2009年 09月 25日 ( 2 )

NEOPAN ACROS・・・OLYMPUS OM-1Black with OMZuiko35mmf2.0

新世界のはずれ、商店街から少し住宅街にかかる辺りで撮った一枚である。
c0160387_22542259.jpg
半ば朽ち果てた木製の椅子。
もうすでに背もたれもなく、座面の合板もめくれもはや誰も座るものはいないだろう。
さらに手前には錆びて、もとの光沢を推し量る事も困難なパイプハンガーがある。

他にも工事現場でよく見るパイロンに植物の鉢 等々・・
これらは公道、いや公道脇の歩道にデンとその存在場所を確保しているのである。

普段見慣れた住宅街であれば少し非難の視線をおくるが、ここ新世界であってみれば何故だか許す気にもなるのである。

人間勝手なものでそのロケーションには必然と感じると、違和感を覚えないのも事実である。
そこでレンズを向けて写真に撮ると、使用フィルムがFUJIのNEOPAN ACROSである事も相まって、高いコントラストを得意とする森山大道を思い出したのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-25 23:05 | クラシックカメラ

消火栓・・・OLYMPUS PEN-FT with Zuiko40mmf1.4

ウ~カンカンカン!!
自宅の近くに阪神高速が通っている。
数日に一度くらいの割合で前記のサイレンと鉦の音が聞こえる。
火災は命の危険とともに一瞬にして財産を失う。
特に紙と木でできた日本家屋は火に弱い。
と言ってモルタル新建材でできた家屋・建物は、これまたその煙が始末に終えない。
c0160387_7553736.jpg
住吉大社裏手で見かけた消火栓。
文化財保護の観点から設置が義務付けられている。

この間から古い消火器の爆発で子供が大怪我を負ったりしているが、今一度防火・火事の備えを見直したい。

ところで、そんな話を妻としていて、火事になったらどのカメラを持って逃げようか?なんて言っていてひどく怒られた。
『あほな事考えて、一番大事なんは命やろ!』『そらそうや』
なんとも情けない話である。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-09-25 08:06 | 写真