2012年 02月 25日 ( 1 )

ツタ・・・RolleiFlex3.5E with C.Z Planar75mmf3.5

ツタの絡まる チャペルで~♪
聞き覚えのあるフレーズ、自然と浮かぶメロディ

このフレーズを検索するとトップに出てくる、1964年ペギー葉山により歌唱発表され広く若い学生間で愛唱されたとある。
私の学生時代では当然無いが、懐メロか何かで聞き知っているのである。
確かにツタが絡まるのはチャペルか洋館が望ましい。
日本家屋では趣が違うようではある。
c0160387_8485839.jpg
洋館とは違うが極標準的な二階家の壁一面を伝うツタである。

ここにレンズを向けたのは、寒の戻りで随分寒い先々週の日曜日。
冬を思わせない青々と茂る大木の向こうから差し込む日差しがまぶしく、枯れたツタと緑の対比にひきつけられたからだ。
見事にツタが絡まる?家屋のぽっかり窓だけが綺麗にのぞいている。
やっぱり手入れしているんだろうなぁ

冒頭の歌で同時に思い描くのはこれも懐メロと言って良いような舟木一夫主演の高校三年生等の青春映画である。もちろん見たことは無いのだが・・
今朝の朝刊にはそんな映画フィルムの製造で、我が富士フィルムが米アカデミー賞受賞を知らせる記事が出ている。
何でも、500年保存が可能なフィルムで、デジタル画像の光の三原色をモノクロ変換してフィルムに定着・保存することで長期保存が可能になったとか。
肩身の狭い、フィルムの世界に明るいニュースである。
FFもまだまだ捨てたモンじゃない(笑

追記:我がブログはまず写真があり、その写真にインスパイアされて文章があふれ出る。 
    よって、多分にこじつけもあるが、写真が無くなれば更新も滞るのを許されたい。
    そろそろ写真が尽きてきた・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-02-25 09:06 | 写真