2009年 03月 31日 ( 2 )

ヤマザクラ・・・MINOLTA-DimageXt with minoltaLENS 5.7mmf2.8

昨日は昨年のさくらを掲載した。今日は今年のさくらである。
c0160387_2057115.jpg

昨日報告したようにソメイヨシノにはまだ間があるが、これは早咲きのやまざくらである。

ソメイヨシノと違ってうす桃色の花弁だけが花開くのではない。
花が開くのと時を同じくして新芽が芽吹く。だから新緑と花弁とが同居する。
ソメイヨシノを想像すると少し違和感を覚えるが、古くは秀吉の醍醐の花見などはこの花を愛でたのである。

その醍醐の花見で詠まれた和歌は多く、それだけで一冊の春の歌集となりそうだ・・
そこで私も一首

       世の無常 感ぜる東風は 頬を撫ぜ 花愛でながら 生ける幸せ  ・・by yasu
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-03-31 21:38 | 写真

サクラサク・・NikonF3 with micro-nikkor50mmf3.5

一時期の急激な気温上昇に今年の桜は3月下旬が見ごろで4月は葉桜と心配したが、寒の戻りで見ごろの時期は4月にずれ込みそうだ。
やはり日本では新入学時期と重なる桜はなぜか心をざわつかせる。
c0160387_7364068.jpg
これは昨年のさくらだが、自宅近くの大川は桜の名所として知られており道路側は早咲きの桜が咲き始めている。

そもそも私が社会人になってからもう一度写真を撮ろうと思ったきっかけはさくらであった。
一斉に満開になるその可憐な花びらが埋め尽くす淡いピンクの色合いは、そのはかなさもあいまって心を捉えて離さなかった。

しかし、さくらの写真は難しい。

アップで花弁を撮るだけでは気持ちは伝えられず、群で見せるには廻りを含むシチュエーションを選んでしまう。それでもレンズを向けたくなるのだから仕方が無い。

今年も満開のさくらにレンズを向けてああでもない、こうでもないと呻吟しながら愛でようか・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-03-31 07:54 | 写真