2010年 04月 12日 ( 1 )

撮影・・・KOWA KalloWide with ProminarF.C35mmf2.8

私の思いが通じたか昨日雨の予報が今日にずれ込み、日曜日に表題のカロワイドで写真を撮りに行く事が出来たのである。
c0160387_7524544.jpg

今年はサクラの咲く時期になってもあまりワクワクせず、遅ればせながら大川沿いのもうすでに散り初めしサクラを撮影しようと勇躍出かけたのであるが・・c0160387_7533778.jpg
失敗した!
いや何、フィルム装填を失敗したのでも人を撮ってもめたのでもない。
ワイドカメラであるのでスナップ向き、と言う事はカメラを顔の高さに持っていったらすぐさまシャッターをレリースするのがその撮影スタイル
過去持参のワイドカメラを持って出たときにはそうしていたはずだが・・

なまじこのカメラには距離計が入っている。
それも二重像の分離がはっきりしていない(涙
そうなるとピント合わせに気持ちが向いてしっかりピントを合わせようとしてしまったのである。
つまり基本的なこの手のワイドカメラの使い方をうっかり忘れてシャッターチャンスを逃す事のなんと多かった事か!

改めてよく見りゃ、距離表示の5mが赤字で・絞りもf8が赤字になっている。
これに合わせると、2.5mから無限遠までにほぼピントが合う。
これでスナップに会わせた速写ができるのであった。

後半はそれに気付いて撮ってはいるが、前半のじっくりピントを合わせた写真もあわせ次回見ていただければ幸いである。

2枚目写真で楕円のフードが見ていただけるだろうか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-12 08:08 | クラシックカメラ