TPP・・・RolleiMinidigi with 無銘9mmf2.8

いくらか遅きに失した感があるが、ようやくと言うか ついにと言うべきか安倍総理のTPP交渉参加表明である。
ただでさえ自給率の低い食料関係、主に主食の米 他 小麦・乳製品・水産物に対する打撃は必至と考えての農林水産関係の根強い反対がここまで遅らせた要因である。

それは国論を二分すると言っても良いように賛成派の『日本農業の構造改革を実施する良い契機』つまり欧米型の大規模農業への転換と日本産品の品質の高さを元に輸出拡大路線と、現状の減反政策を推し進めたおかげの小規模農業による競争力低下にして海外産品との価格競争を危惧する反対派の意見集約は難しい。
確かに日本国民を形作る日本食から欧米型へ食習慣も大幅に変わってきたおかげでその姿かたちも戦前とは様変わりしている。
おかげで色々な欧米型の疾患も同時に受け入れねばならなくなったのだが。

そんなことを考えると、古くは戦国の合戦でもまずは相手の食糧確保の道を断つ『兵糧攻め』が立派な戦術としてあったので、このまま行けば自給率の低い我が国などは簡単に兵量攻めに屈してしまいそうではある。
c0160387_11304910.jpg
だが、幕末まで続く鎖国政策が日本の近代化を遅らせその後の不平等条約締結となった轍を踏まぬためにも私は参加に賛成である。

この記事を新聞・ニュースで見るにつけ『国益』と言う言葉を聞く機会が増えたが、我々日本人がそろそろオールジャパンで日本の『国益』を考える機会となればそれも有意義であると思うのである。
LCC等、格安航空であっても安全を犠牲にしては受け入れないバランスを持っていれば、一概に安きにばかり流れるとは思われない。
だがそれは新たな格差を生む事になるかもしれないが、貧しい頃に旨い物を腹一杯に食べたくて頑張ったあの頃に立ち戻る好機とポジティブに考えよう。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-03-16 11:49 | 近況