2011年 06月 09日 ( 1 )

ゴースト・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mm+GW-1

英語でGhost(ゴースト)
これは幽霊を意味する。
よって、写真におけるゴーストとはレンズと言う光の屈折を意図的に変える物体に直接光があたった時に現れる、光の乱反射による意図せぬ光の再現を意味する。
いわゆる、いつ何処に現れるかわからぬものだから幽霊と同義語でゴーストと言う。
c0160387_7233233.jpg
このリコーGRレンズはフィルムカメラのGR-1の時代から逆光に強く、フレア(光の拡販)も少なくゴーストも出にくい非常に優秀なレンズである。
それでも太陽のような強い光源を画面に入れるとこれくらいは仕方がないのか?
c0160387_7263662.jpg
そう思っていたら、太陽も入れていないのにこのゴーストの現れ方には驚いた・・

やはり完成されたレンズの前に新たに付け足しのレンズとして装着したワイドコンバーションレンズだから仕方がないのかもしれないが・・
写真は逆光だ!
逆光こそ撮影対象の濃淡を強調し、ドラマティックな絵が作れると信じる私にしては少し残念ではある。
ともあれ現代レンズのコーティングと言うものもこの光の乱反射を抑え、コントラストを上げる事に多大な貢献をしていることを信じ、もう少し逆光を含め使い込んでみたく思う。

皆さんのGW-1は、逆光でこんなゴースト出ますか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-06-09 07:34 | 写真