2010年 03月 01日 ( 1 )

fujica・・・FinePix-S1Pro with Nikkor-H AUTO28mmf3.5AI改

往年の銘機フジカ改めFInePix Proシリーズc0160387_7484513.jpg




富士写真フィルム製の往年の一眼レフカメラ
Fujica-STシリーズ
ボディの優秀・先進性を謳われた機種ではないが、そのボディに比して著しく評判の高かったfujinonレンズ。





そのボディに採用したユニバーサルマウントであるM42が災いしたか、レンズだけが一人歩きをして現在中古カメラのショーウインドウにボディだけがポツネンとしている事が多い。

それから時代は下ってデジカメの現代である。
富士フィルムが発売したデジタル一眼レフカメラFInePix Proシリーズの中で、そのペンタプリズム前面に誇らしげにFujiFilmと主張しているのは初代のS1Proだけなのである。
マウントはボディを調達したのと同時にNikon Fマウントを採用している。
よってニッコールAUTO28mmで撮った写真がこれだ。
c0160387_8101444.jpg
28mmもAPS-Cにより42mmの準広角となる。

また現在富士写真フィルム改め富士フィルムとなって、企業自体がホールディングス形態へ移行した。
かく言う私の勤務している会社もホールディングス化と同時に、富士フィルムホールディングスの一事業会社となったのである。
良く誤解をされるが、当社の富士は富士通の富士ではなく富士フィルムの富士なのである。

話が脱線したが、社名のフィルムの製造を私の生きている間は継続してくれる事を切に願う・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-03-01 08:16 | カメラ