やはり・・・Nikon-F with Nikkor-H Auto 28mmf3.5

やはり当ブログは写真とカメラの日々であって万年筆の日々ではない(笑
昨日から年末年始休暇に入っており、例年に無く賀状も早々にポストに投函した。
大掃除もようやく一段落してリビングにゴロッとした時のこと、この正月に兄の家に持参するカメラは何を持っていこうか? と考えたのである。

いや何もカメラを持参する必要もないのであるが、休日に外出する際には何かしらカメラ・それもフィルムカメラを手にしている事が『いざ』と言う時のための備えのようで自分自身安心と大いなる手慰みになるのである。

そう考え、久しぶりに購入したカメラマガジンをペラペラッとめくって、あまり私は好きではないがクラシックカメラ関係の著書が多い田中長徳が『ニコンFはクロームに限る・・』と書いている記事に目が止まった。
c0160387_1726867.jpg
私のFクロームである。
おにぎり型の日本光学マークからゴシックのNikon表示に変わった71万台の第二世代である。
田中某はファッション写真家のビル・カニンガムが1980年当時使用していた2台のクロームFに啓示を受けた云々と記していたが、私は戦場の澤田と一之瀬に敬意を表してこれをチョイスしよう・・

鉄のピントリングがすれすれの28mmf3.5とへこんだHN-2フードで今回は決まりである。
今年初めに手にした時はスロー粘りか・? 1秒が途中で引っかかっていたのだが今触ると問題が無い。
自浄作用? いや自然治癒か?

いずれにしても、へこんだペンタプリズムに貫禄あるこのFで撮り初めとするとしよう。
被写体?
もちろん、戦場と違い著しい平和利用であるから福々しい初詣の巫女さんにお願いするとしよう・・(笑

最後になるが、今年一年の皆様のご厚情に感謝し御礼申し上げます。
今年後半は体調不良により更新も滞りましたことをお詫び申し上げます。

来年も不定期ながら、このブログは閉じず続けようと考えておりますので宜しければご覧ください。
また来年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-12-30 17:23 | クラシックカメラ