2009年 11月 27日 ( 1 )

温故知新・・・Canon IXY

温故知新・・氏曰く、古きを温(たず)ねて、新しきを知れば以って師と為るべし

良く聞く言葉ではあるが、今の政権が前政権を検証して新たな政策を打ち出そうとしていると解釈したい。
翻って、私の趣味の写真機についてはいかがであろう?
古くは35mmサイズのシネフィルムを流用してライカ版を一齣として使用するカメラが発明される。
それから100年と待たず時代はデジタルへと移行を加速させている。

その間にも様々なフィルムフォーマットが生まれ、消えている。
その中で今回はデジタル時代との端境期の短い期間で登場して消えて行こうとしているAPSを取り上げたい。

35mmフィルム使用のカメラの一般大衆への普及には、カメラへのフィルム装てんの確実性といった極めてヒューマンな事象が壁となっていた事は事実だ。
それに対してカメラ各社・フィルム各社は装てんの簡便化を図る機構の採用と、フィルムのカセット化などで対応しようとしていたのである。

その究極で、撮影データーの記録であったりフィルムの露出を無くしカセットポン!の方式をカメラ・フィルム各社共同で開発したのがAPS方式である。

各社こぞって新機種開発し発売したが、デジタルの急速な進歩普及によって時代のあだ花となり消滅の危機に瀕している。
c0160387_862468.jpg
登場した時はそのコンパクトでプラスティックカメラの多い中、金属外装を纏った外観はおしゃれであると映りヒットした事は記憶に新しい。
それも今の時代にすればフィルム販売は1種類に激減し、カメラ自体の新規販売は無いという不遇に遭遇している。
私は持っていなかったので今回IXY初代を購入した。

何処までも時代に逆行する自分にはいささかあきれるのも事実だが、先日カメラ仲間の先輩に数本の期限切れAPSのリバーサルフィルムをもらったのだから仕方が無い・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-11-27 08:13 | カメラ