2011年 04月 25日 ( 1 )

マジック?・・・RolleiMagic with Xenar7.5cmf3.5 by 督助

二眼レフレックスカメラの一大高級ブランドであり、革新的な機構の発明・実用化を成し遂げたメーカーであるローライ。
その主なものは
1.ステレオカメラを基本とし二つのレンズを使用して、一つはピント調整用・一つは実際の写真撮影用としてピント調整の複雑機構を簡便化
2.優秀な当時ドイツの高級レンズの採用(カールツァイス・テッサー、シュナイダー・クセナー他)
3.裏紙付きブローニーフィルムの厚み感知による完全オートマット(自動?フィルム装填)
4.ドイツ高級露光計 ゴッセンを搭載
5.上記ゴッセンの露光計を使用した自動露出の達成

少し写真、いやカメラに詳しい人なら『ああ なるほどね』と頷かれる事間違いない。
今回写真は上記5を達成したRollei-Magicで撮られたものである。
c0160387_7573471.jpg
葉桜見物の帰路、友人がそのカメラで撮った『二人の怪しい男』である(笑

このカメラ、露出機構は自動であり、露出をあわせるとシャッタースピードはカメラが自動で選んでくれる。
その際Rollei-Magicの名の通りそのシャッタースピードは教えてくれず、写真が写るのはマジックなのである。

私が知る限り、二眼レフカメラの自動露出は後にも先にもこれだけで、後続の発展が無かったのが悔やまれるのである(笑
少しアンダー気味なのはポジだからと言っておこう・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-25 08:05 | クラシックカメラ