2010年 04月 01日 ( 1 )

ポーズ・・・Minolta-DimageXt

我々むさくるしい男性がカメラを向けるよりも確実に被写体は良い顔を見せるか、目線をくれる様になる。
いわゆる女性カメラマンがカメラを向けた時のことだ。
いや女性だからカメラマンはおかしい、カメラウーマンと言うのが正しい。
c0160387_7525170.jpg
彼女が肩から下げているのが今は無き京セラコンタックスのG2である。
フィルムカメラでレンジファインダー形式でありながらオートフォーカスと言うカメラに少し詳しい者ならそのややこしさを知っている、少しマニアックなカメラではある。
構えたカメラは何だったか気になるところだが、見事に鹿の目線を捕らえている。

こうして見るとこの鹿の見せるまなざしも我々男性に見せるより優しげに見えるのはヒガミだろうか?
この女性、種を明かせば我々奈良撮影散策した時の友人である。正しくは友人夫妻のパートナー、よって必然的にマニアックとならざるを得ない(笑
この時の写真を見てみたい・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-04-01 08:09 | 写真