寸断・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GT-1

いつもの自宅近く、毛馬の閘門辺りを歩いていて遭遇した。
c0160387_11442323.jpg
これは、毛馬の閘門を淀川本流に別れた堤防下からの光景である。

堤防上の道は、西の阪急千里線が天神橋筋六丁目駅から市営地下鉄堺筋線となるためにまさに地下にもぐり込もうとする境で寸断されている。
その代わり川側の河川敷は毛馬淀川公園として阪急千里線の高架下をも含めてちょっとしたグラウンドとなっており、主にサッカー競技に歓声を上げていることが多い。

ところでこの道はその阪急千里線の高架の手前から堤防側へ迂回してきてこの毛馬閘門の手前で今度は堤防側から市街地側へ出て行っているのである。

それもこうやってフェンスで囲われているものだから、フェンス際で唐突に道が途切れている。
おそらくアスファルトを剥がす予算が取れなかったこともあり、また不便も無いことから堤防側はこのままに市街地側の区画整理に道路舗装が優先されたのではなかろうか?
Googl-Mapで確認しても空き地表示となっている(笑

これも前衛芸術家である赤瀬川源平氏言うところの『トマソン』の一種には違いが無い。

注;『トマソン』に馴染みの無い方はnet検索をよろしく(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2014-02-23 12:06 | 近況