ポジティブ・・Pentax SV with Super-Takumar55mmf1.8

”SpaceOddity”
これはデビットボウイの曲である。
発表は1969年と言うからずいぶんと昔で、セカンドアルバムに収録されているとの事である。
勘のいい人なら1969年の曲と聞いてすぐにアポロ11号の月面着陸が思い浮かぶ事であろう。
事実アポロ11号の人類初の月面着陸に沸いている時のニュース映像ではテーマソングのように流されていたとの事である。

では何故に今頃ここで話題にするかというと
これまた広く現代のnet社会に依存するか、ニュースバラエティから情報を得ている方ならすでにご存知であろう
そう、YouTubeの動画にアップされている人類初の宇宙PV(プロモーションビデオ)の曲がこれなのである。

出演は現役カナダ人宇宙飛行士のクリス・ハドフィールド (Chris Hadfield)
当然その撮影場所が宇宙とくれば国際宇宙ステーションでの撮影なのである。

いやぁ美しい
宇宙ステーションから見える地球等々
歌っているクリス宇宙飛行士はデビットボウイのビジュアル系にはとても及びも付かないが、宇宙をバックに歌う歌声と私の好きなアコースティックのインスツルメンツには胸を打つ何かがある。
c0160387_12283494.jpg
そう言えばNASAの協力があってのことだろうが、宇宙ステーションに持ち込んだアコースティックギター
宇宙へ運ぶ機材他重量はとてもシビアと聞いたことがあり、確か1kgを持っていくのに何百万か何千万の費用がかかるとか・・

ただ、今は民間宇宙旅行の募集も始まっている事を考えるとすごい宣伝でもありいいのかもね・・

あっ今回写真とは何の関係も無いと思われている方にはこのガードレールの終端を止めるねじ山を良く見て欲しい。
そう、プラスである。
これもこのアポロ計画の頃、それまでマイナスであったねじ山は精度と確実性から急速にプラスに取って代わったのである。
あなたも家にもし古い家電品かカメラなどがあればねじを確認されると良い。(笑
最後にプラスの思考と来ればこれはポジティブの事なのである(笑  3段落ちでお後がよろしいようで・・

ps:昨今の宇宙関連であれば大阪・ハードロック工業の緩まないナットが納入されていると聞く
   また、YouTubeをご覧になりたい方は当本分最初の曲名をgoogleで検索されると良い。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-05-25 12:43 | 近況