2010年 02月 17日 ( 1 )

装甲車・・・携帯カメラ

陸上自衛隊第3師団・信太山駐屯地
第37普通科連隊は和泉市に駐屯しており陸上自衛隊の中で大阪府大和川以南・和歌山全域の防衛・警備・災害派遣等を担任しているのが陸上自衛隊第3師団信太山駐屯地・第37普通科連隊である。
この度、業務により訪れる機会があったがいかにも軍である。
c0160387_747132.jpg
さしずめ日本が戦時下であれば、陸軍中部方面第3師団第37普通科連隊とでも言ったところか。

写真は門兵と言っていいのか、正門の警衛に立つ自衛官にことわりを入れて撮っている。
種類を聞いて『M9軽装甲機動車』だったと思うが、いささか心もとない。

日々厳しい訓練に明け暮れていると言う事と、上下関係を含め厳しい規律が保たれているので私などの質問の受け答えや立ち居振る舞い等はきびきびと気持ちが良い。
私自身が体育会系という学生時代に運動部に所属していたせいか、相通じるものを感じたと言うのは言いすぎか?

先頃開幕した冬季五輪の公式ユニフォームの着こなしなどで物議をかもした選手がいたが、彼にしても先輩後輩の厳しさにはおそらく接しなかっただろうし選手団での指導注意もなかったのであろう。
彼にはあくまでオリンピックは国際大会の一大会で、制服も昨今の若者ファッションにドレスダウンしただけだろう。
もし目くじら立てて彼を責めるなら、彼らを育てた我々大人こそ責められるべきである。

それにしてもある時期、厳しい規律に触れる機会・日本の行く末を考える機会を設けるべきかもしれない。国際情勢に関するインタビューをテレビで見るに付け、海外の若者と日本の若者を含む我々の不見識極まりない自己中心的な発言に接して思うのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-02-17 08:25 | 写真