最強寒波・・RolleiFlex Minidigi with 無銘9mmf2.8

今週は主に関東北信越方面では今冬最強の寒波襲来との事である。
中でも最高気温が氷点下と言う地区もあるという。
考えるだに寒そうである。

私はしかし暑いより寒い方が過ごせると考えているのだが、最高気温が氷点下と言った事は経験した事が無いので外出するとなったらどういった防寒対策を施さねばならないのかちょっと想像がつきかねる。
そんな考えだがら今日天気が良いのを良い事に、大川から毛馬閘門を抜けて淀川に下り長柄橋から赤川鉄橋へ写真を撮りに行こうと考えたのである。

なぜなら、私の京都の友人から贈られたツァイスイコンのスーパーセミイコンタで写真を撮りたいと思ったからなのである。
c0160387_21271359.jpg
これがセミイコンタ
戦後製でオプトンテッサーにはコーティングがされている。
蛇腹・折りたたみ方式のフォールディングカメラであって、光学方式・ドレイカイルプリズムの距離計を持ち極めてピント精度も高い。

フィルムは120ブローニーで、今回はfujiのvelvia100を詰めて出かけた。
そのフォーマットは、私にははじめてである645サイズ、つまり大雑把には6cm×4.5cmのフィルム画面に像を焼き付ける。
当然現像がまだなので標題カメラRolleiMinidigiの画像で今日はお許し願いたい。
c0160387_21393485.jpg
実は今日、自転車で向かったものだから結局赤川鉄橋には行き着けず、途中で断念したのである。
それに最強寒波の余波は近畿にも及び、今私は鼻水を拭きながらキーボードを打っているのである(笑

今日は早く風呂に入って寝ることにしよう・・
やべったれてきた・・・(笑

追記:カメラの写真はnet拝借、Rolleiの写真は寒々しさを表現できているだろうか・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-02-24 21:42 | クラシックカメラ