに写真を撮りたいと思うのである。

そうそう昨日から私は盆休み。
一応は今週一杯19日までがサマーホリディという事になっているのだが、間で1日どうしても片付け無くてはならない仕事がある。だから出勤することでもあり、どこかに長期旅行といった予定は立てられぬ。
だからものは考えようで、早めに仕事を切り上げ夕方StandardとElmarで心斎橋あたりを写真に撮って、例のショットバーに行ってみようか・・

今度はしっかり件のバーボンのネームもチェックして・・次に備えるのである(笑

追記:表題の風土病とは、カメラエンスーの方ならわかろうが、文字通りレンズフード(風土)に魅せられた私のようなものの事を言うのである。
古い・良いといわれるレンズには光学的見地からもフードは必須なのである(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-08-12 12:00 | クラシックカメラ