原油高騰

アメリカのサブプライムローンに端を発した利率の高騰、バイオ燃料転化のための食料・家畜飼料の不足。
食料自給率40%に落ち込んだ農業政策の失政。

前者は主に海外市場を主体とした経済活動の一環で、迷走した資金量豊富な投機マネーは原油の先物にシフトして今日の原油高となる。
後者については高度成長を続けていた時代に、工業立国として永遠の右肩上がりの幻想による。

以上2大要因が重なり、食料輸入に頼る我が国は食品値上げに悲鳴を上げ、原油高で漁業の休漁が相次ぐ事態に陥っている。

先頃毎日新聞に、昔タライで冷やして食べたごつごつしたトマトはどこに行ったのか?という追跡取材が載っていた。
トマト農家に聞くと現在は不ぞろいの作物は嫌われ、その品種の作付け自体していないと言う。

これも八百屋からスーパーの野菜コーナーに取って代わられたことによる、見た目で選ぶ消費者により淘汰されてしまった結果である。

なにやら『一億総中流』幻想の中で失ってきたものがあまりに多いのに驚く昨今である。

福田改造内閣に期待が持てないのは私だけだろうか?
c0160387_10304756.jpg

キャノンデミ野生プログラム
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-08-02 10:35 | 写真