2011年 02月 09日 ( 1 )

cafe'・・FinePix S1-Pro with microNIKKOR55mmf3.5

最近新聞の経済面でコーヒー豆の価格高騰の記事は見ていた。
私の愛するコーヒーの価格が上がる事に対しては少なからず注視はしていたのであるが、本日朝刊コラムによるとこのコーヒーの価格が上がる背景には、新興国の需要急増があり金融緩和でだぶついた資金流入による価格高騰が続いているのだそうだ。

毎朝飲む一杯のコーヒーを楽しみにしている私からすれば消費者価格への反映がすでにされているようだが、これ以上の価格高騰になれば豆の品質を落として少しでも安い豆を求めなければならないかも知れない・・

だから今日は緊急に珈琲写真
c0160387_7332372.jpg
いつものペーパードリップによるコーヒー抽出風景である。
奥のコーヒーポットにはすでに残り少ない豆しか残されていないのである。

そういえば、同じコラムに江戸後期の蘭学者の記述にコーヒーの話があり、ソラマメのごときものを黒く炒り細末にして布袋に入れその袋を器に受けてその口から熱湯を注ぎ、出し汁に牛乳を注して飲む。
まさにドリップ方式に違いは無い。
この話の出元はロシアへの漂流者の話に基づくもので、さらに読めばロシアでは当時コーヒーは来客用で一般はみだり?に飲んではいない高級品だったそうである。

気になる当時の日本人の評価であるが、『焦げくさくして、味わうるにたえず・・』
焦げくさいがそれが好きな私は、これからみだりに?飲んじゃいけないのかも知れない・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-02-09 07:41 | 近況