2011年 01月 08日 ( 1 )

おみくじ・・Olympus OM-1 with G-ZUIKO Auto-S 55mmf1.2

今年の運勢や如何に・・
c0160387_751574.jpg
今年は鷹揚にして吉・健康には留意せよ・但し、待ち人来たらず・・

とまぁこんなものか?
いやこれは私の引いたおみくじの話ではない。
私の年初に思った事である。
歳をとると気は長くなると言うが、近年、歳を経るごとに気が短くなっているような気がしないでもない。
それは私だけではなく、街を歩いていても年配者のほうがぶつぶつ文句を言っている光景に出くわす事は多い。
最たる物は自転車・歩行者のすれ違いである。
後からうるさいほどにチリン・チリンと鳴らしてくるのは決まって『オジサン・オバサン』である。

対して、歩道を走る自転車に文句を言うのもやはり『オジサン・オバサン』が圧倒的に多い。
若い子はさわやかに『すみません!』
ぶつかりそうになっても先に謝るのは圧倒的に若い子が多いのである。
これは年少者(本当にそう思っているのではないだろうが・・)が故にそう接しているとは信じ難く、謙虚さがそうさせているのではないのかと思っている。
いずれにしても、今年が節目の歳でもあるし初心に返る?意味でも本年は鷹揚にして・謙虚でいたい。

次は健康あるのみで、何をするにも健康でなければ楽しめないし、力も発揮する事は適わない。
なくして解る最小にして最大のものは健康の二文字なのである。
年末からの暴飲暴食を悔い改めても少し身軽になって健康には留意したい。

最後の待ち人来たらずであるが
これは幸運の使者と言っていいのか?
昨年は宝くじも当たらなかったし、濡れ手で粟の幸運にもめぐり合わなかった。
やはりわが手で幸運は切り開く必要があるのを実感として持っているので、待ち人(いわゆる幸運の使者)は待っていたのでは来ないのである。
格好よく言えば、わが手で捕まえ・引き寄せるのみである。

以上今年の年頭所感の一端をここで勝手に表明する(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-01-08 08:21 | クラシックカメラ