2010年 04月 24日 ( 1 )

PAX・・・PAX改WIDE with D-Zuiko3.5cmf3.5(改)

昨日から政府与党による事業仕分け第二段が始まった。
独立行政法人の闇に切り込むと威勢は良いが、独立行政法人も予算を守ることとそこでその事業の必要性を信じて粉骨砕身して働いている方にとっては『言いがかり』に過ぎないのかもしれない。

しかし問題は、その事業が我々納税者の益に適っているかどうかだ。

政府与党もここのところの失地回復の方策にするだけではなく、要・不要を我々目線でジャッジしてもらいたい。
と言っても官僚天下りの温床となっている独立行政法人をセレクトしているのだろうから、概ね廃止もしくは縮小しても我々は困らない。
c0160387_8265764.jpg
これは郵政民営化直後の郵便車である。

昨日このバンタイプとは違ったが、トラックタイプの郵便車を見た時にそのボディの側面に珈琲飲料の広告を見たのである。
最初は気付かなかったが、確かに飲料のCMである。
意外なところで民営化を見た気がした。

そう言えば、先日不覚な事に卑劣な警察の待ち伏せ交通違反取り締まりの罠にかかり、青切符を切られた時の事である。
仕事が忙しくその反則金の振込みに1日遅れたのである。
銀行窓口での支払いを拒否され、ならばと地区警察の本署へ行ったが受け取らず、督促が来るまで待てと言う。その際の延滞金は当然当方負担である。
馬鹿らしくしばらく問答したら、今すぐ郵便局での支払いの便宜を図ると恩着せがましく振込み用紙の再発行。

違反の検挙率を上げるのではなく、違反の発生率を下げる方策を講じないで皆のわかりにくい良く見落とす所に待ち伏せすると言うのも本末転倒なら、極めて官僚的な対応には腹が立つ。

ところが振込みに訪れた大阪東郵便局。
また窓口でお役所的な対応でいやな目に会うんじゃないかと不安を抱えていると、窓口の女性が『スピードですか?』私『地下鉄の高架でのユーターン禁止なんです。』『待ち伏せされたんですか?イヤですねぇ』と同情的な言葉とともに『これだけ有ったらおいしい物でも食べられるのに、気休めにもなりませんけど、これ』と言ってポケットティッシュを3つ差し出してくるのである。

さっきまでの警察ですさんだ気持ちが少し楽になりました・・
改めてこんなところにも民営化の顧客目線の良い面が出ているのかもしないと思った次第。

本当は個人の資質によるものが大きいと思うのですがね。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-24 08:57 | クラシックカメラ