2009年 03月 24日 ( 1 )

方丈記・・・Nikon F3 with NikkorAuto35mmf2.0

行く川の 流れは絶えずして しかももとの水にあらず・・
c0160387_7472130.jpg

少し前に訪れた鴨長明ゆかりの、京都 河合神社にかかっていた有名な方丈記の一節。
自分なりの解釈が許されるなら、いつも通りの河の流れにあってそこにあるのはさっきまでそこにあった水ではない。と言うことは、今を生きる自分には変化が無い日常と思われるが、毎日が一度かって同じ日はないということである。

解説を読むと、常なるものと常ならぬものを冒頭の一文で表現しているとの事である。

なんだか小難しくなってきたが、こんな歌を思い出した。
♪ 新しい朝が来た~ 希望の朝だ~♪

随分前の子供時分はそういえば毎日がリセットされた一日であったような気がする・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-03-24 07:47 | カメラ