2010年 12月 23日 ( 1 )

青の時代・・・GR-1 with GR-Lens28mmf2.8

古い写真を見ていた。
以前にもこのブログに出したかもしれないが、今また改めて目にして頭の中に『青の時代』という言葉が浮かんだのである。
どこかで耳にした言葉ではあるが、気になってこの『青の時代』をnet検索してみると・・

パブロ=ピカソ
若かりし20代前半の時期がこの『青の時代』と呼ばれている。
この時期を代表する作品に20歳になる自画像がある。

三島由紀夫
東京大学の学生、山崎某なるものが首謀した高利貸しいわゆる闇金融起業による光クラブ事件を題材とした小説の題名『青の時代』がある。

なるほどどちらも聞いたことがある。
ピカソの『青の時代』はその絵を何かで見た記憶があるし、三島の『青の時代』は光クラブ事件のドラマ化を見た記憶がある。

そこでそれに続く私の『青の時代』がこれである
c0160387_9425263.jpg
こうして見るとカメラグラフ雑誌の素人コンテストにでもありそうな写真ではある(自賛?

しかし青が主題ではあるのだが、色以外に訴えるものが無い。
ここはやはり組み写真としてこの色と撮影対象の関係性を明らかにしないとインパクトが無いのである(反省
次回こそは皆さんの深層に訴える『青の時代』をご披露できるよう精進したい。
ご期待are(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-12-23 09:52 | 写真