2009年 06月 29日 ( 1 )

梅雨・・・OLIMPUS PEN-FT with Zuiko38mmf1.8

ようやくと言うべきか、嫌だなあと言うべきか、ようやっと梅雨空の到来である。
今日から今週一杯は前線が日本列島に居座って、なが雨を降らせるとの予報である。
西日本では早くも水不足のところがあり、作物を育てる方どもには待望の雨模様にほっと胸を撫で下ろしている事だろう。

私自身、若い頃には雨が嫌いで梅雨の季節になるとうんざりしていたものだった。
今でも雨になると外出もままならず、衣服が濡れるのを気にかけたり湿度の高さに不快な感じをぬぐう事はできない。
しかしである。
齢を重ねる毎に、日本の四季が愛しくなってくるから不思議である。
梅雨には雨が降らねばならず、夏には照りつける太陽が必要である。

それでも人間勝手なもので雨の時には晴れを思い、晴れの時には雨を思うのである。
c0160387_22204710.jpg
そう言えば、晴れにカメラを持ち出して写真を撮ることは多くあっても、雨にカメラを持ち出すことはそう多くない。

途端に雨の写真が少なくて、また雨を映し止める感覚が鈍いのを自覚するのである。
ところで、雨上がりにできた大きな水溜りを飛び越える男性を見事映しとめた、ブレッソンの有名な『決定的瞬間』はトリミングされているのをご存知か?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-06-29 22:34 | 写真