2009年 06月 21日 ( 1 )

写真集・・・minolta DIMAGE-Xt

最近こまめに写真集を購入している。
何故と言うことも無いが、以前から欲しかったものや目に付いて手元に置いておきたく思ったものなどを立て続けに購入しているのである。

手始めは、写真仲間の事務所で見た『Polaroid Book』
今は生産終了したPORALOID filmであるが、当代有数の写真家・芸術家・知識人等がそのポラで撮りオリジナルをPOLAROID社がコレクションしている物をまとめたものである。
私自身ポラロイドに対する認識を新たにするに充分な内容であった。

それから程なく古本屋で見つけた浅井慎平の『WIND』
高校生当時、キャノンのA-1・AE-1が発売されたのを受けて浅井慎平がそのイメージキャラクター?として随分メディアに彼の撮った写真とともに露出していたのを覚えている。
夏の海岸、それも海外・モルディブ辺りをイメージする写真が多かったように記憶する。
私自身、一度ハワイで彼には会っている。取り巻きも多く当時から芸能人崩れのような感想を持ったものだ。
しかしタイトル通り、海辺を気持ち良く吹き抜ける風をイメージさせる写真には、山育ちの私には憧れであった。

次が前から欲しかったロバートフランクの写真集『THE AMERICANS』
オリジナルはすでに無く、古本屋でも見つからず、数年前に復刻された『STEiDL』版をアマゾンで購入した。
大分以前に、スランスの雑誌『DU』に特集されたロバートフランク集を同じくアマゾンで購入している。
l彼の見るアメリカ人と私が抱くアメリカ人に対する感情が交差する点があるように思う。

また同じくアマゾンで見つけて購入した、これは写真集ではないが『HASSELBLAD 6×6』
爾来35mmカメラに慣れ親しんだ身からすると、スクウェアサイズは縦・横の無い非常に新味を覚えるフォーマットであった。
自身、初めてのスクウェアサイズは今は無きヤシカマット辺りだったと思う。
このカメラは田舎にあった時分に母親が私を撮ってくれた記憶がある。
しかし、親父が質に入れ流してしまったので、使ったことは無い。
そうなると、10年前ほどに手に入れたツァイスイコンの621? 目測のノバーレンズ付の使用が初めてである。
以来中判は6×6以外のフォーマットを持ったことが無い。私の生理に会ってるんだろうなぁ
c0160387_124933100.jpg
ポラロイドBOOKを入れるの忘れてしまった・・

これからもどんどん増えていきそうで、妻から部屋の整理をおおせつかっているが当分実現しそうに無いのであった。
あっ昨日買った朝日新聞社刊の『三木淳(全仕事)』の写真集がカバンの中にあった・・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-06-21 13:03 | 近況