ある日の旅

c0160387_23503692.jpg
歌の歌詞ではないが、どこか遠くに行きたくなる時がある。
誰も知らないところに一人降り立ちたくなる。

今回の旅はそんなセンチメンタルな事ではなく、兵庫県の研修所にショートトリップである。
驚いた事に女性車掌が乗務していたが、かなり若く美形でさわやかな感じを受けた。
ブログ掲載には支障があるのでわざとピントをはずし、ブラしてある。
c0160387_23584658.jpg
手前の男性は初夏を演出するための小道具と思ってもらいたい。<失礼!>

片道1時間と少しをかけての鉄道旅だが、ローカル線には何か心を和ませるものがある。
ちなみに大阪からF線で新S駅まで行き、そこからはK電鉄に乗り換える。
自分の生まれ育ちが兵庫であり、F線は学生時代実家に帰る時の足として利用していたものである。しかし、車を持ってからは乗らなくなって久しい。

久しぶりに乗る路線で馴染みがあるはずなのだが、複線電化によりディーゼル機関車が引く汽車が電車へと様変わりしていたのには感慨を覚えた。そんな中、車窓を流れる山の緑だけが変わっておらずほっとした。

機会があれば、ローカル線であてどない旅に出てみたい。

写真はともにローライB35/トリオター40mm
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-09-28 00:58 | 写真