2010年 09月 03日 ( 1 )

ハニカム?・・Canon-EF with FL28mmf3.5(カビ玉)

六角形の形状をハニカムと言う。
ハニカムパターンと言ったりもする。
良く知る自然の中ではハチの巣が代表的かもしれない。
このハニカムパターンは構造力学?で非常に強い形状であることも良く知られる。

あまり私は利用した事が無いが、カプセルホテルの居住カプセルが確かこのハニカムではなかったか?
c0160387_74827100.jpg
あまり近寄れるレンズではないが28mm広角の古いタイプであるのでこの開放値にしては比較的前玉が大きいのが特徴である。

私の車のボンネットエンドにある排熱のためといわゆるデザイン?としてのハニカムパターンといっていいのか・・
ほぼ最短距離に近寄って撮ってみたが、良く見るとハニカムではない事に気がついた。
ただ、カビが残るレンズでありながら比較的その影響を感じさせない写りには満足した事を報告する。

今回のハニカムとは一切関係が無い・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-09-03 07:54 | クラシックカメラ