2011年 06月 20日 ( 1 )

カフェカーテン・・Rolleiflex3.5E with Planar75mmf3.5

ようやく表題カメラのフィルム現像が上がってきた。
今回雨続きで、まして何処に行ったわけでもなくとりあえずフィルムを入れて写真を撮ってみただけというのは現像上がった絵を見てみると一目瞭然であった。

ほんっとにろくな写真が無い・・
自分で見てこんな写真を撮るのはフィルムのムダ以外の何物でもなく、これなら撮らない方がマシだと自己嫌悪に陥るのである。
c0160387_21313976.jpg
これは自宅リビングダイニングの窓にかかるカフェカーテンである。

このマンションを買ったときに妻が普通のカーテンじゃなくカフェカーテンにしても良いか?と聞いてきたが、私は知らないままで良いと返事をしたのである。
今からかれこれ十数年前の出来事である。

今回ろくな写真が無い中で、これだけは木村伊兵衛が撮った自宅リビングの掛け時計を彷彿とした。
その写真は晩年に体調を崩した彼が撮ったものである。
すでに街中へスナップしに行くことも適わなかったのだが、今回の私と同じでそれでもシャッターを切りたかったんだろうなぁ。

しかし・・
これじゃローライの・・それもプラナー75mmの実力を発揮しているとは言い難い・・
梅雨明けの快晴の元、ハイライトとシャドーの対比を今度は写真の面白さを意識して撮りたいものである。
さもないと、パウル=フランケとラインホルト=ハイデッケにお前にゃこのカメラはもったいないと取り上げられそうだ・・(笑

注;パウル=フランケとラインホルト=ハイデッケとはローライの創業者・産みの親である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-20 21:53 | クラシックカメラ