久々の・・GR DigitalⅡ with GR Lens5.9mmf2.4+GW-1

久々に本日先ほどまで写真を撮りに出かけていた。
出かけたといってもそう遠くではない。
しかしいつもの大川より遠くの淀川沿い、西は大淀・東は城東、守口あたりである。
最初からそこにいこうとしていたのではなく、自転車で出かけるのにはちょうど出かけに吹雪いてきたので軟弱にも車を出したから少し足を伸ばしたのである。
c0160387_1751828.jpg
大淀の大阪市内側堤防にあがる階段である。
下から空を眺めてもわずかな青空を雪を降らせる雨雲が、この段階では少し厚いベールのように覆っているようである。

しかし、寒かった~
それでも今年初めての写真行でもあり、デジタル・フィルムで合計60カットくらい。
デジタルは私の愛するリコーGR-DⅡ+GW-1(21mm相当ワイドコンバージョンレンズ)
フィルムもこれまた私の愛するRolleiFlex3.5E Planer75mmf3.5

何故思い立ったかは、私の写真繋がりの友人が富士写のXE-1とそれにセットしたXF14mmなる広角レンズを手に入れて、これまたそれで撮った写真なんぞをブログにアップしていることに触発されたのだ。

ただ、先立つものが無い私は愛するGR用のワイドコンバージョンレンズを使用してと思ったが、昨年年末の妻による強制断捨離のおかげか見当たらず家捜しをしてようやく今日に至ったのである。

広角を使用しても、相変わらずセルフポートレイトを撮ってもいるし、今回はローライでかのエドバンデル=エルスケンばりのセルフを撮るべく一枚だけ残してそのためだけに中央区のOMMビルのミラー外壁を目指しもしたのである。
上手く撮れているようだったらいずれご紹介するとして、今回は空に向かう階段の写真でいくらかは気分が上向いている事のご報告としたい(笑

最後になるが、やはりローライを持っての撮影行は、しばし右腕の痺れを忘れるくらいに楽しかったのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-01-27 17:32 | デジタルカメラ