暗澹・・・GR DigitalⅡ with GR Lens5.9mmf2.4

今回のアルジェリアの人質事件
犠牲の規模が判明するにつけて文字通り暗澹とする気持ちを拭い去る事はできない。
イデオロギーの違いがあるにせよ、何故にこれほどの犠牲を強いられる必要があったのか?

国内に置き換えても桜高の入試及び体育科、教員の総入れ替えとなるそれこそ在校生にしてみれば無慈悲な仕打ちを受けなければならないのか?

物事極端に運びすぎる昨今の風潮というのはいささか病んでいると思わざるを得ないのではないか?
c0160387_20502849.jpg
暗澹たる気持ちを再現するには、このリコーのGRは最も適した絵を作ってくれるのには我ながら脱帽である。

このカメラも美しい・光に満ち満ちた世を写し撮りたいだろうに、我の鬱の気をも承知した絵作りには全くを持って感服をするのである。

次はいつ、楽しい話題でこのブログを飾る事ができるであろうか・・
身体の調子が悪くては、気持ちも冴えず陰鬱な話題先行を一掃してくれるのは貴方しか居ないのだ。
ノー天気とは悪いたとえのように言われるが、それは生きていく上での最も必要な要素である。

ああ、この深い闇の淵から浮かび上がれるように私も頑張るが、手を差し伸べてくれないものか今は途方にくれているのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2013-01-23 21:00 | 写真